7月のギフトイベント

7月の気になるイベントをチェック
爽やかな梅雨明けを迎え、夏の暑さを思い知る7月。若い方にはあまり馴染みのないお中元シーズンがやってきます。普段連絡をとれていない親戚やお世話になっている方へ、ちょっとした贈り物と近況報告をすると、ぐっと仲が深まりますよ。

お中元(7月初旬~7月15日)

7月のイベント

日頃お世話になっている方や、いつも心にかけていながらご無沙汰をしている親戚・友人・知人に感謝の気持ちを込め、季節の挨拶を兼ねて贈り物を贈る日本独自の贈答習慣。もともとお中元は古代中国の道教の「三元思想」に由来すると言われています。ちょうど中元の時期は、祖先を供養する日本古来の習慣と一致しています。お中元が社会的に一般化したのは江戸時代からで、6月末頃から贈り始め、7月15日を過ぎると暑中見舞い、8月15日を過ぎると残暑見舞いなどと表書きが変化するようになりました。「贈答に関する一般知識(一般社団法人 全日本ギフト用品協会)」より引用

お中元ギフトの適正相場

お中元ギフトの適正金額

お中元に貰って嬉しかったもの

地域による「お中元」事情

  • 東日本(東北・関東・北陸)
  • 主に7月1日~7月15日。東日本の場合、7/16~立秋(8/7頃)に届くものを「暑中御見舞」、それ以降を「残暑御見舞」とします。

  • 西日本(例外的に北海道も含)
  • 主に7月15日~8月15日。西日本の場合、8/16以降の期間に届くものを「残暑御見舞」とします。

お中元ギフトのおすすめ記事

- お中元ギフトで夏を快適に -
毎年恒例となっているお中元は、ワンパターンで新鮮味のないギフトになりがち。記帳な機会を活かすために、センスが良くて心遣いが伝わるギフトをピックアップしました。


- 知って得するお中元マナー -
お中元は、ささやかながらも丁寧に季節の挨拶を伝えることで、心遣いが相手の胸にしみわたる不思議な力を秘めています。初めてお中元を贈るという人でも安心のマナーをご紹介。

直近3ヶ月のイベントも併せてお読みください

関連記事

  1. 聖なる夜を輝かせる、絶対に外さないクリスマスプレゼントのポイント

  2. 3月のギフトイベント

  3. 友人宅に訪問したときの手土産(おやつ)

  4. 夏を快適に過ごせるお中元ギフトで、感謝の気持ちが詰まった御挨拶

  5. 6月のギフトイベント

  6. イベント体験リポート - 赤坂蚤の市 in ARK HILLS(第51回)

贈り物専門サイト「ギフト・ディノス」
  1. ハレの日に贈りたい、「富士山」ギフトが縁起のいい理由

    2021.01.14

  2. 長寿だけじゃない!ハレの日に寄り添う「鶴亀」モチーフ

    2020.12.26

  3. 11月は新嘗祭、「五穀豊穣」を祈る縁起物を贈ろう

    2020.11.01

  4. 友人の開店祝いに、シャンパンとお花のギフトボックスを贈ってみた

    2020.10.31

  5. 中秋の名月、2020年は10月1日。「月」にまつわる縁起物のお話

    2020.10.25

  1. 結婚式の招待状の返信マナーを心得て、お祝いの気持ちをあらわそう

    2019.12.17

  2. お祝いをもらったりご馳走になったら心掛けたい「お礼の電話」マナー

    2020.10.10

  3. 贈り手の心遣いとセンスが表れる「お見舞い品」の贈答マナー

    2019.03.11

  4. 熨斗(のし)をギフトに付けるのはなぜ? その意味や活用例を解説

    2018.07.21

  5. お歳暮マナーは奥が深い?熨斗・お返し・喪中対応の要点をつかむ

    2018.10.19

都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
贈り物専門サイト「ギフト・ディノス」