吉祥寺の自家焙煎コーヒーショップ「LIGHT UP COFFEE(ライトアップコーヒー)」
産地や作り手による素材の味を楽しむ、新しいコーヒー文化
バリスタがエアロプレスで淹れる、本格的な焙煎コーヒー
ドリップや水出し、異なる表情のコーヒーを味わえる専門店
香ばしく焙煎した、香り高いフルーツティーなコーヒー豆

LIGHT UP COFFEE(ライトアップコーヒー)

吉祥寺の西エリアに位置する、レンガが敷き詰められた約540mの中道通りを奥へと突き進んだところ、吉祥寺西公園の目前に鮮やかなシアンブルーが目印のお店があります。そこが、自家焙煎珈琲ショップ「LIGHT UP COFFEE(ライトアップコーヒー)」です。

ライトアップコーヒー

中道通りは、昔ながらの商店街の雰囲気を残しつつも、個性的なショップが続々と出店する、吉祥寺で随一のショッピングストリートとして名を馳せています。

人々の生活を明るく照らす、ライトアップコーヒー

LIGHT UP COFFEE(ライトアップコーヒー)は、白の壁面を基調とした爽やかな雰囲気が特徴的です。おしゃれな店内にそよ風が吹き込み、公園の緑が揺らぐのを見ながら落ち着いた空間を味わうことができます。

ライトアップコーヒー

コーヒーで人々の生活を明るくすることができたら、という想いを込めて、店名に「LIGHT UP(照らす)」と名付けたという、素敵な由来があります。カップや扉の枠などの色はシアンブルーで統一され、芸術学科を出たというオーナーバリスタのセンスが光ります。

ライトアップコーヒー

Tシャツやコーヒー雑貨が並ぶ店内

ライトアップコーヒーの店内には、コーヒー関連の本や雑誌、コーヒーにまつわる雑貨が飾られ、おひとりで来ても楽しむことができます。取材時には「コーヒーにまつわるTシャツ展」が開催されており、アーティストがオリジナルでデザインしたTシャツなども展示販売されていました。

ライトアップコーヒー

中でもシアンブルーのコーヒーカップ&ソーサーは、常に品薄になるほどの人気を誇ります。SNSにも映えるその色合いは、コーヒーマニアならずとも手に入れたいおすすめの一品です。

ライトアップコーヒー

ライトアップコーヒーのおすすめ商品

苦みや香りだけではない、自家焙煎コーヒーの魅力

LIGHT UP COFFEE(ライトアップコーヒー)は、「農作物としてコーヒーを扱い、産地や作り手による素材の味を楽しむ新しいコーヒー文化を伝えたい」という理念を持つ、新進気鋭のコーヒーショップ。

ライトアップコーヒー

コーヒーを丁寧に淹れるだけでなく、苦みや香りだけでは語ることのできないコーヒーの魅力を日々追究しています。その成果を多くの人に知ってもらうため、全国各地や海外でドリップセミナーやテイスティングセミナーを開いたり、展示会への出店など積極的な活動を続けています。

人気のテイスティングセット

ライトアップコーヒー

ライトアップコーヒーで、初めての方に試していただきたい「TASTING SET」は、産地ごとに3種類のコーヒーを飲み比べできます。夏はアイスコーヒー、冬はホットコーヒーで。フルーティーなもの、少し苦みをもつもの、酸味をもつものなど、豆本来の魅力を存分に楽しむことができます。

ライトアップコーヒー

それぞれのコーヒーには、産地の情報や味の特徴が書かれた説明カードが付いてくるため、お気に入りのコーヒー豆をしっかりと覚えることができるのも嬉しいサービスです。

夏におすすめトニックコーヒー

コーヒーを普段から飲み慣れている方にもおすすめなのが、トニックウォーターとエスプレッソをブレンドした、ライトアップコーヒーのオリジナルコーヒーです。

ライトアップコーヒー

コーヒーだけどコーヒーじゃない、クセになる爽やかな味わいが特徴的なドリンクです。気になる方は是非とも吉祥寺のライトアップコーヒーを訪れてみてください。

欧州各国のコーヒー巡りを活かして

ライトアップコーヒー

元々は、コーヒーが苦手な方の部類だったという店長(バリスタ/ロースター)の相原民人氏。しかし、偶然出会ったとあるコーヒーのフレッシュさに衝撃を受けてから、即座にコーヒーの魅力に惹かれのめり込んでいったそうです。

ライトアップコーヒー

「ヨーロッパでは、コーヒーは生活に欠かせない飲み物です。ノルウェーではお店のメニューにフィルターの名前が書いてあって、一般の方もそれをみてどのようなコーヒーが出されるのかがわかるくらい、コーヒーの知識レベルが高くて驚きました。」

ライトアップコーヒー

ヨーロッパ各国のコーヒー巡りをしたときには、日本とのコーヒー文化の違いに大きな隔たりを感じるほど衝撃を受けたそうです。そして、本格的なコーヒーを日本でも広め、より豊かなコーヒーライフを送れるお手伝いがしたいと決意しました。

産地や農園にこだわったコーヒー豆

ライトアップコーヒー

「コーヒーは本来果実であって、農作物。産地によってそれぞれ味が違うし農園の人の気持ちも込められているものです。ヨーロッパのように、果実そのものの美味しさを味わう飲み物とするコーヒー文化を日本にも広めて、文化を変えたいんです」と話す、店長の相原氏。とても穏やかな口調でしたが、どれだけコーヒーに惹かれているかが伝わってきました。

コーヒーの魅力を存分に味わえるお店へ

ライトアップコーヒー

コーヒーの魅力を発信すべく、焙煎からドリップまでを手掛ける、熟練のバリスタが淹れるコーヒーは格別です。苦味やコクだけではない、コーヒー豆本来の豊かな風味を存分に感じることができます。

ライトアップコーヒー

フルーティーな果実としてのコーヒーを味わいに、吉祥寺のコーヒーショップ「LIGHT UP COFFEE(ライトアップコーヒー)」まで是非とも足を運んでみてはいかがでしょうか。

ショップの詳しい情報

店名 LIGHT UP COFFEE(ライトアップコーヒー)吉祥寺店
住所 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町4-13-15
営業時間 10:00 ~ 20:00
定休日 火曜日
最寄駅 JR私鉄各線吉祥寺駅北口より徒歩7分
電話番号 0422-27-2094
店舗HP http://lightupcoffee.com/
その他の店舗 京都出町柳店(京都府京都市上京区青龍町252)
下北沢店(東京都世田谷区代田2丁目29−12)
SNS

本記事は2016年07月05日時点の情報です。

地図で場所を確認

この記事を書いた人

河野 ひろこ

ギフトコンシェルジュ兼webライター。看護師時代に培ったホスピタリティを活かし、贈り相手の「人となり」を想像したプレゼントの見立てを得意とする。子育てに奮闘しながらも、週に1回以上の東京まち歩きと、ショップ巡りをライフワークにしている。

関連記事

  1. 香辛堂(こうしんどう)

  2. Waterfront(ウォーターフロント)

  3. ARKRAFT(アークラフト)

  4. M’amour(マムール)

  5. ちえの木の実

  6. Floats!(フローツ)

贈り物専門サイト「ギフト・ディノス」
  1. 東京まち歩きコレクション No.15 - 葛飾柴又

    2021.06.12

  2. 食べ物以外で「お中元」をセレクト、涼しげなモノギフトで夏のご挨拶

    2021.05.30

  3. 東京まち歩きコレクション No.14 - 神田神保町

    2021.05.26

  4. 世界にひとつだけの「名入れギフト」で、心に残るプレゼントをおくる

    2021.05.19

  5. 東京まち歩きコレクション No.13 - 世田谷代田

    2021.04.22

  1. お中元の代わりにもなる「暑中見舞い」の意味と贈り方マナー

    2021.06.07

  2. 感謝の気持ちをロマンチックな「花言葉」で、フラワーギフトの意味

    2019.06.06

  3. 熨斗(のし)をギフトに付けるのはなぜ? その意味や活用例を解説

    2018.07.21

  4. 両家顔合わせの挨拶シーンで役立つ、礼儀を尽くした手土産のマナー

    2020.02.25

  5. 新築祝いはデリケート? マイホームを祝福する上で注意するポイント

    2018.11.25

都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
贈り物専門サイト「ギフト・ディノス」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
贈り物専門サイト「ギフト・ディノス」