8月のギフトイベント

8月の気になるイベントをチェック
夏の終わりに差し掛かりながら、残暑厳しい8月。ご先祖様が帰ってくるお盆があります。大切なご家族のことを思い出しながら、夜風に当たるのも悪くないですよ。

お盆(8月13日から4日間)

8月のイベント

太陰太陽暦である和霊の7月15日を中心に祖先の霊を祀[まつ]る一連の行事。古新道における先祖供養の儀式と、仏教行事の盂蘭盆[うらぼん]が一緒になって現在のカタチになったと言われています。太陽暦の7月15日を中心にした時期を新盆、旧暦の7月15日頃にあたる8月15日を中心とした時期を旧盆と呼びます。現代では旧盆が一般的になり、新盆を行うのは東京の一部地域等になっています。「贈答に関する一般知識(一般社団法人 全日本ギフト用品協会)」より引用

地域による「お盆」事情

  • 長崎県
  • 長崎県のお盆の風物詩は、お供え物などを載せた精霊舟を海に流して先祖をあの世へと送る「精霊流し」。各家庭の精霊船が波止場までの道を練り歩き、それを花火や爆竹でお見送りをするのが習わしだそうです。

  • 大崎上島(広島県)
  • 瀬戸内海に浮かぶ広島の離島、大崎上島のとある町では、新盆を迎えた人の遺影を背負って踊るのがその土地の習わしで、遺影は遺族の方々が順番に背負います。

  • 岩手県
  • 岩手県北部の地域では家族が亡くなってから3年間、お盆の日は49本のロウソクに火を灯します。ロウソクは横に並べるのではなく49本を3段、4段に分けて立てる台があるらしく、火を灯している間は親戚や近所の人たちが拝みに来るそうです。

  • 沖縄県
  • 旧暦に合わせて行われる沖縄のお盆は、先祖をあの世へと送る3日目の晩に、あの世のお金と言われている「ウチカビ」を燃やすのが特徴。黄土色で本物のお札よりやや大きめのうちかびは、燃やせば燃やすほど先祖があの世で使える額が増えるそうです。

お盆の手土産におすすめなギフト

関連記事

  1. 3人目を出産した親戚の女性に向けたお祝い

  2. 春の訪れを感じる桜色のおすすめ手土産2018

  3. 産後のお母さんをねぎらう、”ご褒美” としての出産祝い

  4. 突然の来客でも大丈夫!お茶出しでおもてなしの心を表現する方法

  5. 9月のギフトイベント

  6. 花粉症の旦那さんへ、何でもない日の贈りもの実例

  1. 内定をもらった弟に、ビジネススーツに映える就職祝いを贈ってみた

    2019.06.25

  2. ワークショップで作ろう!世界でひとつのオリジナル革小物

    2019.06.20

  3. 松陰神社前

    東京まち歩きNo.10 - 松陰神社前

    2019.05.30

  4. デリケートな期間でもおめでとうを伝えたい「妊娠祝い」のプレゼント

    2019.05.10

  5. おすすめの手土産ギフト7選!大型連休のゴールデンウィーク帰省に

    2019.04.07

  1. 突然の来客でも大丈夫!お茶出しでおもてなしの心を表現する方法

    2019.07.09

  2. 6月のギフトイベント

    2017.07.08

  3. 感謝の気持ちをロマンチックな「花言葉」で、フラワーギフトの意味

    2019.06.06

  4. 10月のギフトイベント

    2017.06.17

  5. 帰省の前に読んでおきたい、義両親への手土産マナー

    2018.06.17

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」