7月のギフトイベント

7月の気になるイベントをチェック
爽やかな梅雨明けを迎え、夏の暑さを思い知る7月。若い方にはあまり馴染みのないお中元シーズンがやってきます。普段連絡をとれていない親戚やお世話になっている方へ、ちょっとした贈り物と近況報告をすると、ぐっと仲が深まりますよ。

お中元(7月初旬~7月15日)

7月のイベント

日頃お世話になっている方や、いつも心にかけていながらご無沙汰をしている親戚・友人・知人に感謝の気持ちを込め、季節の挨拶を兼ねて贈り物を贈る日本独自の贈答習慣。もともとお中元は古代中国の道教の「三元思想」に由来すると言われています。ちょうど中元の時期は、祖先を供養する日本古来の習慣と一致しています。お中元が社会的に一般化したのは江戸時代からで、6月末頃から贈り始め、7月15日を過ぎると暑中見舞い、8月15日を過ぎると残暑見舞いなどと表書きが変化するようになりました。「贈答に関する一般知識(一般社団法人 全日本ギフト用品協会)」より引用

お中元ギフトの適正相場

お中元ギフトの適正金額

お中元に貰って嬉しかったもの

  • お酒 … 4人
  • お菓子 … 3人
  • 肉類 … 2人
  • 《 番外編 》
    • スープセット(60~69歳/女性)
    • 健康食品(30~39歳/女性)

地域による「お中元」事情

  • 東日本(東北・関東・北陸)
  • 主に7月1日~7月15日。東日本の場合、7/16~立秋(8/7頃)に届くものを「暑中御見舞」、それ以降を「残暑御見舞」とします。

  • 西日本(例外的に北海道も含)
  • 主に7月15日~8月15日。西日本の場合、8/16以降の期間に届くものを「残暑御見舞」とします。

お中元におすすめのプレゼント

関連記事

  1. 歴史好きなお父さんへ、猛暑を乗り切る誕生日プレゼント

  2. デキる社会人と思われる、上司に対する贈り物マナー

  3. お宅訪問で気をつける、玄関の上がり方やお茶のいただき方のマナー

  4. 熨斗(のし)をギフトに付けるのはなぜ?起源と活用例を解説

  5. 出産祝いの気になる金額相場と、贈るタイミングのマナー

  6. 4月のギフトイベント

  1. おすすめの手土産ギフト7選!10連休となる2019年のGW帰省に

    2019.04.07

  2. 東京まち歩きNo.09 - 麻布十番

    2019.03.20

  3. まだ間に合う!新社会人の意欲をかき立てる「就職祝い」ギフト

    2019.03.12

  4. 女子が喜ぶとっておきのお返しをセレクト、ホワイトデーギフト2019

    2019.03.01

  5. 東京まち歩きNo.08 - 白金台

    2019.02.23

  1. 結婚式の受付を頼まれたら押さえておく、当日の流れや受け答えマナー

    2018.12.06

  2. 夫婦の軌跡を物語る、バラエティに富んだ結婚記念日の一覧まとめ

    2019.04.03

  3. 11月のギフトイベント

    2017.06.08

  4. 知っておくと恥をかかない、初めてでも安心のお中元マナー

    2018.06.14

  5. 結婚式の受付でご祝儀を渡すとき、スマートなあいさつとは?

    2018.04.23

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」