生姜のドリンクと、ジンジャーシロップの専門店「銀座のジンジャー」銀座本店
辛みと甘みがクセになる、看板商品のジンジャーシロップ
銀座一丁目の並木通り、高級感が漂うも親しみやすい店舗
国産原料を中心とした、オリジナルブレンドのシロップ
コンフィチュールの専門店から始まった銀座のジンジャー
1階はショップでお買い物、2階ではカフェ&ランチを堪能

銀座のジンジャー

銀座一丁目駅のほど近く、高速道路のジャンクション(西銀座JCT)が見える並木通りの入り口に、キリッとした佇まいのお店があります。こちらが、生姜のドリンクとジンジャーシロップの専門店「銀座のジンジャー」です。

銀座のジンジャー

網目状のビル外壁に、大きく重厚感のあるガラス扉は、まるでエステサロンやブティックを思わせる外観です。風情ある並木通りに相応しく、高級感のある店構えが特徴的ですが、柔らかい雰囲気の空間と親しみやすいスタッフが、訪れる人を出迎えてくれます。

銀座のジンジャー

銀座並木通りの銀座本店には、ショップだけでなくカフェも併設されており、店頭の看板に描かれた、美味しそうなカフェ&ランチメニューに、街行く人も思わず吸い寄せられます。

銀座で人気を博す、おしゃれなショップ&カフェ

銀座のジンジャーに一歩足を踏み入れると、天井から吊るされた絢爛豪華なシャンデリアに目を奪われます。シャンデリアのパーツは、看板メニューであるジンジャーシロップのボトルをモチーフにしています。

銀座のジンジャー

店内は、階段で半地下と2階に分かれています。地下のショップでは、彩り鮮やかなジンジャーシロップとコンフィチュール(ジャム)が光を受けてキラキラと輝いており、2階には、日差しが差し込む居心地の良いカフェコーナーがあります。

銀座のジンジャー

銀座でも指折りのショップとして知られる銀座のジンジャーは、この複合的な店舗の造りから、ちょっとした休憩やお買い物に訪れる人が後を絶たない人気店です。

銀座のジンジャーでおすすめの商品

生姜のドリンクとジンジャーシロップの専門店

銀座のジンジャーの半地下にあるショップで、おすすめの商品は「ジンジャーシロップ」です。生姜とスパイスをふんだんに使用したシロップに、柚子・レモン・イチゴなどの食材をブレンドした、カラフルな生姜シロップを提供しています。

銀座のジンジャー

ジンジャーシロップの定番フレーバーは6種類。それに加えて、およそ2か月ごとに季節限定商品が発売されるため、年間を通じて様々なフレーバーを楽しむことが出来ます。取材当時は、バレンタイン直前ということもあり、チョコレートジンジャーシロップが店内中央に飾られていました。

銀座のジンジャー

コンフィチュールの専門店がルーツ

銀座のジンジャーは、元々コンフィチュール専門店としてスタートした経緯があります。お店に並ぶ種類豊富なコンフィチュール(ジャムのフランス語)は、どれも厳選された2種類の食材でできており、食材を掛け合わせることで引き出される、果実の持つ「本来の色・味・香り」を大切に作っています。

銀座のジンジャー

人気の商品は、「二つの苺」「オレンジ&生姜」「ブルーベリー&アールグレイ」の3つ。どれもみずみずしく、素材の甘み旨みがふわっと口の中に広がります。お気に入りのパンと組み合わせたら、最高の朝食になること間違いなしです。

銀座のジンジャー

コンフィチュールは、保存に便利な130gの瓶と、使い切り30gのサシェ(小袋)があります。手土産やほんのお礼にしても素敵ですし、サシェは「2つの果物が出会って生まれる」という意味合いを持つため、結婚式のドラジェ(プチギフト)にも選ばれることもあるそうです。こんなに綺麗で可愛いプチギフトをもらえたら、女性は特に嬉しいですよね。

働く女性の美味しい朝ごはん

銀座のジンジャー

玄米グラノーラも、カラフルでとても可愛い一品です。パフは、ポン菓子のようなサクサクとした食感。そこに手作りのドライベジタブルやドライフルーツ、ナッツがミックスされ、ジンジャーの風味も程よく引き立ちます。ミルク、ヨーグルトにコンフィチュールを添えれば、簡単で美味しい朝ごはんが完成。働く女性にとって、強い味方になってくれます。

気になったら2階のカフェでお味見

銀座のジンジャー

2階のカフェでは、コンフィチュールを使ったメニューやお食事を楽しむことができます。人気のかき氷、「センガセンガナ」は、苺の品種名で、この苺を使ったコンフィチュールを、たっぷりひと瓶かけてお召し上がりいただくかき氷です。

新しい生姜の使い方を提案

銀座のジンジャー

「海外では割とお菓子に使われている生姜ですが、日本ではお料理に使われることがほとんどです。ドリンクやデザートで美味しく食べることもできるという、新しい生姜の使い方を提案できたらと思います」と、笑顔で迎えてくれたスタッフの廣田さんが丁寧に教えてくださいました。

銀座の名店で、身体に優しい宝石のような贈り物を

銀座のジンジャー

寒い冬に温まりたいときはもちろん、暑さに負けそうな自分に喝をいれたいときも、身体の芯から応援してくれる生姜。素材の美味しさを丸ごと活かした、身体に嬉しい野菜や果物の恵みを、大切な人にプレゼントしてみませんか?宝石のような綺麗な贈り物に、箱を開けた瞬間から笑顔がこぼれること間違いなしですよ。

ショップの詳しい情報

店名 銀座のジンジャー 銀座本店
住所 〒153-0051 東京都中央区銀座1丁目4-3 1階/2階
営業時間 11:00 ~ 20:00(ラストオーダー 19:00)
定休日 不定休
最寄駅 JR 有楽町駅、東京メトロ有楽町線 銀座1丁目駅
東京メトロ銀座線 京橋駅
電話番号 03-3538-5011
店舗HP http://www.cep-shop.co.jp/
SNS

本記事は2017年01月29日時点の情報です。

地図で場所を確認

この記事を書いた人

こうの ひろこ

ギフトコンシェルジュ兼webライター。看護師時代に培ったホスピタリティを活かし、贈り相手の「人となり」を想像した、プレゼントの見立てを得意とする。週に1回以上、東京での街歩きと、ギフトショップ巡りを欠かさない。

関連記事

  1. だんだん(DANDAN)

  2. RROZESTT(ロゼスト)

  3. PRO-MENER(プロムネ)

  4. inkstand by kakimori

  5. ARKRAFT(アークラフト)

  6. oshiolive(おしおりーぶ)

  1. 海島綿のハンカチーフ

    誕生日祝いをくれた友達に、ご縁を繋ぐハンカチのお返しを贈ってみた

    2019.09.16

  2. 料理好きの人に贈りたい!手料理がグレードアップするキッチンギフト

    2019.08.30

  3. 1000円ギフトでささやかな心配り、程よいプチプレゼントのススメ

    2019.07.21

  4. 内定をもらった弟に、ビジネススーツに映える就職祝いを贈ってみた

    2019.06.25

  5. ワークショップで作ろう!世界でひとつのオリジナル革小物

    2019.06.20

  1. 夫婦の軌跡をものがたる、「結婚記念日」の数え方と意味まとめ

    2019.04.03

  2. 熨斗(のし)をギフトに付けるのはなぜ? その意味や活用例を解説

    2018.07.21

  3. 神前式(しんぜんしき)に参列する上で知っておくべき注意点とは?

    2018.05.13

  4. お歳暮マナーは奥が深い?熨斗・お返し・喪中対応の要点をつかむ

    2018.10.19

  5. 突然の来客でも大丈夫!お茶出しでおもてなしの心を表現する方法

    2019.07.09

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」