春の訪れを感じる桜色のおすすめ手土産2018

お日様をぽかぽかと感じる暖かい季節がやってきました。こたつ拠点の部屋から飛び出して、人に会う機会も増えるのではないでしょうか。

今回は、毎年誰もが心待ちにしている『桜』をテーマにしたものや、思わずお出掛けしたくなる商品をご紹介します。手土産やちょっとしたプレゼントに喜ばれる商品たち、是非ご参考にしてください。

桜の甘い香りを食感と楽しむ、男鹿半島の塩

塩専門店のsolco(ソルコ)には、淡いピンクのかわいい塩『男鹿半島の塩~桜~』があります。

ソルコ

男鹿半島は秋田県西部にある日本海に突き出た半島です。平釜でじっくり時間をかけて炊かれた塩はきれいなフレーク状となり、シャクシャクした食感が特徴。桜の葉と紅大根のエキスを加えて、ほのかに桜の香りがただよう紅紫色。最初は桜色ですが、徐々に紫色に変化するので、色の変化も楽しむことができます。

軽やかな食感とほのかな苦み、桜の甘い香りをお楽しみください。スマイルレーベルスタッフおすすめの食べ方は、鯛などの白身魚のお刺身にほんの少し付ける方法。見た目の鮮やかさはもちろんですが、旨みをグンと引き出してくれます。ちなみに、秋田県男鹿地方の桜の見頃は、4月下旬~5月中旬です。

春爛漫!桜の淡い香りと色鮮やかな春色、桜ジンジャーシロップ

ジンジャーシロップのお店、銀座のジンジャーからは、春風味のシロップが登場しました。

銀座のジンジャー

ほんのりとした甘酸っぱさとすっきりとした後味はまるでやさしく吹き抜ける春風のよう。さわやかな香りとキュートな春色を楽しんでいただけるよう、ソーダやお湯割りがおすすめです。

この季節限定のボトルもとってもキュート。咲き乱れる桜とそれを喜んでいるかのような小鳥のイラストが描かれています。暖かい午後の来客時のおもてなしにも、爽やかな甘さとジンジャーのピリッとした刺激のドリンクはいかがでしょう?

駆け回る姿は舞い上がる花のよう、女の子向け春服

パンパンチュチュ

桜はもちろん、タンポポやハコベなど、あちこちに可愛い花が顔を出し遊びに誘ってくる春。元気に駆け回ることのできる服装は大事ですが、ちょっとオシャレしてお出掛けするのも悪くありません。

panpantutu(パンパンチュチュ)のお洋服はそんなお出掛けにぴったり。春の新作も続々登場しています。

パンパンチュチュ

肌寒い時に重宝するパーカーやカーディガン、雨の日に助かるレインブーツも揃います。カラフルなフリルや花があしらわれた洋服を着てはしゃぐ子供たちは、まるで春の訪れを全身で喜ぶ妖精。

親戚やお友達のお子様への手土産におすすめです。お子様よりも、お母さんの喜びの方が大きいこともあるかもしれませんね。

待ちわびた春を感じるベリーと花々の香り、サクラ紅茶葉

厳選した紅茶葉を取り扱う、紅茶専門店TEAPOND(ティーポンド)より「サクラ」の登場です。プロのブレンダーが、春をイメージして茶葉や様々なベリーを組み合わせたブレンドティーです。

ティーポンド

待ちわびる春を象徴するサクラの季節をイメージしてブレンドしたフレーバーティー。ベースには芽吹きの春のイメージで、スッキリとした味わいとグリーンなトーンの風味が魅力の春摘みのダージリンをチョイス。香りには、多くの方が想像するいわゆる桜餅のような桜の香りではなく、ベリーの甘い香りをほんのり加えています。

オオシマザクラなど里桜とよばれる系統の品種は、古来から「匂い桜」と呼ばれ、桜餅の香りに加え、バニラや果物のような甘くほのかな香りを春の空気にそっと漂わせています。そんな甘い桜の香りをイメージして、花々の咲き乱れる春の空気を閉じ込めたような銘柄です。爽やかなベリーの香りを堪能する紅茶は、お友達へのちょっとしたプレゼントやお礼に喜ばれます。

春を楽しむための、爽やかでおしゃれなアイテムを手土産に

春のギフト

ピンク色や爽やかな風味を楽しむ「春のギフト」は、いかがでしたか?毎年この時期しか楽しむことのできない、春を感じる贈り物です。是非、大切な方やご自身へのプレゼントや、ティータイムの手土産にご活用ください。

この記事を書いた人

こうの ひろこ

ギフトコンシェルジュ兼webライター。看護師時代に培ったホスピタリティを活かし、贈り相手の「人となり」を想像した、プレゼントの見立てを得意とする。週に1回以上、東京での街歩きと、ギフトショップ巡りを欠かさない。

関連記事

  1. まだ間に合う!新社会人の意欲をかき立てる「就職祝い」ギフト

  2. 4月のギフトイベント

  3. 裏表のあるリボンの蝶結び

  4. 敬老の日に贈りたい、大好きな祖父母への思いやりギフト

  5. 歴史好きなお父さんへ、猛暑を乗り切る誕生日プレゼント

  6. “好き” という気持ちを伝える素敵な日 ~ バレンタイン2019特集 ~

  1. 料理好きの人に贈りたい!手料理がグレードアップするキッチンギフト

    2019.08.30

  2. 1000円ギフトでささやかな心配り、程よいプチプレゼントのススメ

    2019.07.21

  3. 内定をもらった弟に、ビジネススーツに映える就職祝いを贈ってみた

    2019.06.25

  4. ワークショップで作ろう!世界でひとつのオリジナル革小物

    2019.06.20

  5. 松陰神社前

    東京まち歩きNo.10 - 松陰神社前

    2019.05.30

  1. 結婚式のご祝儀マナーは大丈夫? 金額相場や書き方を一気におさらい

    2018.11.01

  2. デキる社会人と思われる、上司に対する贈り物マナー

    2018.06.28

  3. お宅訪問で気をつけよう!玄関の上がり方やお茶のいただき方マナー

    2018.11.30

  4. 帰省の前に読んでおきたい、義両親への手土産マナー

    2018.06.17

  5. 熨斗(のし)をギフトに付けるのはなぜ? 熨斗の起源や活用例を解説

    2018.07.21

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」