物欲がない、母親への誕生日プレゼント実例

他の人はプレゼントに何を贈っているのか気になるところ。プレゼント選びの参考になる、当スタッフが実際に贈って喜ばれたプレゼントの実例をご紹介します。

毎年恒例の母親への誕生日プレゼント。「喜ぶものは知っている(むしろ何を贈っても喜んでくれる)。でも目新しいものをあげたい!」そんな悩みを感じたことはありませんか?

モノは余るほど持っているので、雑貨系はなかなか選べないし、ミドル~シニア世代となると「上質な物」を贈りたいところ。人それぞれ趣味嗜好は異なりますが、今回は私が母親にプレゼントしたものをご紹介します。

贈る相手の情報

性別 女性
年齢 50代
関係性
イベント 誕生日
その他 「最近、顔のシワ・たるみが気になる。」と言っていた。物欲がほぼない。今回は兄弟3人からのプレゼント。

日本初、シワを改善する薬用化粧品

母の「最近シワが気になる」という発言を受け、今年はポーラのリンクルショットに決定しました。

  1. 話題性、母の悩みとバッチリ合う。
  2. 日本初の「シワを改善する薬用化粧品」
  3. 自分ではなかなか買えないお値段。

母親へのプレゼント選びで、私がなにより悩むのが物欲がないこと。モノをあげると収納や手入れなどの手間をかけさせてしまうので、自己投資品にしました。

女性に憧れのリンクルショット

リンクルショット

ポーラは言わずと知れた化粧品製造・販売を行う会社。全国に店舗展開していたり百貨店に入っています。リンクルショットは、2017年1月1日より発売され、一躍女性の憧れの化粧品となった美容アイテムです。その大きな理由は、それまでは一定の結果が得られた化粧品は“乾燥による小じわを目立たなくする”という「化粧品」として認められていたのに対し、リンクルショットは“シワを改善する”「薬用化粧品」として認められたことです。

リンクルショット

試しに使わせて頂いたのですが、塗ったそばからお肌がピンと伸ばされているような感じがして、自分用にも欲しくなりました。お値段は、兄弟3人で購入したので、1人当たり約¥5,000になりました。「ちょっと奮発」という贈り物ならお一人でも購入できますね。お母さんだけでなく、彼女や奥様へも喜ばれる、ハズさない贈り物です。

リンクルショット

今回は、母親との会話からキャッチした情報でプレゼント選びをしてみました。普段の会話で「腰が痛くて」や「ご飯を作るのが面倒で」など『悩み』『不満』は出てきませんか?その悩み・不満を解決できるものを選ぶと「気にかけていてくれたんだ!」と喜んでもらえます。ぜひ、日ごろの会話もおざなりにせず、じっくり耳を傾けてください。

スマイルレーベルでは、知識・スキルのオンラインマーケット『ココナラ』で、プレゼント提案サービスを出品しています。プレゼント選びに苦戦している、誰かに相談に乗ってほしいという方、ぜひご活用ください。

関連記事

  1. 9月のギフトイベント

  2. 4月のギフトイベント

  3. 1月のギフトイベント

  4. 熨斗(のし)をギフトに付けるのはなぜ? 熨斗の起源や活用例を解説

  5. 東京まち歩きNo.07 - 中目黒

  6. 1000円ギフトでささやかな心配り、程よいプチプレゼントのススメ

  1. 1000円ギフトでささやかな心配り、程よいプチプレゼントのススメ

    2019.07.21

  2. 内定をもらった弟に、ビジネススーツに映える就職祝いを贈ってみた

    2019.06.25

  3. ワークショップで作ろう!世界でひとつのオリジナル革小物

    2019.06.20

  4. 松陰神社前

    東京まち歩きNo.10 - 松陰神社前

    2019.05.30

  5. デリケートな期間でもおめでとうを伝えたい「妊娠祝い」のプレゼント

    2019.05.10

  1. お歳暮マナーは意外と奥が深い? 感謝の気持ちをそっと表わす方法

    2018.10.19

  2. 9月のギフトイベント

    2017.06.18

  3. 謝意を丁寧に表す手段「お礼状」を送るタイミングと書き方マナー

    2019.04.16

  4. 感謝の気持ちをロマンチックな「花言葉」で、フラワーギフトの意味

    2019.06.06

  5. 10月のギフトイベント

    2017.06.17

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」