インスピレーションを導きだす多種多彩な「画材」、個の世界観と表現性を広げるクリエイティブギフト

おすすめギフト

絵画とは、頭の中の世界やイメージを描写したもの。その行為によって秘めたる想いを表現したり、あるいは予想だにしなかった内面があぶり出されたり、人それぞれ様々な表情が浮かび上がります。何かに感動したとき、悲しみに暮れたとき、無心になりたいとき、筆を執るタイミングも十人十色。雑誌やウェブだけでなく日常的な街中の風景にも挿絵は用いられ、絵とは想像以上に身近なものでもあります。

ピグモントーキョー

しかしながら、絵を描く行為はなんだか敷居の高い世界。気になっていながら一歩が踏み出せない、そんな見えない壁を感じてしまうかもしれません。また、絵画が趣味の人に贈り物をするシーンでも、一体何を贈ったら良いのか悩んでしまいます。そういった場面で頼りになるのが、絵画材料専門の複合クリエイティブ施設「PIGMENT TOKYO」。顔料や筆をはじめとする上質な画材が揃えられ、アーティストも通う本格的な施設です。

ピグモントーキョー

画材の知見が乏しいと不安に思っていてもご安心ください。専門知識に精通した画材のエキスパートが相談に乗ってくれるので、贈り相手や自分が描くジャンルに最適な一品を見出すことができるはず。新しい趣味や経験を模索している人へ、気軽にアート制作が始められるスターターキットを贈ってみても素敵です。作品の世界観に没入する非日常的なひと時を味わってもらいましょう。

アート制作に欠かせない「画材」とは何を指すのか

ピグモントーキョー

描画に使う道具は、色鉛筆、絵具、絵筆などさまざま。紙やキャンバスに至っても幅広い素材があり、道具を上手く組み合わせることでイメージに沿った作品を形作っていきます。このように絵を描くための材料を「絵画材料(画材)」と言います。筆者をはじめ “芸術は観て楽しむ程度” という人の中には、画材が何を指すのかも分からない人は少なくないはず。ここでは、まず基本となる「絵具」「絵筆」「基底材」の3つの画材について解説します。

絵具 - 無限の表現性を秘めた彩色材料

ピグモントーキョー

絵具は、色付けの役割を持つ「顕色材(主に顔料)」、そして糊のように色を定着させる役割の「展色材(主に固着材[バインダー]と溶剤で構成)」を混ぜることで作られます。顔料には多様な色彩があり、複数色の顔料を混ぜることでさらに好みの色をつくり出すこともできます。また、鉱物や植物から作られた天然由来の顔料や、化学的に合成されたエフェクト顔料など様々な種類があります。

ピグモントーキョー

展色材は、素材によって水彩絵具や油絵具、アクリル絵具などに姿を変えます。私たちが小学校で使っていた水彩絵具には植物樹皮の分泌物であるアラビアゴムが固着材に使われ、ゴッホやフェルメールの作品に代表される油絵具には乾性油などが使用されます。また、粉末の顔料に蝋を混ぜ固めたものがクレヨンです。このように、絵具とは多様な組み合わせで無限の表現性を秘めた彩色材料なのです。

絵筆 - 描画タッチを決めるデリケートな道具

ピグモントーキョー

絵具を付けて絵画を描くための代表的な道具が絵筆(画筆)です。筆の穂先は主に動物の原毛や羽を用いたもので、持ち手となる軸は竹や木、プラスチックなどから作られています。描くときの柔らかさや弾力、絵具のなじみやかすれ具合など、使う絵具や作風によって用いる絵筆は異なるため、通常は油彩画・水彩画・日本画それぞれの用途で適したものを選択する必要があります。

基底材 - アートを描きだす純白のフィールド

ピグモントーキョー

基底材(支持体)とは、紙や布など塗膜を支え絵具を付着させるものです。身近なものだと画用紙や水彩紙、油彩画で用いられる麻布、日本画を描く上で欠かせない和紙など様々な素材があり、それぞれに発色性・描きやすさ・耐久性が異なるため絵画表現(作風)にも大きく関与します。絵具に含まれる展色材の種類によっても、適した基底材を選ぶ必要があります。

ピグモントーキョー

このように、基本となる「絵具」「絵筆」「基底材」についてそれぞれ述べてきましたが、私たちの身近には、色鉛筆・カラーペン・ノートなど思い立てばすぐさま絵を描き始めることのできる画材がたくさん存在します。ビギナーであれば小難しく考えず気楽に始められる画材を選んでも良し、アーティストも使用する本格的な画材を揃えてみるのも良いでしょう。

PIGMENT TOKYO(ピグモン トーキョー)について

ピグモントーキョー

ビギナーからプロまで幅広いニーズに対応した多種多様な画材を取りあつかう「PIGMENT TOKYO(ピグモン トーキョー)」です。絵具の材料となる顔料や、絵画を描きだすための筆といった画材を専門的に取り扱い、ショップ・ラボ・ワークショップの3つの側面を併せもつ複合クリエイティブ施設として、寺田倉庫株式会社(Warehouse TERRADA)が立ち上げました。

ピグモントーキョー

ピグモン トーキョーでは、メイドインジャパンの画材や日本画で使われる伝統画材を多く揃え、他店では手に入りにくい珍しい絵画材料や唯一無二のオリジナル商品も置いています。そのバリエーション豊かで魅力的な画材ラインナップから、日本における新しいアートのメッカとして注目を集め、実際に制作活動をしている現役作家だったり、海外の方も訪日のタイミングでわざわざ立ち寄るほどだと言います。

豊富な品ぞろえで出迎える日本の伝統的な画材

ピグモントーキョー

ピグモン トーキョーの最たる強みは豊富な品揃え。その取り扱い商品は、顔料・絵具・膠・墨・硯・絵筆・刷毛・和紙・キャンバス・金属箔など多岐にわたり、筆だけでも600種類、顔料はなんと4,500色にも及びます。ピグモン トーキョーのアイコニックな存在として耳目を集める多彩な「顔料」は、ひとつひとつがガラス瓶に入れられ、美しいグラデーションで店内の壁一面に飾られています。

ピグモントーキョー

また、古来から画面と絵具を接着する素材として用いられてきた「膠(にかわ)」も、ピグモン トーキョーを訪れた人々の心をつかむフラッグシップアイテムです。展示限りの貴重な伝統素材から、その場で購入可能なオリジナル商品までが博物館さながらに陳列されていて、日本画に通じる人や膠メーカーの関係者が来店するとこのエリアに張り付いて感動されるそうです。

絵画材料の案内人「画材エキスパート」が常駐

ピグモントーキョー

ピグモン トーキョーにスタッフとして駐在するのは、自身も作家として活動する「画材エキスパート」。エキスパートたちの創作ジャンルは多様で、新しい商品が入荷されると実際に使用感を試して特性を確かめるそうです。そのため、使い手としてお客様に寄り添い現実味のあるアドバイスができるのです。店内には画材エキスパートの作品も展示され空間を彩ります。

絵画制作の裾野をひろげる画材の普及活動

ピグモントーキョー

使い手が減少することによる需要の縮小を発端に、失われつつある画材の数々。そんなかけがえのない画材を守るために、ピグモン トーキョーではオープン当初から実践的なワークショップ講座を開催しています。伝統を受け継ぐ画材職人や原材料の減少、環境問題など、様々な要因から製造中止に追い込まれた画材は今も増えつづけ芸術分野で大きな問題になっています。

ピグモントーキョー

ピグモン トーキョーでは、良質な素材を扱うメーカーと作家を直接的につなぎ、世界で通用する日本の若手作家の育成やサポートも役割として担っています。また、ワークショップはプロフェッショナルに向けた講座だけでなく、初心者や子供でも気軽に参加できる入門編を企画し、絵画の奥深い魅力を伝えながら画材の使い手を増やす普及活動も同時に行なっています。

オリジナル商品の企画・製造にも力を注ぐ

ピグモントーキョー

アーティストや絵画を嗜む人々の創作活動を応援すべく、表現性を高めるオリジナル商品の開発にも注力するピグモン トーキョー。接着力や質感にこだわって独自に誂えた膠や、チタン加工技術を駆使して作られたパネル下地など、様々な技法に活用でき幅広い作風を実現するハイレベルな画材も並びます。

画材を贈るうえで念頭に置きたいセレクトポイント

ピグモントーキョー

ここからは「ギフト」のお話。画材の贈り物というと、絵画を趣味にする人やアーティストだけに限られるように感じますが、両親・子供・孫など家族への誕生日祝いやクリスマスプレゼントでの需要も少なくないそうです。「お子さんへのプレゼントに提案したものを採用して貰えると特に嬉しい」と話す画材エキスパート・芹澤氏に、画材ギフトを贈るうえで大切なセレクトポイントを伺いました。

ピグモントーキョー

まず、絵画の世界にとんと疎い筆者が一番気になっている、初歩的な質問を投げかけてみます。既に絵を描かれてる人は、どういった画材のプレゼントが喜ばれるのでしょうか? 作家として活動する芹澤氏は「画材をいただけたら、本当にありがとうございます!って感じです」と前置きをしつつ、「色を選ぶのは難しいかもしれませんが、筆は消耗品なので何本あっても嬉しいです」と話します。

ピグモントーキョー

絵を描く人は、作品のテイストや好みなどから色にこだわりを持つことも少なくありません。一方で、絵筆は油系か水性か分かればある程度決まるため選びやすく、自分では手を出しにくい価格帯のものを贈ると喜ばれるそうです。高価な筆は、毛質や書き心地が段違いだと芹澤氏は続けます。初心者がゆえに画材を贈ることは憚られそうですが、意外にも筆が喜ばれるとは目から鱗でした。

その人が描いている絵画のジャンルで選ぶ

ピグモントーキョー

芹澤氏がお客様に画材を提案するとき、始めに聞いているのが「価格帯(予算)」、そして「どういった作品を描いているのか」です。油絵なのか水彩画なのかで提案する種類が絞られるので、まずは贈り相手の作画ジャンルを知ることが大切だと言います。とは言うものの、贈り手としてはジャンルも何もよく分からないという人が大多数を占めるでしょう。その場合は、使い手の作品が分かる写真や画像を持っていくと相談しやすいそうです。

初心者や子供であれば入門セットがおすすめ

ピグモントーキョー

相手がアート初心者だったり子供であれば、手軽にアート制作を始められるセット商品がおすすめです。筆・顔料・テキストが含まれた入門セットや、グラデーションの美しさが目を惹くパステルセットは、道具を何も持っていない状態からでもすぐに創作活動に取り掛かることができます。

ピグモントーキョー

他にも、後ほど紹介するお洒落な端材の詰め合わせは、新聞や雑誌から切り貼りするコラージュ作品をつくれたり、ギフトラッピングや手紙として活用することもでき、ライトな贈り物にうってつけ。また、海外の方に贈るギフトなら、世界的に流通しているものではなく、日本やピグモン トーキョーでしか手に入らないものを提案するよう意識しいていると言います。

ギフトラッピングも決定打になる肝心要の要素

ピグモントーキョー

ピグモン トーキョーのギフトラッピングは、商品を際立たせながらもデザイン性に溢れ、プレゼントの高揚感を与えます。無料の掛け紙は、他とは画すラッピングデザインがストーリー性を演出。”PIGMENT TOKYO” の焼き印が入った桐箱も特徴的で、筆がしっかり3本入り、素っ気なく見えがちな筆ギフトも立派なきちんと感を醸しだします(桐箱は1,500円)。

贈り相手に寄りそう、おすすめの画材ギフト3選

ピグモントーキョー

画材エキスパートの芹澤氏に、ピグモン トーキョーの商品ラインナップの中から贈り物におすすめしたい画材ギフトをピックアップしていただきました。セレクトジャンルは、アート初心者、既に趣味として絵を描いている人、海外の方(外国人への日本土産)に向けた3つ。経験豊富な画材エキスパートが勧めるギフトアイテムは説得力が違います。

金銀箔紙の端材は、アート初心者におすすめ

ピグモントーキョー手仕事のおすそわけ

まず紹介していただいた画材ギフトは『手仕事のおすそわけ』。”世界一の箔押し技術” と称される伝統箔の加工会社「歴清社」が製造する、手づくり金銀紙の端切れセットです。大判の箔紙から出た端材が詰め合わされ、ランダムに選び入れているので内容は開けてからのお楽しみ。お手頃な価格帯なので、気軽に購入できることが魅力です。

ピグモントーキョー

柄や形の異なる箔紙がたくさん入っているので、手紙に貼りつけたり栞を作ったりと応用が利き、初心者や子供でもアートを難しく考えず気ままに創作を始められます。袋から出すのが勿体無く感じてしまうほど燦爛たる綺麗さで、切り貼りせずとも端切れをそのまま額に収めるだけで粋なインテリアに早変わりします。

ピグモントーキョー初心者キット

これから絵を描き始めたい人には、日本画を描くための岩絵具(顔料)・筆・念紙・絵皿などがセットになった『初心者キット』もおすすめです。下絵や描き方手順書が入っているので、初心者でもぬり絵のように楽しんで描いていただけ、部屋に飾れるハガキサイズの作品を制作できます。下絵は桜や椿など10種類から選べ、それぞれに入っている顔料の色が異なります。

趣味で絵を描く人に、ちょっぴり高価な消耗品

ピグモントーキョーPIGMENT オリジナル筆セット

絵描きにとって筆は消耗品、と教えてくれた芹澤氏。数ある絵筆の中から厳選された、メーカーや太さの異なる筆をセットにした『PIGMENT オリジナル筆セット』は特に太鼓判を押したい商品だと言います。贈答に相応しい桐箱入りで、価格帯の異なる2パターンが用意されているため、様々なギフトシーンで活躍が期待できそうです。

ピグモントーキョー砂子セット

もうひとつおすすめしたい画材ギフトが、ピグモン トーキョーオリジナル『砂子セット』。砂子とはメッシュを張った竹筒に金銀箔を入れ散らして装飾する技法です。画材エキスパートが厳選し、メーカー横断でセット組みした本格的な逸品揃いです。砂子を始めるために必要な道具が一式揃い、箱に入った状態で価格帯もギフト向きなので、趣味として絵を描いている人にピッタリです。

ピグモントーキョー

日本の伝統技法を試してみたいと興味本位で始めたいときに丁度よく、砂子筒のメッシュの粗さ加減や異なる箔の種類を別で購入すれば、さらに絵画の表現性が広がる点も魅力的。ピグモン トーキョーでは、箔を扱うワークショップが開催されていて、講座の後も自宅で楽しみたいという方も購入されるそうです。日英の説明書付きなので、外国籍の人にもおすすめしたい一品です。

ピグモントーキョー

砂子セットのボックスは、画材エキスパートのこだわりがギュッと詰め込まれたものだと言います。紐を持ち上げると筒が持ち上がる仕組みや、箔のケースを収納する穴の切り加減など、細部にまで配慮が巡らされています。「私たちにとっては数ある商品のひとつですが、お客様にはこれが唯一のお品になると意識しながら包んでいます(芹澤氏)」。是非お手に取ってプロのこだわりポイントに目を向けてみてください。

海外の方なら、日本の伝統技法を凝らした彩墨を

ピグモントーキョー彩墨 あや

日本らしさを感じるものを紹介いただいた中で、特に目を惹かれた画材が『彩墨(さいぼく)』です。彩墨は顔料と膠を練り合わせて造られたスティック状の墨で、硯(すずり)で磨ることで発色します。ピグモン トーキョーで扱う彩墨は、墨の老舗メーカーが墨と同じ伝統技法で仕立てたもので、デザインや色の選定に関してこだわり抜いて監修した一品です。

ピグモントーキョー

海外の方によっては、そもそも墨がどういったものなのか知らない人も多いので、手に取るとクレヨンのように直で描きはじめたりするそうです。そのため、硯で磨る方法だったり、磨ることで鮮やかに発色するという特性を説明できる店舗でないと置くことは難しいと言います。試し描きをした大半の方は、驚きと感動そのままに購入していくのだそう。日本の伝統的な画材が広まる素敵な瞬間ですね。

  • おわりに

画材を贈ることについて、「新しい素材を使って、新しい表現にチャレンジできることが、画材ギフトの魅力だと感じます」と画材エキスパート・芹澤氏は言います。続けて、「ピグモン トーキョーでは他ではなかなか見ることのない珍しい画材も取り揃えていますので、ぜひ当店にお越しいただき、新しい出会いと発見を探していただけたらと思います」と締めてくださいました。

ピグモントーキョー

初めて目にする色や、使ったことのない道具。絵を描く人にとって画材は、無限の可能性が秘められた原石。頭の中で思い描くイメージが見事に表現されるような、創作活動の応援ギフトになります。まだ絵画の愉しみを知らない人にとっても、未知の世界観が広がり日常にハリを生むことでしょう。意外にもギフトと深いつながりをもつ画材を、ここぞの機会で贈ってみてくださいね。

この記事を書いた人

ギフトコンシェルジュ/ライター/縁起物アドバイザー。看護師時代に培ったホスピタリティを活かし、贈り相手の「人となり」を想像したプレゼントの見立てを得意とする。子育てに奮闘しながらも、週に1回以上の東京まち歩きとショップ巡りをライフワークにしている。個人向け「ギフト提案サービス」の依頼を受付中。

関連記事

ピックアップ記事

週間ランキング

  1. 1

    結婚式の受付でご祝儀を渡すとき、スマートなあいさつとは?

  2. 2

    お祝いをもらったりご馳走になったら心掛けたい「お礼の電話」マナー

  3. 3

    東京まち歩きコレクション - 散歩No.12 清澄白河|深川めしと、相撲部屋と、コーヒーの街

  4. 4

    産休・育休明けの妻におくる「職場復帰」ギフト|ねぎらいと激励の気持ちを込めた心温まるプレゼント

  5. 5

    祝福の意味を込めた「結婚祝い」にオススメしたいプレゼント30選

  6. 6

    外国人への贈り物マナーとおすすめプレゼント30選|海外出身の日本在住者から海外VIPなど訪日外国人まで

  7. 7

    結婚式の招待状の返信マナーを心得て、お祝いの気持ちをあらわそう

  8. 8

    東京まち歩きコレクション - 散歩No.23 代々木上原|大人グルメと神聖な建造物に異国文化を感じる、春のポてポてさんぽ

  9. 9

    東京まち歩きコレクション - 散歩No.24 高円寺|芸術とスパイスで猛暑知らず!雨上がり高円寺ウォーク

  10. 10

    相手方の印象に残る!両家顔合わせの食事会でオススメしたい「手土産」20選

PR
おすすめ ショップ おくりもの
  1. 東京まち歩きコレクション - 散歩No.13 世田谷代田|心癒される豊かな緑と美味しいグルメ旅

  2. belle-de-savon(ベルデサボン)

  3. 厳選された素材の口福な味わいを愉しむ、名店「とうふ屋うかい」の自家製豆腐ギフト

  4. 物欲がないお母さんにも喜ばれる!プレゼント選びのコツとアイデア

  5. 薫り高く芳醇な味わいの自家焙煎コーヒー豆

  6. 10月16日はボスの日!尊敬する上司に感謝の意を伝えよう

  7. ペンロマンに想いを馳せて、大人のゆとり時間を届ける万年筆ギフト

  8. 灯りと香りを楽しむラグジュアリーなアロマキャンドル

  9. 思い出や感動を紡ぐ「体験ギフト」で、形にのこる〈モノ〉ではなく、知識や経験にのこる〈コト〉を贈る

  10. 出産祝いにおすすめしたい!産後のお母さんをねぎらうご褒美ギフト

  1. 宮脇賣扇庵(みやわきばいせんあん)東京支店

  2. TRAVELER’S FACTORY(トラベラーズファクトリー)

  3. NOOKS FOODS(ヌークスフーズ)

  4. LIVRER MISHUKU(クリーニング リブレ 三宿ストア)

  5. Pen Boutique 書斎館(しょさいかん)

  6. Groovy Nuts(グルーヴィナッツ)中目黒店

  7. TOKYO COWBOY(トウキョウカウボーイ)

  8. 小宮商店(こみやしょうてん)東日本橋ショップ

  9. ちえの木の実

  10. CLASSICS the Small Luxury(クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ)

  1. お母さんのために贈る、野菜たっぷりスープの出産祝い

  2. 魔法のような吸水力!水まわりを優美にみせる高機能スポンジ「suuu」

  3. 心に刻み込まれる思い出、ソウ・エクスペリエンス「体験ギフト」の魅力

  4. 洗濯のお悩み解決ギフト、服をアンチエイジングするランドリーソープ

  5. 極上の空間で心身を癒す「オリーブスパ」のトリートメントチケット

  6. 口福感あふれる絶品ミートを届ける、フルオーダーカットの黒毛和牛ギフト

  7. 生活に彩りをもたらす「九谷和グラス」、二つの伝統工芸が織りなすエレガントな調和

  8. オーダーメイドで愛を込める「サンジョルディフラワーズ ザ・デコレーター」のフラワーギフト

  9. 手にとる人を瑞々しく魅せる美しさ、クラシカルな雰囲気がただよう「洋傘」ギフト

  10. 厳選された素材の口福な味わいを愉しむ、名店「とうふ屋うかい」の自家製豆腐ギフト

PR

バックナンバー

  1. 故人をしのび遺族に寄り添う、葬儀(お葬式)での「香典」マナー

  2. 手にとる人を瑞々しく魅せる美しさ、クラシカルな雰囲気がただよう「洋傘」ギフト

  3. 【ジュエリーデザイナー監修】クリスマスにプレゼントしたい「ジュエリー」の選び方|指輪からピアス・イヤリング・ネックレスまで

  4. 東京まち歩きコレクション - 散歩No.03 両国 | 両国エリアをぐるっと一周散策したコース

  5. 薫り高く芳醇な味わいの自家焙煎コーヒー豆

  6. etranger di costarica(エトランジェ・ディ・コスタリカ)

  7. inkstand(インクスタンド)by kakimori

  8. 腕元でおしゃれに差をつけるメッセージ時計

  9. 敬老の日や長寿祝いに瑞々しい果物を❍✧ 高齢者でも食べられる季節感あるフルーツギフト

  10. まかないこすめ

PR

ピックアップ記事

  1. 外国人への贈り物マナーとおすすめプレゼント30選|海外出身の日本在住者から海外VIPなど訪日外国人まで

  2. 予算5万円~10万円台の「高額ギフト」|連名でおくる場合や特別なシーンでおすすめしたい高価な贈答品

  3. 商売繁盛を願った「開店・開業祝い」の贈り物、失礼のないように知っておきたいマナー

  4. 思い出や感動を紡ぐ「体験ギフト」で、形にのこる〈モノ〉ではなく、知識や経験にのこる〈コト〉を贈る

  5. 産休・育休明けの妻におくる「職場復帰」ギフト|ねぎらいと激励の気持ちを込めた心温まるプレゼント

  6. 東京まち歩きコレクション - 散歩No.39 自由が丘|新旧が入り交じる、再開発中の「自由が丘」を一日かけて歩くのんびり一人旅

  7. からだの中から幸福になれそうな「縁起のいい食べ物」と、知っておきたい「縁起の悪い食べ物」とは

  8. 現代のライフスタイルに色艶と伝統を差し添える「漆器」ギフト、節目祝いや日本土産で思い出にのこる贈り物

総合ランキング

  1. 1

    祝福の意味を込めた「結婚祝い」にオススメしたいプレゼント30選

  2. 2

    お祝いをもらったりご馳走になったら心掛けたい「お礼の電話」マナー

  3. 3

    結婚式の受付でご祝儀を渡すとき、スマートなあいさつとは?

  4. 4

    物欲がない人に贈る、もらっても困らない「消えもの」ギフト

  5. 5

    謝意を丁寧に表す手段「お礼状」を送るタイミングと書き方マナー

  6. 6

    お宅訪問で気をつけよう!玄関の上がり方やお茶のいただき方マナー

  7. 7

    デキる社会人と思われる、上司に対する贈り物マナー

  8. 8

    東京まち歩きコレクション - 散歩No.07 中目黒|目黒川沿いのカフェ&ショップを巡る旅

  9. 9

    突然の来客でも大丈夫!お茶出しでおもてなしの心を表現する方法

  10. 10

    相手方の印象に残る!両家顔合わせの食事会でオススメしたい「手土産」20選

PR

ピックアップ記事

  1. ちえの木の実

  2. Groovy Nuts(グルーヴィナッツ)中目黒店

  3. DAYLILY(デイリリー)誠品生活日本橋店

  4. TRAVELER’S FACTORY(トラベラーズファクトリー)

  5. Pen Boutique 書斎館(しょさいかん)

  6. NOOKS FOODS(ヌークスフーズ)

  7. 小宮商店(こみやしょうてん)東日本橋ショップ

  8. LIVRER MISHUKU(クリーニング リブレ 三宿ストア)

PR

月間ランキング

  1. 1

    結婚式の受付でご祝儀を渡すとき、スマートなあいさつとは?

  2. 2

    お祝いをもらったりご馳走になったら心掛けたい「お礼の電話」マナー

  3. 3

    産休・育休明けの妻におくる「職場復帰」ギフト|ねぎらいと激励の気持ちを込めた心温まるプレゼント

  4. 4

    東京まち歩きコレクション - 散歩No.12 清澄白河|深川めしと、相撲部屋と、コーヒーの街

  5. 5

    祝福の意味を込めた「結婚祝い」にオススメしたいプレゼント30選

  6. 6

    外国人への贈り物マナーとおすすめプレゼント30選|海外出身の日本在住者から海外VIPなど訪日外国人まで

  7. 7

    東京まち歩きコレクション - 散歩No.24 高円寺|芸術とスパイスで猛暑知らず!雨上がり高円寺ウォーク

  8. 8

    チョコレート以外で選ぶバレンタイン!ダイエット中にもオススメの変わり種ギフト

  9. 9

    東京まち歩きコレクション - 散歩No.23 代々木上原|大人グルメと神聖な建造物に異国文化を感じる、春のポてポてさんぽ

  10. 10

    結婚式の招待状の返信マナーを心得て、お祝いの気持ちをあらわそう

PR
TOP