自由が丘で人気のスパイス専門店「L’epice et Epice(レピス・エピス)」
スパイス・ブティックと銘打つ、スタイリッシュな店内
取り扱うスパイスは、150種類以上もの品揃えを誇る
細身のガラスチューブに入れられたスパイスが店内に並ぶ
ナッツやオリーブオイルを、スパイスとともに手土産に
スパイスを挽くための、木臼や石臼など周辺器具も充実

L’epice et Epice(レピス・エピス)

東急東横線の自由が丘駅正面口から徒歩3分。ファッションやグルメが揃う商業施設「Luz自由が丘」の1階に位置するお店が「L’epice et Epice(レピス・エピス)」です。レピスエピスは、デパートや百貨店を中心に5店舗を構える、都内屈指のスパイス(香辛料)の専門店です。

レピスエピス

「L’epice et Epice」とは、フランス語で「スパイス&スパイス」という意味があります。品揃え豊富なスパイスの6割をフランスの商社から輸入しているため、店名をフランス語で名付けたといいます。

大航海時代のロマンを感じるスパイス専門店

レピスエピスの店内は、明るいイエローを基調としたオリエンタルな雰囲気が漂います。大きなガラス扉を開けると、食欲をくすぐるスパイスの芳醇な香りが出迎えてくれます。

レピスエピス

店頭の看板ライトに描かれたロゴは、大航海時代のコンパス(羅針盤)をイメージしたもの。希少価値の高かったスパイスを求め、クリストファー・コロンブスやヴァスコ・ダ・ガマに代表される多くの人々が大海原に繰り出したという、ロマン溢れる歴史に着想を得たといいます。

レピスエピス

センス良くギフト需要が高い

レピスエピスでは、性別や年齢を問わず、半数以上のお客様がギフト用途で購入されるといいます。結婚や出産の内祝い、誕生日プレゼント、送別祝い、引越し祝いなど、様々な贈答シーンで贈られています。

レピスエピス

ガラスチューブに入ったスパイスの価格帯は、1本700円からと比較的お手頃えあるため、プチギフトに選ばれることも多いそうです。週末料理にのめり込んでいる男性や、プロのシェフでさえも他では見られない本格的なスパイスを求めて足を運んでいます。

レピスエピスの成り立ち

代表を務める木島正樹氏は、フランスのマルシェを訪れた際に、スパイスが山になって量り売りされている光景を目の当たりにしたことが、レピスエピスの始まりだといいます。

レピスエピス

日本人が醤油や味噌を当たり前に使うように、ヨーロッパの人々が日常的にスパイスを使っていることに感銘を受け、日本でもグローバルな食文化を感じてもらえるようなお店を開きたいと思い、レピスエピスを立ち上げました。スパイスが様々な料理の味わいを格段に演出してくれる点も、食が生きがいという木島氏には魅力的なポイントだったそうです。

レピスエピスでおすすめの商品

スパイスへのこだわりが詰まったサービス

レピスエピスで取り扱うスパイスは、無農薬や低農薬で作られた、品質の高いヨーロッパ基準のものを厳選して仕入れています。品種や産地の違いを楽しんでもらいたいという想いから、その数なんと150種類以上ものスパイスを取り揃えています。

レピスエピス

その品揃えだけで充分に価値があるといえる専門店ですが、素材本来の風味を損なわないように、できるだけスパイスは粒(ホール)のまま持ち帰ることをおすすめするこだわりも持っています。

すべてのスパイスが試食OK

レピスエピスの自由が丘店では、取り扱うすべてのスパイスに関して、味や香りをその場で試すことができます。スーパーで売られている瓶詰めのスパイスだと、味・香り・見た目、どれもわからないけれど、料理のレシピ通りに買ってしまったということはありませんか? 瓶詰めを購入したら50gもあって使い道に悩み、結局のところ賞味期限切れで捨ててしまった経験もありますよね。

レピスエピス

「実際にスパイスの香りを感じ取れるお店が日本に少ないと思い、すべてのスパイスを味見したり、香りを嗅いだりできるようにしています」とスタッフの木島氏はいいます。豊かな香りや味を直接感じられる体験は、インターネットでは真似することのできない絶対的な魅力です。

見栄えの良いガラスチューブ容器

レピスエピスの店内で際立つロングカウンターには、その見た目からギフトにも重宝される、ガラスチューブ入りのスパイスが並びます。

レピスエピス

おしゃれなガラスチューブに入っていることで、キッチンに飾っても見栄えが良く、センスを感じるようなインテリアにもなります。料理上手な人にちょっとした手土産を買っていきたいときも、レピスエピスの店頭で気軽に選ぶことができて便利です。

嬉しい1g単位での量り売り

ロングカウンターの上に吊るされた黒板に記載のあるものは、レードル1杯(大さじ1杯強)から1g単位での購入が可能です。希望するスパイスが少量だけ欲しいときも、フレッシュなうちに使い切れる分を購入できるため無駄になりません。

レピスエピス

レピスエピスでは、乾燥材が入った缶にスパイスを密封保管していて、少し蓋を開けただけでも鼻の奥まで抜けるような爽快な香りが広がります。

レピスエピス

スパイスアドバイザーが常駐する安心感

ギフトシーンでもご自宅用でも、スパイスのチョイスに悩んだときは、スパイスアドバイザーと呼ばれる専門的な知識をもったスタッフに尋ねてみてください。相手の好みをヒアリングした上で、懇切丁寧に提案してくれますよ。

レピスエピス

大掛かりな煮込み料理だけでなく、チャイやサングリアなどのちょっとした飲料にもスパイスは使われているため、ひとりひとりの生活を豊かにするようなスパイスがきっと見つかるはずです。スパイスアドバイザーでもあるスタッフの木島氏に、スパイスの魅力について伺いました。

  • スパイスの魅力は何だと思いますか?

一言でいうと “食卓が豊かになる” ことですかね。まず、「このスパイスは、こういう香りなんだ」とか「このお料理には何が入っているんだろう」など家庭での会話が弾みます。それに、世界中の異国の香りを味わえて、スパイスで世界旅行ができるのも楽しいです。実は、スパイスを使うと香りが増して味も豊かになるので、減塩もできます。体が温まるものもあり、健康的で良いこと尽くめですね。

例えば、と紹介してくれたのは「スマック」と呼ばれる、日本でいう “ゆかり” のようなスパイスです。トルコやレバノンで馴染みが深く、玉ねぎと混ぜたりしてドレッシングのように使うのだとか。現地の人が実際どのようなスパイスを使い、どんな味を楽しんでいるのかなど、旅行気分で料理できることもスパイスの魅力かもしれません。

レピスエピス

スパイスアドバイザーの木島氏は、「いつもとは一風変わった何かを探しに来ていただきたいです。ご自分のためにもプレゼントされる方のためにも、何か発見があると思います」と笑顔で話します。

レピスエピス

五感を刺激するスパイスは、ギフトに重宝するだけでなく、家庭での料理のバリエーションも広げてくれます。スパイスひとつで、和風や洋風、エスニック風にも食材が変化する奥深さを、是非とも体感してみてください。

スパイス以外の調味料もラインナップ

レピスエピスでは、オリーブオイル・バルサミコ酢・ビネガー・瓶詰めナッツなど、食卓を彩る調味料も豊富に取り揃えられています。オリーブオイルは、店内でパンに付けての試食も可能です。

レピスエピス

スパイスとともにギフト用の木箱に入れれば、かしこまった贈り物にも相応しい、秀逸なギフトセットが出来上がります。ジェノバソースやナッツもあるため、ホームパーティーでの贅沢なおもてなしにもおすすめです。

人気のスパイスクッキング教室

「スパイスをどう使ったらいいかわからない」という声を受け、レピスエピスでは定期的にスパイスクッキング教室を開催しています。過去には「塩とスパイスで楽しむ手作りベーコン講座」など、好奇心をくすぐる企画がめじろ押し。

レピスエピス

料理好きな方もビギナーの方も、レパートリーを広げてくれるスパイスクッキング教室に参加してみてはいかがでしょうか。スパイスクッキング教室の詳細は、レピスエピスのウェブサイトにて随時更新されています。

レピスエピスで、未知なるスパイスの世界へ

いつもの料理に新しい刺激をプラスしてくれるスパイスのチカラ。ほんの少し振りかけたり和えるだけで、本格的な一皿ができるのだから、その絶大な影響力を感じずにはいられません。

レピスエピス

スパイスの未知なる世界へ連れ出してくれる「L’epice et Epice(レピス・エピス)」は、大海原に繰り出すロマンの扉。異国の味を探検しに、自由が丘のレピスエピスを訪れてみてはいかがでしょうか。

ショップの詳しい情報

店名 L’epice et Epice(レピス・エピス)
住所 〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-9-6 Luz自由が丘1F
営業時間 12:00 ~ 19:00
定休日 毎週水曜日(定休日が祝祭日の場合は通常営業)
最寄駅 自由が丘駅の正面口より徒歩3分
電話番号 03-5726-1144
ホームページ http://www.lepiepi.com/
SNS

本記事は2018年11月27日時点の情報です。

地図で場所を確認

この記事を書いた人

こうの ひろこ

ギフトコンシェルジュ兼webライター。看護師時代に培ったホスピタリティを活かし、贈り相手の「人となり」を想像した、プレゼントの見立てを得意とする。週に1回以上、東京での街歩きと、ギフトショップ巡りを欠かさない。

関連記事

  1. PRO-MENER(プロムネ)

  2. etranger di costarica

  3. MARIANA OCEAN(マリアナオーシャン)

  4. Happy Birth Photo Studio

  5. belle-de-savon(ベルデサボン)

  6. トウメイ(toumei)

  1. 海島綿のハンカチーフ

    誕生日祝いをくれた友達に、ご縁を繋ぐハンカチのお返しを贈ってみた

    2019.09.16

  2. 料理好きの人に贈りたい!手料理がグレードアップするキッチンギフト

    2019.08.30

  3. 1000円ギフトでささやかな心配り、程よいプチプレゼントのススメ

    2019.07.21

  4. 内定をもらった弟に、ビジネススーツに映える就職祝いを贈ってみた

    2019.06.25

  5. ワークショップで作ろう!世界でひとつのオリジナル革小物

    2019.06.20

  1. 帰省の前に読んでおきたい、義両親への手土産マナー

    2018.06.17

  2. お年玉って何歳まで渡す? いくらが相場? 素朴なギモンにお答え

    2018.11.23

  3. 11月のギフトイベント

    2017.06.08

  4. 9月のギフトイベント

    2017.06.18

  5. 8月のギフトイベント

    2017.06.29

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」