革小物の体験型オーダーメイド専門店「Livelty Tokyo(リベルティ東京)」
ファッションに敏感な人々が往き交う、中目黒のショップ
革のエレガントさと、自然の温もりを感じる空間デザイン
入口には大判の革が吊るされ、実際に質感を確かめられる
革の素材や色合いを、自由にカスタマイズして楽しみ尽くす
仕上がった革製品を眺めながら、自分だけの創作を体験

Livelty Tokyo(リベルティ東京)

東京・中目黒の山手通り沿い、東急バスの停留所[東京共済病院前]と[目黒警察署前]の中間に、シックな外観が目を惹くショップが佇んでいます。こちらが、バッグや革小物などの体験型オーダーメイド専門店として、2019年に誕生した東京発のブランド「Livelty Tokyo(リベルティ東京)」です。入口のショーウィンドウには、上品さ漂う革小物が美しく陳列されており、思わず足を止めて眺めてしまいます。

リベルティ東京のブランドイメージ

店名の「Livelty(リベルティ)」には、”自ら自由を勝ち取りに行く” という意味の「Liberty(リバティ)」、そして “しなやかで上質” といった意味合いの「Velvety(ベルベティ)」が掛け合わされ、オーダーメイド中心の店で自分の色を表現して欲しい、という願いが込められています。店名に添えられた「Tokyo」、そして黒紺のテーマカラーからは、品質の高いメイドインジャパンの皮革製品を世に広め、海外に向けて飛び出していきたいという力強いメッセージ性がうかがえます。

オートクチュールを、もっと身近に

世界中からお洒落なエッセンスが寄り集ったグローバルテイストこそ、Livelty Tokyo(リベルティ東京)に惹きつけられる魅力でしょうか。革バッグを片手に、世界各国のファッション都市やロマンティックな海岸沿いの緑道を闊歩している、クールな自分の姿をふいに思い浮かべてしまいます。

オートクチュールを身近に

シンプルかつ上品であることを前提としている Livelty Tokyo(リベルティ東京)の製品は、”良いもの” を知るスマートな大人の持ち物として、普段着からビジネススタイルにまで溶け込みます。ファッションに敏感な人々が訪れるスポットである、中目黒を創業の地に選んだのも頷けます。

ファッションに敏感な人々が訪れるスポット

Livelty Tokyo(リベルティ東京)の代表的なコンセプトは、「オートクチュールをもっと身近に」。お客様一人一人に寄り添ったこだわりのオーダーメイド革小物を、日常生活の中で気軽に楽しんでもらいたいと願う信条が込められています。フランス語で “高級縫製” を意味する「オートクチュール」のワンフレーズからは、注文縫製で一点物を手掛ける同社の革職人に対する敬意と誇りを感じます。

Livelty Tokyo(リベルティ東京)の成り立ち

Livelty Tokyo ブランドの立ち上げ経緯は、ビジネスパーソンとして活躍していた佐藤氏の実体験が深く関わっているといいます。

30代に差しかかると収入も次第に上がりはじめ、欲しいモノがわりに手に入るようになります。20代のうちは高級ブランドへの憧れが強い傾向にあるものの、部下ができたり社外的な接点が多くなってきたりすると、ブランドに固執しているファッションはマイナスの印象にもなりかねません。そういった想いから、ブランドもの以外を探し求めたときに、他者とかぶらず “個” を表現できるプロダクトの選択肢があまりに少ない現状がありました。スーツではオーダーメイドが流行っていても、革小物で個人のこだわりを取り入れたオーダーメイドはまだまだ一般的でなく、もっと身近なものにできたらという志望が湧いたのです。

ブランドの立ち上げ経緯

元々は、IT企業の役員として職責を担っていた佐藤氏。当時、東アジア諸国を歴訪した中で、日本人はモノづくりに対する歴史的な価値観に恵まれ、ナショナリズムともいうべき品質管理のDNAを持っていると実感したそうです。しかし、国内の皮革産業に目をやると、高品質を生み出す革職人は高齢化・若手人材不足によって最盛期から大幅減少していて、嘆きや危機感を強く感じました。そこで、足掛けに数年を費やして革製品の仕立て技術や知識をイチから学び、さらに自身のITスキルを活かして皮革業界のメイド・イン・ジャパンを発展させるべく行動を起こしたといいます。

革小物の「カスタムオーダー」に特化した専門店

カスタムオーダーに特化した専門店

オーダーメイド感覚で自ら製品をデザインすることにより、革小物を単に「買う」ものから、「作る」ものへと昇華させて楽しんで欲しい。「Design It Yourself」は、カスタムオーダー専門店である Livelty Tokyo(リベルティ東京)の理念を顕著に表わしたサブタイトルでもあります。オリジナリティが表現できる革素材と色合いのマッチングを見つけ出し、もっと解放的に革を楽しんでみませんか?

新時代的な工房ブティックの現場に踏み入れる

リベルティ東京の内観

きりっと引き締まる黒を基調とした外観から店内に入ると、洗練された奥行きを感じる空間が広がります。入口には大判の革見本がずらりと飾られており、眺めるだけでなく実際に革に触れて、その質感を確かめることもできます。大判の革に触れるという滅多にない機会は、革小物のギフトイメージを膨らませやすく、それだけでエンタメ性を感じ取ることもできます。

リベルティ東京の内観

Livelty Tokyo(リベルティ東京)の店内左側の壁面は、エレガントでもあり武骨でもある革のイメージを表現。右側の壁面では、ナチュラルウッドでなめらかな曲線を描き、自然の豊かさを表現するというこだわりの内装。力強さの中にも温もりを感じさせる空間からは、心地良い緊張感すら漂っているようです。

高級感とライブ性が混在する空間デザイン

ショップと工房がドッキングされた一体型店舗からは、製造現場としての活気も感じます。ブティックスペースで選び決めた諸々のパーツが、店内奥のアトリエで革小物として仕立てられるライブ感を楽しめます。佐藤氏がイタリア・フィレンツェを訪れたとき、お客様のリクエストをその場で即座に取り入れるようなスタイリッシュな工房を見つけ、コミュニケーションスペースと作業場をミックスさせた店舗を目指して、アトリエ兼ショップにしたのだといいます。

ブティックスペース

Livelty Tokyo(リベルティ東京)のブティックスペースには、お客様一人一人とセッションを楽しめる、さながらモダンバーのようなカウンターテーブルとハイチェアが設置されています。高さ90cmのこだわりカウンターは、まるで極上のカクテルが出てきそうな気分にさせてくれるため、素敵な革小物の創作体験に思いがけず胸が躍ります。

スピード納品を実現する、テクノロジーの導入

Livelty Tokyo(リベルティ東京)が、オーダーメイド製品を作るうえで強みにしていることは「リードタイム(納期)」だといいます。「忘れた頃に届いたら遅いと感じます。究極的には明日届くまでにしたいです」と佐藤氏は語ります。

リードタイムの速さ

一般的な工房との決定的な違いは、すべての工程を内製化し、効率の良いプロセスに変更している点(業務プロセスの見直し)。そして、デザインから設計、裁断にいたるまでをデジタル化し、人の手が極力かからないようにしている点(デジタル化)です。通常は、型起こしや裁断、縫製など、それぞれの工程でノウハウをもった職人が作業を請け負うため、オーダーメイドともなると納品まで数ヵ月待ちはザラ。同店では、テクノロジーや機械に頼れる部分は最大限に活用して内製化することで、驚くべきスピード納品(スマホケースなら最短3日間)を実現しています。

テクノロジーの導入

その一方で、人間の感覚や巧緻性を必要とする革漉きや縫製などの作業では、経験豊かな熟練の革職人が受け持って仕上げています。すなわち、先端テクノロジーを取り入れることで短納期を実現しつつ、人の手による “温かみ” や “遊び” は残すという、イイコト尽くめのハイブリットシステムを構築しているのです。

徹底的にこだわり抜いた革小物の製品づくり

こだわり抜いた革小物

革小物は、ビジネスシーンからプライベートに至るまで、長年にわたって付き合うパートナーとなるもの。だからこそ Livelty Tokyo(リベルティ東京)では、材料やデザインにも徹底的にこだわった製品づくりがなされています。高品質な革素材をふんだんに使い、丁寧に仕立て上げられた革小物は、目の肥えた革マニアにもきっと喜んでもらえるはずです。

ヨーロッパ原産の柔らかくふっくらした革

ヨーロッパ原産の革

革小物において最も重要なパーツである「革(レザー)」は、しなやかで上質なものを世界中から厳選して取り寄せています。ヨーロッパならではの柔らかくふっくらとした “なめし革” は、いつまででも触っていたくなるほどの心地良さ。革に厚みを出すことで、ふっくらとした質感を楽しめるだけでなく、軽量感やコンパクトさを出すための薄さが求められる部分で、調節しやすいといった利点があります。

自由に色で遊ぶ

使う人が「自由に色で遊ぶ」ことをモットーに、パッと目を引く華やかなカラーを取り揃えている点も、Livelty Tokyo(リベルティ東京)ならではの特徴です。深い色味が多い日本製の革と比較すると、海外製の革は明るい色味が豊富に揃っていると佐藤氏はいいます。革の種類やカラーバリエーションが多く、組み合わせの工程で悩む人もいるそうですが、色見本でシュミレーションできるため、満足いくイメージが膨らむまで試行錯誤してみてください。

印象に変化をもたせる糸のカスタマイズも可能

糸のカスタマイズ

Livelty Tokyo(リベルティ東京)では、革と同様に製品の印象を形作るパーツ、「糸(スレッド)」も品揃え豊富に取り扱っています。革素材と同系色のスレッドタイプをすすめるケースが多いそうですが、希望があれば糸の色もカスタマイズ可能です。革と同系色にするとシックに高級感が出て、反対色にすると一気にカジュアル感が増します。

自分好みの組み合わせ

他にも、「濃紺」と聞くとどっしり落ち着いた雰囲気のイメージですが、白ステッチを入れることでポップで可愛い雰囲気になるといいます。革だけでなく糸までも自由に選べるお店には、そう出会うことはありませんよね。レザークラフトの材料店を訪れて手芸パーツを選ぶような感覚で、自分好みの組み合わせを見つけてみてください。

ビジネスマン出身だからこその製品デザイン

オシャレなだけでなく機能性を重視したプロダクトデザインが、Livelty Tokyo(リベルティ東京)の魅力でもあります。多忙なビジネスマンにもウケるような製品設計、そしてシンプルながらも遊び心あるデザインは、オーナーがビジネスマン出身者だからこそ寄り添える理由かもしれません。

機能性を重視したプロダクトデザイン

例えばビジネスバッグの場合、クッション性を持たせたパソコン収納用ポケットや、充電器とバッテリーが美しく収納できるマチ付きポケットを施しています。また、持ち運びの負担を減らすために軽量化も大切にしていて、生地の厚みや裏地を調節する手間をかけてでも「機能性」と「デザイン性」の二つを見事に両立させています。

機能性とデザイン性を両立

同店では “個性を表現できる” というコンセプトを大切にしていることから、内側の細かいパーツに差し色を入れてみたり、シルクの生地を挟んでみたり、お客様の価値観を保ちつつアイデアを提案するのが流儀。シンプルにまとまるバイカラーはもちろんのこと、賑やかな雰囲気となるトリコカラーに挑戦することも当然のように叶います。内ポケットに一ヶ所だけアクセントを加えたり、色を散らしてみたり、考える楽しみが広がります。

ギフトシーンで活躍する、多彩なラインナップ

Livelty Tokyo(リベルティ東京)では、注文してから完成するまでのリードタイムも短いため、駆け込みオーダーでも大事なギフトイベントまでに間に合うかもしれません。大切な人を店舗にエスコートして、その場でカスタマイズの楽しみをプレゼントしてみても素敵です。

使う人の名前を刻印する、挨拶代わりの名刺入れ

名刺入れ

ビジネスシーンで日々活躍する名刺入れを、旦那さんや彼氏さんに。初対面の人への印象を左右するものだから、上質かつエレガントな持ち物で好感アピールしたいところですよね。外側は黒でシックに、内側は赤で情熱を表現した名刺入れは、相手の印象に残ること間違いなし。「実はオリジナルデザインの名刺入れです」なんて、会話のきっかけすら生まれ、幸先の良い挨拶シーンになることでしょう。

節目に相応しい、高級感あるクラッチバッグ

クラッチバッグ

人生の大きな節目である還暦のお祝いで、お父さんに革バッグを贈ってみてはいかがでしょう。内側にシルクの生地をあしらえば、大人の嗜みを感じさせる華やかさもプラスされます。気軽に持ち運べるだけでなく、高級感を演出してくれるクラッチバッグは、ディナーやバータイムのお供にもってこい。小粋なバッグは、友人に自慢したくなる外出時のパートナーになります。

旅行先で役立つ、収納力◎な3つ折り財布

3つ折り財布

コンパクトなバッグで身軽に動き回りたい旅行では、3つ折り財布が大いに活躍します。小銭やお札だけでなく、最低限のカード類を収納できれば、楽しい旅の準備は万端。奥さんやお母さんへのギフト向けに、明るいピンクや爽やかな水色を選べば、しっとりと柔和な雰囲気になります。より一層足取りが軽くなり、今まで以上に時間を忘れて散策を楽しめるかもしれません。

Livelty Tokyo(リベルティ東京)の魅力とは

革小物の専門店 Livelty Tokyo(リベルティ東京)の魅力を、オーナーの佐藤氏はこう語ります。「自分らしいもの、独自のこだわりとアイデアが詰まったオーダーメイド革小物が、手の届く金額で購入できる。それが当店の魅力です。パートナーや家族といった大切な人の特別な日に、感謝の気持ちを込めて相手に届ける、そういった使い方をして欲しいと願っています。」

リベルティ東京の魅力

大型のバッグからコンパクトなスマホケースまで、多彩な革アイテムが用意されているため、大小様々なギフトイベントで頼りになるお店です。一見するとシンプルながら、ところどころに遊び心を取り入れ、独自のスタイリングを気軽に追求できる革小物は、個性を大切にする大人の心を掴んで離しません。

革小物のお手入れ・修理について

革小物のお手入れは、初心者にとって未知の世界。自分自身でできる日常的なケアはどうすれば? 汚れが目立ってきたり、壊れてしまったときに修理はしてくれるの? お気に入りの革小物を長く使い続けるためのサービスは、必ずチェックしておきましょう。

お手入れ・修理

Livelty Tokyo(リベルティ東京)では、革小物の使用を始める前に、全体をクレンジングして保護力を高めるケアクリームの塗布をおすすめしています(ケアクリームの販売および指南も可能)。また、汚れが気になってきた場合も、部分的もしくは全体のリカラーを1~2万円で行なっています。使用中に気になる箇所が見つかったら、ぜひお店にご相談ください。

ワークショップ(One Day / Couse Lesson)

ワークショップ

Livelty Tokyo(リベルティ東京)は、本物の革職人体験ができるワークショップの開催も行なっています。デザインのカスタマイズにとどまらず、自らの手で革小物を作り上げたい趣味人にとって貴重な体験になります。家族やカップルでワークショップを予約して、お互いがお互いに完成品を贈り合っても楽しめます。ちょっとした歪みもご愛嬌なレザークラフト体験で、大切な人の愛用品を作り上げてみませんか。

カスタマイズ専門店で、大人の革小物作りを楽しもう

カスタマイズの喜びと興奮を同時に味わえる革小物店が「Livelty Tokyo(リベルティ東京)」。世界中どこを探しても同じものはひとつとして見つからない、オリジナルの革小物を作り上げることができます。自分の革小物をカスタマイズオーダーするうちに、大切な人の顔を思い浮かべプレゼントを考え出してしまうような、優しい気持ちにもなれるお店です。

大人の革小物作り

こだわりのカスタマイズに没頭するためにお一人で、パートナーと楽しみを共有するためにお二人で、革の世界観にどっぷり浸かる至極の体験を味わいに、Livelty Tokyo(リベルティ東京)を訪れてみてください。革小物を自分なりにアレンジして創作する、”大人買い” ならぬ “大人作り” を始めてみてはいかがでしょうか。

ショップの詳しい情報

店名 Livelty Tokyo(リベルティ東京)
住所 〒153-0061
東京都目黒区中目黒3-6-6 Dimora中目黒1F
営業時間 11:00 ~ 19:00
定休日 月曜日・火曜日
最寄駅 東京メトロ日比谷線/東急東横線・中目黒駅から徒歩8分
お問い合わせ info@livelty.com
電話番号 03-6451-2063
ホームページ https://livelty.com/
SNS

本記事は2020年2月15日時点の情報です。

地図で場所を確認

この記事を書いた人

こうの ひろこ

ギフトコンシェルジュ兼webライター。看護師時代に培ったホスピタリティを活かし、贈り相手の「人となり」を想像したプレゼントの見立てを得意とする。子育てに奮闘しながらも、週に1回以上の東京まち歩きと、ショップ巡りをライフワークにしている。

関連記事

  1. 榛原(はいばら)

  2. にしきや

  3. Floats!(フローツ)

  4. cuisson-lucca(キュイソンルカ)

  5. inkstand by kakimori

  6. francjour(フランジュール)

贈り物専門サイト「ギフト・ディノス」
  1. 物欲がない人に贈る、もらっても困らない「消えもの」ギフト

    2020.06.18

  2. 東京まち歩きNo.11 - 南青山

    2020.03.07

  3. 義理の母親の誕生日に、ふわふわぬくぬくのカーディガンを贈ってみた

    2019.11.15

  4. 生まれてから1歳までのお祝い行事に贈る!おすすめのベビーギフト

    2019.11.07

  5. 海島綿のハンカチーフ

    誕生日祝いをくれた友達に、ご縁を繋ぐハンカチのお返しを贈ってみた

    2019.09.16

  1. 12月のギフトイベント

    2017.06.03

  2. 重ねた年齢を祝い、福にあやかる機会「長寿祝い」の意味とその種類

    2019.03.28

  3. 7月のギフトイベント

    2017.06.30

  4. 基本の蝶結び

    2018.01.09

  5. 9月のギフトイベント

    2017.06.18

都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
贈り物専門サイト「ギフト・ディノス」