日本橋に佇まう、伝統的な和紙の専門店「榛原」
東京日本橋タワー敷地内に位置する、榛原の日本橋本店
和の雰囲気を醸し出す、榛原日本橋本店の落ち着いた店内
装飾が見事なお祝用の金封やのし袋を、豊富に取り揃える
手のひらサイズでカジュアルな、ちいさい蛇腹便箋

榛原(はいばら)

江戸幕府1代目将軍、徳川家康によって整備された日本橋エリア。日本橋魚市場が賑わったことを皮切りに、乾物や干物屋、魚を調理するための刃物屋、商人のための食事処などが次々と建てられ、次第に街が繁栄していきました。

榛原

古くからの老舗が多いこの街に「一筆墨をのせると、滑らかな筆あたりで、文字がきれいに書ける」と、雁皮紙(がんぴし)で一躍有名になった和紙のお店があるのをご存知でしょうか。現在は東京日本橋タワーの正面に凛と佇まう店舗、それが「榛原(はいばら)」です。

榛原千代紙「色硝子」をモチーフとした端麗な外観

榛原

榛原の伝統的な柄「色硝子」をモチーフとした「3Dカワラブリック」で構成された日本橋本店の外観は、時間軸によって多様な表情を見せます。

榛原

日中は、多面的な表面に日光が注ぐことで陰影が生じ、多様な「色硝子」の菱型文様が浮かび上がります。夜間のライトアップ時は、菱形の開口から漏れる間接照明によって、菱型文様が美しいグラデーション状に変化します。

榛原でおすすめの商品

日本橋の和紙小間物販売店から始まった歴史

文化三年(1806年)、初代佐助が日本橋に和紙小間物販売店を開業したことが榛原の始まりです。創業以来一貫して和紙および和紙製品を扱い、特に看板商品となった雁皮紙(がんぴし)は、滑らかで墨つきが良いと、文人や墨客を中心に愛好されました。

榛原

1870年代に開催されたウィーン万国博覧会やパリ万国博覧会には、日本国を代表して和紙を出品し、褒状(ほうじょう)を授与されるなど和紙の魅力を世界に知らしめます。また、郵政黎明期には官製はがきや罫線付きの便箋を製作し、手紙文化の発展に寄与したといわれています。創業からいつの時代も、国内外での和紙の普及に一役買っていました。

歴代の店主によって伝統が継承

榛原

三代目の時代には、明治の一流絵師らとも交流をもち、彼らの図案を用いた千代紙、便箋、うちわなどは時代を超えて人気を博しています。七代目となる現在も、全国各地に伝わる良質な和紙を扱うと同時に、木版摺りの金封・便箋などの伝統技術を維持しています。

文化的な価値のあるロゴデザイン

榛原

ロゴの赤い円は、古くから伝承してきたマーク。明治大正期を経て今に伝わっているものと言われています。明治期くらいにデザインされたものと伝えられているそうですが、現在では知る由もありません。何をもとに考案されたのか、想像するのもロマンがあります。

大判手漉き和紙と大判千代紙が飾られた店舗内装

榛原

榛原の店内は、温かみのある照明に照らされ、壁や天井の和紙をより一層魅力的に映します。また、色硝子がモチーフになっている天井とカウンターにもお店のこだわりが詰まっていて、空間演出には目を見張るものがあります。

榛原

榛原の日本橋本店に訪れるお客様

榛原に訪れるお客様は、幅広い年代の女性が多いとのこと。そんな女性達に人気の商品が、金封や便箋類であり、手紙を頻繁に書く方は蛇腹(じゃばら)便箋を購入されていくそうです。また、千代紙を使った御朱印帳や小物入れも評判がよく、贈り物として人気を博しています。

榛原

千代紙で作られた小物や御朱印帳が人気の一品

小物や御朱印帳に使われている「榛原千代紙」は、国内で職人により手間隙かけて色をのせています。榛原千代紙とは、幕末明治期から現代に至るまで、多くの美術家に依頼した創作図案を工夫したオリジナル千代紙で、華やかなデザインが特徴です。写真の六角筆筒などにも用いています

榛原

毎年心待ちにする千代紙カレンダー

毎年9月の下旬頃には、千代紙カレンダー(壁掛け、卓上タイプ)が販売されます。代々伝わる千代紙の柄が使われた季節感のあるカレンダーで、毎年発売を心待ちにしているファンも多いといいます。異なる魅力をもつ柄を、1年を通して楽しむことのできる一品です。

榛原

木版摺りの金封類もおすすめ

榛原で、贈答の機会に購入されることが多い商品は、お慶びの場にうってつけな、色鮮やかな木版摺りの金封類です。図案を彫った木版を、1色につき1枚使うため、複数の版木により色を重ねています。

榛原

ぜひ訪れたい、東京日本橋で二百年続く和紙舗

日本文化の発信地として、その魅力を余すことなく伝え続けてきた榛原。二百年以上も前から人々の人気を集めた商品が、現代も国内外で評価され続けていることは、日本人なら誰しもが誇らしく思います。代々伝わってきた古典的なデザインを過去のものとせず、未来へと繋いでいくために変化させることは、老舗にしか成すことのできない使命だと感じます。

榛原

書き心地抜群の和紙、職人の手仕事で作られた華やかな金封、和紙をより身近に感じる可愛らしい榛原千代紙。榛原は、あなたの生活に寄添う逸品が見つかる和紙のお店です。是非とも日本橋本店を訪れ、肌感覚で和紙をお楽しみください。

ショップの詳しい情報

店名 榛原(はいばら)
住所 〒103-0027 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー
営業時間 [月~金] 10:00 ~ 18:30
[土・日] 10:00 ~ 17:30
休業日 祝日、年末年始
最寄駅 日本橋駅(東京メトロ銀座線・東西線、都営浅草線)B6出口直上
電話番号 03-3272-3801
ホームページ https://www.haibara.co.jp/
SNS

本記事は2018年9月12日時点の情報です。

地図で場所を確認

この記事を書いた人

こうの ひろこ

ギフトコンシェルジュ兼webライター。看護師時代に培ったホスピタリティを活かし、贈り相手の「人となり」を想像した、プレゼントの見立てを得意とする。週に1回以上、東京での街歩きと、ギフトショップ巡りを欠かさない。

関連記事

  1. PRO-MENER(プロムネ)

  2. LIGHT UP COFFEE(ライトアップコーヒー)

  3. OTIUM(オティウム)

  4. SABON GOURMET(サボングルメ)

  5. 銀座夏野(なつの)

  6. NEWE(ニュー)

  1. 義理の母親の誕生日に、ふわふわぬくぬくのカーディガンを贈ってみた

    2019.11.15

  2. 生まれてから1歳までのお祝い行事に贈る!おすすめのベビーギフト

    2019.11.07

  3. 海島綿のハンカチーフ

    誕生日祝いをくれた友達に、ご縁を繋ぐハンカチのお返しを贈ってみた

    2019.09.16

  4. 料理好きの人に贈りたい!手料理がグレードアップするキッチンギフト

    2019.08.30

  5. 1000円ギフトでささやかな心配り、程よいプチプレゼントのススメ

    2019.07.21

  1. お宅訪問で気をつけよう!玄関の上がり方やお茶のいただき方マナー

    2018.11.30

  2. 郵送のギフトで差をつける!意外と知らない「送り状」のマナー

    2018.11.14

  3. 結婚式のご祝儀マナーは大丈夫? 金額相場や書き方を一気におさらい

    2018.11.01

  4. 贈り手の心遣いとセンスが表れる「お見舞い品」の贈答マナー

    2019.03.11

  5. 夫婦の軌跡をものがたる、「結婚記念日」の数え方と意味まとめ

    2019.04.03

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」