5月のギフトイベント

5月の気になるイベントをチェック
清々しい五月晴れが澄み渡る5月は、子供の日と母の日があります。こいのぼりを見ると季節を感じますね。母の日に、毎年ありきたりなものをあげてしまうと悩む方へ、とっておきの贈り物をご紹介しています。

端午の節句(5月5日)

5月のイベント

5月の初めの午の日に蓬で作った人形を飾り、菖蒲を浸した酒を飲むなど、元来は厄災を祓う行事でした。江戸時代には大名の総登城が行われる重要な式日であった元禄時代には男児の節句として定着、主として武士階級で、武士としての心を忘れないために具足、槍、刀、弓などを飾ったのが由来。戦国時代に合った旗指物が幟となり、鯉のぼりに変化してきました。

〖 参考文献 〗贈答に関する一般知識 - ラッピングコーディネーターのための贈答文化 - 一般社団法人 全日本ギフト用品協会

地域による「端午の節句」事情

  • 国内の地域差
  • 関西ではお嫁さんやお婿さんの両親が買いますが、関東では嫁ぎ先の両親が買います。関西ではこどもの日には粽〔ちまき〕を食べますが、関東では柏餅を食べる、といった違いがあります。また、北海道ではケーキを食べる傾向が高まっているとのアンケート結果もあるそうです。

過去5年間のお天気(東京)

2014 2015 2016 2017 2018

母の日(5月第2日曜)

5月のイベント

日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日。日本では、1931年に大日本連合婦人会を結成したのを機に、皇后の誕生日である3月6日を「母の日」としたのが最初。その後、1949年頃からアメリカに倣って5月の第2日曜日に行われるようになりました。母の日にはカーネーションを贈るのが一般的。

〖 参考文献 〗贈答に関する一般知識 - ラッピングコーディネーターのための贈答文化 - 一般社団法人 全日本ギフト用品協会

母の日プレゼントの適正相場

母の日プレゼントの適正金額

母の日に貰って嬉しかったもの

世界各国の「母の日」事情

  • タイ王国
  • タイでは、シリキット国王妃の誕生日(8月12日)を母の日としています。王妃がお生まれになった金曜日の色は、『水色』と決められており、母の日にはタイ国民は、自分の母親や王妃さまへの尊敬や感謝の気持ちを表すために、こぞって水色の服を着ます。母の日に贈る花は、一般的にジャスミンです。

  • フィンランド共和国
  • フィンランドでは、母の日にミニバラを花屋で買うのが一般的ですが、それよりもっと素敵な母の日の花は、「Vuokko〔ヴォッコ〕」という二輪草の野の花だそうです。子どもたちは当日朝に、家の庭や裏の森などから摘んできて、寝ているお母さんの元へ、プレゼントと一緒に朝食を運んで来てくれる習慣があるそうです。

過去5年間のお天気(東京)

2014 2015 2016 2017 2018

母の日におすすめのプレゼント

関連記事

  1. 〚実例〛友人宅に訪問したときの手土産(おやつ)

  2. 4月のギフトイベント

  3. 【特集】夏を快適に過ごせるお中元で、日頃の感謝を込めた御挨拶

  4. 〚実例〛毎年悩む、父親への誕生日プレゼント実例

  5. まち歩きNo.02 - ダガヤサンドウ

  6. 基本の蝶結び

  1. イベント体験レポート - 赤坂蚤の市 in ARK HILLS

    2018.07.02

  2. 【特集】夏を快適に過ごせるお中元で、日頃の感謝を込めた御挨拶

    2018.06.25

  3. まち歩きNo.05 - 神楽坂

    2018.06.11

  4. イベント体験レポート - togoshi八満マルシェ

    2018.06.05

  5. 〚実例〛職場の後輩に贈る “夫婦の木” で 結婚&引越し…

    2018.06.03

  1. 基本の蝶結び

    2017.07.10

  2. デキる社会人と思われる、上司に対する贈り物マナー

    2018.06.28

  3. 帰省の前に読んでおきたい、義両親への手土産マナー

    2018.06.17

  4. 2月のギフトイベント

    2016.09.03

  5. 1月のギフトイベント

    2016.10.16

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」