いざというときに知っておくべき「喪中はがき」のマナー作法と書き方・文例

贈答マナー

おめでたい新年のご挨拶である年賀状も、直近で自分の親族に不幸があった場合は控えることが社会的なマナー。年賀状を毎年送っていた相手に対しては、事前に「喪中はがき」でその旨を通知するとともに、相手からの年賀状も丁寧にお断りすることが大切です。

喪中はがきマナー

喪中はがきを受け取ったことはあっても、いざ自分が出すとなると分からないことは多いもの。ここでは、そんな悩みを解決すべく、喪中はがきのマナーと書き方について解説していきます。丁寧な気持ちを伝える手段として、今一度イチから学んでいきましょう。

喪中はがきとは何か?

「喪中はがき」とは、家族や親戚など近親者が亡くなった場合に出す挨拶状のことで、自身や身内が喪に服している期間であるため、付き合いのある人に対して「新年のお祝いやご挨拶(年賀状)を控えさせていただく」ことをお知らせする目的で送ります。

喪中はがきマナー

喪中はがきは、正式には「年賀欠礼状」や「年賀状挨拶欠礼状」や「喪中欠礼はがき」と呼びます。「欠礼」という言葉が入ることから、自分が「年賀状を出さない」ことを伝えるお知らせが本来的な意味ですが、近年では「年賀状を受け取ることができない」といった意味合いでも利用されています。

喪中はがきマナー

では、亡くなると喪中になる「近親者」とは、何親等までを指すのでしょうか? 一般的には、二親等(祖父母・配偶者の祖父母・両親・配偶者の両親・配偶者・子供・孫・兄弟姉妹・兄弟姉妹の配偶者・配偶者の兄弟姉妹・配偶者の兄弟姉妹の配偶者)までの人が亡くなった場合に喪中はがきを出します。叔父や叔母、甥や姪は二親等に含まれません。

喪中はがきマナー

ただし、現代では故人との関係性によっても異なり、二親等であっても祖父母の場合は喪中はがきを出さないといったケースも増えてきていると言います。また、故人と同居していたかどうかで判断するケースもあるようなので、家族と相談しながら決めておきましょう。

喪中の意味と、喪中はがきの起源

近親者が亡くなった場合、一定の期間に死を悼んで身を慎むことを「喪に服す」と言い「忌服(きふく)」や「服喪(ふくも)」などとも呼ばれます。この期間内のことを「喪中」と言い、慶事を控え、穢れが他の人に移らないよう世俗を避けることが日本古来からの習慣となっています。喪中は、宗派や地域によっても異なりますが、一般的に約1年間と言われています。

喪中はがきマナー

喪中には、喪中はがきを送って年始のご挨拶を割愛するだけでなく、注連縄や門松などの正月飾りを控え、鏡餅や正月料理などのお祝い事も行なわないことが通例です。また、年始の挨拶まわりや神社・仏閣への初詣も一般的に控えるべきことの対象となります。

喪中はがきマナー

「喪」という考え方は、先祖を敬って大切にする教えを説いた中国古来の儒教に基づいています。日本における喪中はがきの習慣は、年始のご挨拶を郵便で送る年賀状が定着した明治期以降から始まったと言われています。元々は、皇室の大喪に対して官吏が出した喪中はがきが起源とされていて、次第に一般庶民間でも広まって現在に至っています。

喪中はがきを送る時期・タイミング

喪中はがきは、相手方が年賀状を出す前に届いている必要がありますが、具体的にはいつからいつまでに送るべきなのでしょうか? 喪中はがきを送る時期には特段の決まりはありませんが、毎年年賀状のやり取りをしている人がその準備を始める前に届いていると、相手も不要な年賀状の準備をせずに済むので心遣いになります。

喪中はがきマナー

また、時期が早過ぎると相手が喪中はがきのことを忘れてしまうため、タイミングを図って送る必要があります。ひとつの指標としては、毎年11月1日頃に始まる郵便局の年賀状販売があります。すなわち、10月下旬頃までに喪中はがきが相手に届いていれば問題ないでしょう。

喪中はがきマナー

次のタイミングとしては、郵便局での年賀状の引受開始が例年12月15日頃からということ。一般的に、年賀状は元日に届くように12月25日までに投函するため、遅くとも12月上旬までには喪中はがきを送るようにしましょう。したがって、喪中はがきを送る時期は「早くて10月下旬、遅くても12月上旬まで」となります。

喪中はがきマナー

ただし、12月に不幸があった場合など、喪中はがきを送る時期が遅くなってしまったケースでは、「寒中見舞い」もしくは「余寒見舞い」を喪中はがきの代用として、遅れてしまったことのお詫びを添えましょう。寒中見舞いなら松の内が明けた1月8日から立春の前日(2月3日頃)まで、余寒見舞いなら立春(2月4日頃)から2月末日までに投函するようにしましょう。

喪中はがきの選び方と書き方

喪中はがきは、郵便局で販売されている「通常はがき・胡蝶蘭」という切手を貼らなくてもよい通常はがき(官製はがき)を用いることが一般的です。山百合や山桜がデザインされた通常はがきは華やかさが際立ち、喪中はがきには相応しくないので注意しましょう。

喪中はがきマナー

また、弔事用切手と呼ばれる切手もありますので、私製はがきを用いて喪中はがきを作る人は、この弔事用切手を利用しても問題ないでしょう。一般的には「弔事用63円普通切手・花文様」と呼ばれる切手がよく選ばれています。

喪中はがきの選び方・デザイン

郵便局では、総合印刷サービスと呼ばれるインターネットで喪中はがきを注文できるサービスがあります。喪中はがきの書体や絵柄、薄墨やモノクロトーンなどの色味を選べたり、喪中はがき専用の文例も用意されているため便利です。

喪中はがきマナー

喪中はがきのデザインは、郵便局や各種テンプレートで様々なものが用意されています。花の絵柄は、その花言葉を故人への想いとして乗せられることからよく選ばれています。定番はやはり胡蝶蘭(コチョウラン)で、他にも蓮(ハス)や桔梗(キキョウ)なども代表的な絵柄です。

喪中はがきマナー

また、喪中はがきをカジュアルにデザインしたいなら、故人が生前に嗜んでいた趣味などを題材にした絵柄を選んでもよいでしょう。趣味や旅行を楽しんでいる故人の写真入りにしても問題ありません。ただし、干支や日の出など年賀状に使用するようなモチーフは避けるようにします。

喪中はがきは、どこで手に入るのか?

喪中はがきは、郵便局で通常はがきを購入もしくは総合印刷サービスを利用するか、コンビニや文房具店などで既に文章が印刷されたテンプレートを購入するか、ハガキ作成ソフトなどを使って自分で印刷するか、という選択肢が主にあります。ここでは、amazonで購入できる喪中はがきをいくつかピックアップしてご紹介します。

喪中はがき(胡蝶蘭切手付官製ハガキ)

シンプルな喪中欠礼の文面に、胡蝶蘭の写真がプリントされた、切手が要らない官製はがきです。故人の情報(続柄・氏名・享年など)が入っていないテンプレートタイプなので、誰が亡くなったのかは分からないようになっています。喪中はがきを送る日付や差出人の住所・氏名など、手書きで追記しても良いでしょう。


喪中はがき(選べるテンプレート)

蓮や桔梗など8種類の絵柄から選ぶことができ、注文枚数を柔軟に変更できる便利な喪中はがきです。注文後に販売元とのメールのやり取りで、差出人の住所と氏名を伝えてプリントして貰うことが出来ます。切手が付いていない私製はがきなので、別途切手を購入する必要があることに注意してください。


寒中見舞いはがき(喪中タイプ)

喪中はがきを送る時期(10月下旬~12月上旬)を逃してしまった場合に、寒中見舞いとしてお知らせするための寒中見舞いはがきです。故人の情報が入っていないテンプレートタイプで、シンプルな花の絵柄が描かれている切手不要の官製はがきです。


余寒見舞いはがき(喪中タイプ)

喪中はがきを送る時期(10月下旬~12月上旬)を逃してしまい、さらに寒中見舞いの時期(1月8日から立春の前日)も逃してしまった場合に、余寒見舞いとしてお知らせするための余寒見舞いはがきです。こちらも故人の情報が入っていないテンプレートタイプで、切手不要の官製はがきです。


喪中はがきの書き方と注意するポイント

一般的にハガキは、宛名面に書く内容を「表書き」、文面に書く内容を「裏書き」と言います。喪中はがきでは、差出人(自分)の住所と氏名は裏書きに含めることが一般的ですが、表書きと裏書きのどちらでもマナー違反にはならないようです。

喪中はがきマナー

住所と氏名を宛名面に入れる場合は、縦書きならハガキの左下に書き、氏名は世帯主の個人名でも夫婦連名でも問題ありません(子供の名前は書かない)。弔事では文面を薄墨で書き、故人を悼む涙で墨が薄くなったことを想起させる方法がありますが、宛名面は黒色ではっきりと書くことが望ましいと言われています。

喪中はがきマナー

文面の裏書きにはいくつかルールがあり注意が必要です。大きなポイントとしては、弔事に関わる手紙であることから「前文を省略する」、手紙全般での正式なマナーとして「句読点を入れない」「行頭の一字下げをしない」「漢数字で表記する」といったことに注意しましょう。

喪中はがきマナー

文面の流れとしては、①喪中につき年始の挨拶を欠礼する主文、②誰がいつ何歳で亡くなったのかを示す故人の情報、③感謝・お礼・お詫びなどの言葉と結びの挨拶、④喪中はがきを出す日付、⑤差出人の住所と氏名、とすることが一般的です。

喪中はがきマナー

①の主文では、「年賀」などの祝い言葉は避けますが、「年始」「年頭」「新年」は使用できます。②の故人の情報では、原則的に故人の名前はフルネームで書き、亡くなった年齢(享年)については数え年で書くことが一般的です。続柄には「義理」という言葉は使わず、妻の親の場合は妻の父(岳父)や妻の母(岳母・丈母)などと書きます。④の日付では、ハガキを出した年月を漢数字で書くようにしましょう。

喪中はがき(挨拶文・添え書き)の文例

(1)定番の文章
喪中につき新年のご挨拶を慎んでご遠慮申し上げます
本年〇月 父 〇〇〇が〇〇歳にて永眠いたしました
生前賜りましたご厚情に深く感謝いたしますとともに
明くる年も変わらぬご交誼のほどをお願い申し上げます

令和〇年〇月

〒〇〇〇-〇〇
〇〇県〇〇市〇〇〇 〇-〇-〇
差出人の氏名

(2)家族葬の場合
服喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます
令和〇年〇月に母 〇〇〇(享年〇〇歳)が永眠いたしました
葬儀におきましては 故人の生前の意志により
誠に勝手ながら 家族のみにて執り行いました
本来ならば早速申し上げるべき処でございましたが
ご通知が遅れましたこと深くお詫び申し上げます
本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに
明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます

令和〇年〇月

〒〇〇〇-〇〇
〇〇県〇〇市〇〇〇 〇-〇-〇
差出人の氏名

(3)クリスチャンの場合[主文は無し]
本年〇月に夫 〇〇〇が〇〇歳で天に召されました
つきましては新年のご挨拶をご遠慮申し上げます
ここに生前に賜りましたご厚情に御礼申し上げますとともに
明年も変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます
寒さに向かう折柄皆様のご健勝をお祈りいたします

令和〇年〇月

〒〇〇〇-〇〇
〇〇県〇〇市〇〇〇 〇-〇-〇
差出人の氏名

故人が既に年賀状を出していた後の対応

一般的に喪中期間には、年賀状などの新年の挨拶を控えることがマナーです。ただし、故人が既に年賀状を出した後(12月中旬以降)に亡くなるといったケースも存在します。そういった場合には、出した年賀状の取り戻しを行なうか、寒中見舞いで改めてご挨拶するという方法があります。

取り戻しする場合

年賀状を出した直後であれば、郵便局に対して取り戻し請求ができます。発送済で取り戻しができない場合や料金がかかる場合もありますが、郵便局にまずは相談してみることをおすすめします。

喪中はがきマナー

郵便局に取り戻し依頼をする際には、投函したポストの住所と取集郵便局の情報が必要になりますので事前に確認しておきましょう。回収できた作成済の年賀状については、喪中であれば無料でハガキや切手に交換してもらえる場合があります。

寒中見舞いで改めて通知する場合

既に年賀状を出していて相手からも年賀状が届いている場合は、改めて喪中はがきを出す必要はなく、代わりに寒中見舞いで故人が亡くなったことをお知らせするようにしましょう。その場合、松の内が明けた1月8日から立春の前日(2月3日頃)までに寒中見舞いを送り、一言お詫びを添えると良いでしょう。

年賀状を出した後の寒中見舞い文例
寒中お見舞い申し上げます
ご丁寧なお年始状をいただきまして
誠にありがとうございました
去る〇月〇日 父〇〇〇が〇〇歳にて永眠いたしました
早速お知らせ申し上げるべきところでございましたが
ご通知が遅れましたことを深くお詫び申し上げます
生前賜りましたご厚情に深く感謝いたしますとともに
明年も変わらぬご交誼のほどをお願い申し上げます

令和〇年〇月

人が亡くなったとき、遺族は悲しみに暮れることもさることながら、一刻も早く生前から故人と関わりがあった人に伝えたいと思うもの。しかしながら、通夜・葬式・告別式などと続くことで、訃報を通知する範囲は限られてくるでしょう。喪中はがきは、特に親族以外の人が逝去を知ることのできる貴重な機会。身内で不幸があったら、心の片隅に喪中はがきのことを留めておくようにしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

週間ランキング

  1. 1

    結婚式の受付でご祝儀を渡すとき、スマートなあいさつとは?

  2. 2

    お祝いをもらったりご馳走になったら心掛けたい「お礼の電話」マナー

  3. 3

    謝意を丁寧に表す手段「お礼状」を送るタイミングと書き方マナー

  4. 4

    相手方の印象に残る!両家顔合わせの食事会でオススメしたい「手土産」20選

  5. 5

    東京まち歩きコレクション - 散歩No.23 代々木上原|大人グルメと神聖な建造物に異国文化を感じる、春のポてポてさんぽ

  6. 6

    物欲がない人に贈る、もらっても困らない「消えもの」ギフト

  7. 7

    お宅訪問で気をつけよう!玄関の上がり方やお茶のいただき方マナー

  8. 8

    デキる社会人と思われる、上司に対する贈り物マナー

  9. 9

    突然の来客でも大丈夫!お茶出しでおもてなしの心を表現する方法

  10. 10

    東京まち歩きコレクション - 散歩No.07 中目黒|目黒川沿いのカフェ&ショップを巡る旅

おすすめ ショップ おくりもの
  1. 東京まち歩きコレクション - 散歩No.16 吉祥寺|旅する吉祥寺をテーマに、世界の輸入雑貨をめぐる

  2. 世界にひとつだけの特別なオーダーノート

  3. まかないこすめ

  4. NEWE(ニュー)

  5. 結婚式の受付を依頼されたら要チェック!当日の流れや受け答えマナー

  6. FAR EAST BAZAAR(ファーイーストバザール)渋谷ヒカリエ店

  7. 敬老の日に贈りたい、大好きな祖父母への思いやりギフト

  8. にじゆら(染めこうば店)

  9. 世代を超えて愛される逸品ギフト、職人が手掛ける「調理道具」の贈り物

  10. Pen Boutique 書斎館(しょさいかん)

  1. L’epice et Epice(レピス・エピス)

  2. LIVRER MISHUKU(クリーニング リブレ 三宿ストア)

  3. Livelty Tokyo(リベルティ東京)

  4. スワロフスキー(Swarovski)銀座

  5. TRAVELER’S FACTORY(トラベラーズファクトリー)

  6. Pen Boutique 書斎館(しょさいかん)

  7. NOOKS FOODS(ヌークスフーズ)

  8. 小宮商店(こみやしょうてん)東日本橋ショップ

  9. 榛原(はいばら)

  10. CLASSICS the Small Luxury(クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ)

  1. お母さんのために贈る、野菜たっぷりスープの出産祝い

  2. ささやかな気持ちを込める、ひとひらの刺繍入りハンカチーフ

  3. 心に刻み込まれる思い出、ソウ・エクスペリエンス「体験ギフト」の魅力

  4. 洗濯のお悩み解決ギフト、服をアンチエイジングするランドリーソープ

  5. 極上の空間で心身を癒す「オリーブスパ」のトリートメントチケット

  6. 繊細な女性の心身をヘルシーに、美しく。アジアの叡智「台湾漢方」ギフト

  7. 口福感あふれる絶品ミートを届ける、フルオーダーカットの黒毛和牛ギフト

  8. 生活に彩りをもたらす「九谷和グラス」、二つの伝統工芸が織りなすエレガントな調和

  9. サロン帰りのような心躍るツヤ髪に、世界中のプロが認める「ダヴィネス」ヘアケア

  10. オーダーメイドで愛を込める「サンジョルディフラワーズ ザ・デコレーター」のフラワーギフト

最新の記事

  1. belle-de-savon(ベルデサボン)

  2. 南仏の香りを届けるフランス産ルームフレグランス

  3. tuti bella(トゥティベラ)

  4. とびっきり可愛くなれる憧れのプリンセスドレス

  5. 灯りと香りを楽しむラグジュアリーなアロマキャンドル

  6. natural light candle company(ナチュラルライトキャンドルカンパニー)

  7. にしきや

  8. 化学調味料が無添加のごちそうレトルト

  9. ロンドン生まれの本格フレグランスランプ

  10. RROZESTT(ロゼスト)

ピックアップ記事

  1. おうちカフェ&パーティーを盛り上げる! レトロ可愛い「Toffy」のキッチン家電

  2. DAYLILY(デイリリー)誠品生活日本橋店

  3. 厳選された素材の口福な味わいを愉しむ、名店「とうふ屋うかい」の自家製豆腐ギフト

  4. 心のこもった「香典返し」を贈るためのマナー作法と、オススメしたい品物20選

  5. 祝福の意味を込めた「結婚祝い」にオススメしたいプレゼント30選

  6. TOKYO COWBOY(トウキョウカウボーイ)

  7. 相手方の印象に残る!両家顔合わせの食事会でオススメしたい「手土産」20選

  8. 東京まち歩きコレクション - 散歩No.24 高円寺|芸術とスパイスで猛暑知らず!雨上がり高円寺ウォーク

総合ランキング

  1. 1

    祝福の意味を込めた「結婚祝い」にオススメしたいプレゼント30選

  2. 2

    お祝いをもらったりご馳走になったら心掛けたい「お礼の電話」マナー

  3. 3

    物欲がない人に贈る、もらっても困らない「消えもの」ギフト

  4. 4

    結婚式の受付でご祝儀を渡すとき、スマートなあいさつとは?

  5. 5

    謝意を丁寧に表す手段「お礼状」を送るタイミングと書き方マナー

  6. 6

    お宅訪問で気をつけよう!玄関の上がり方やお茶のいただき方マナー

  7. 7

    デキる社会人と思われる、上司に対する贈り物マナー

  8. 8

    突然の来客でも大丈夫!お茶出しでおもてなしの心を表現する方法

  9. 9

    結婚式の受付を依頼されたら要チェック!当日の流れや受け答えマナー

  10. 10

    東京まち歩きコレクション - 散歩No.07 中目黒|目黒川沿いのカフェ&ショップを巡る旅

新着 おすすめ コラム
  1. belle-de-savon(ベルデサボン)

  2. 南仏の香りを届けるフランス産ルームフレグランス

  3. tuti bella(トゥティベラ)

  4. とびっきり可愛くなれる憧れのプリンセスドレス

  5. 灯りと香りを楽しむラグジュアリーなアロマキャンドル

  6. natural light candle company(ナチュラルライトキャンドルカンパニー)

  7. にしきや

  8. 化学調味料が無添加のごちそうレトルト

  9. ロンドン生まれの本格フレグランスランプ

  10. RROZESTT(ロゼスト)

  1. Livelty Tokyo(リベルティ東京)

  2. LIVRER MISHUKU(クリーニング リブレ 三宿ストア)

  3. Pen Boutique 書斎館(しょさいかん)

  4. ちえの木の実

  5. L’epice et Epice(レピス・エピス)

  6. CLASSICS the Small Luxury(クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ)

  7. NOOKS FOODS(ヌークスフーズ)

  8. スワロフスキー(Swarovski)銀座

  9. 小宮商店(こみやしょうてん)東日本橋ショップ

  10. 榛原(はいばら)

  1. 心に刻み込まれる思い出、ソウ・エクスペリエンス「体験ギフト」の魅力

  2. ささやかな気持ちを込める、ひとひらの刺繍入りハンカチーフ

  3. オーダーメイドで愛を込める「サンジョルディフラワーズ ザ・デコレーター」のフラワーギフト

  4. 口福感あふれる絶品ミートを届ける、フルオーダーカットの黒毛和牛ギフト

  5. 洗濯のお悩み解決ギフト、服をアンチエイジングするランドリーソープ

  6. 極上の空間で心身を癒す「オリーブスパ」のトリートメントチケット

  7. 生活に彩りをもたらす「九谷和グラス」、二つの伝統工芸が織りなすエレガントな調和

  8. 繊細な女性の心身をヘルシーに、美しく。アジアの叡智「台湾漢方」ギフト

  9. サロン帰りのような心躍るツヤ髪に、世界中のプロが認める「ダヴィネス」ヘアケア

  10. お母さんのために贈る、野菜たっぷりスープの出産祝い

ピックアップ記事

  1. L’epice et Epice(レピス・エピス)

  2. スワロフスキー(Swarovski)銀座

  3. Pen Boutique 書斎館(しょさいかん)

  4. TRAVELER’S FACTORY(トラベラーズファクトリー)

  5. CLASSICS the Small Luxury(クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ)

  6. Livelty Tokyo(リベルティ東京)

  7. NOOKS FOODS(ヌークスフーズ)

  8. 榛原(はいばら)

月間ランキング

  1. 1

    結婚式の受付でご祝儀を渡すとき、スマートなあいさつとは?

  2. 2

    お祝いをもらったりご馳走になったら心掛けたい「お礼の電話」マナー

  3. 3

    相手方の印象に残る!両家顔合わせの食事会でオススメしたい「手土産」20選

  4. 4

    謝意を丁寧に表す手段「お礼状」を送るタイミングと書き方マナー

  5. 5

    物欲がない人に贈る、もらっても困らない「消えもの」ギフト

  6. 6

    お宅訪問で気をつけよう!玄関の上がり方やお茶のいただき方マナー

  7. 7

    東京まち歩きコレクション - 散歩No.23 代々木上原|大人グルメと神聖な建造物に異国文化を感じる、春のポてポてさんぽ

  8. 8

    デキる社会人と思われる、上司に対する贈り物マナー

  9. 9

    突然の来客でも大丈夫!お茶出しでおもてなしの心を表現する方法

  10. 10

    東京まち歩きコレクション - 散歩No.04 日本橋 | 東京駅から室町まで日本橋エリアの散策コース

TOP