もっと自由に、とことん自分仕様に、独自のカスタイマイズを楽しめる革小物
ラグジュアリーとカジュアルを、見事に両立させたデザイン
種類豊富なカラーバリエーションを扱かう、品揃えの充実性
厳選されたヨーロッパ原産のマテリアル素材を使用できる
熟練の革職人が仕立て上げる、確かなオーダーメイド技術
先端テクノロジーを駆使して実現する、嬉しいスピード納期

まるでオートクチュールの仕上がり、大人のカスタマイズ革小物

大切な人の誕生日祝いや節目の記念日ギフトに、革小物を贈ろうと考えたことはありませんか? 強くしなやかな手触り、刻々と渋みをます経年変化。それらがもたらす成熟した大人感。そして、革の素材ごとに異なる質感を楽しめることから、自分の個性を表現する手段として、革小物は人々を魅了して止みません。

革小物の魅力

総じて選び取りやすいブランドものは避け、大人の嗜みを感じさせる「本物」をプレゼントしたい。もちろん、色合いや革の質感は相手の好みに合わせて自由に選び、唯一無二を感じさせる洒落た刻印も施したい。ただ、そんな条件すべてを満たす革小物に出会うことは、そう簡単なことではありませんよね。

革の色合い

今回は、革の材質・デザイン・色(カラー)を、自分仕様にとことんまでカスタイマイズできる革小物をご紹介します。上等なものをサラリと使いこなす大人の男性や、ファッションセンスに優れた個性派の女性に。プライベートからビジネスシーンまでを、上品かつモダンに彩るカスタマイズ革小物がおすすめです。身のまわりのアイテムに遊び心を加えて楽しみたい、中堅のビジネスパーソンにもいかがでしょう。

革小物の体験型オーダーメイド専門店

リベルティ東京の外観

いま評判のカスタマイズ革小物をオーダーできるショップが、東京・中目黒に店舗をかまえる「Livelty Tokyo(リベルティ東京)」。革バッグ・革小物の体験型オーダーメイド専門店です。”オートクチュールをもっと身近に” というコンセプトを掲げ、お客様一人一人に寄り添ったオーダーメイド品を気軽に選べるところが、同店の最大の魅力です。

リベルティ東京のブランドイメージ

店名の「Livelty(リベルティ)」には、”自ら自由を勝ち取りに行く” という意味の「Liberty(リバティ)」、そして “しなやかで上質” といった意味合いの「Velvety(ベルベティ)」が掛け合わされ、使う人が自分の色を表現して欲しいという願いが込められています。また、店名に添えられた「Tokyo」には、品質の高いメイドインジャパンの皮革製品を、海外に向けて発信していきたい “東京発世界へ” の力強いメッセージ性がうかがえます。

はじめてのオーダーメイドでも安心の気軽さ

Livelty Tokyo(リベルティ東京)は、革小物ではめずらしいオーダーメイドの専門店。革小物をカスタマイズオーダーした経験のない人でも、気軽にアイテム作りを楽しめるような気配りが随所に散りばめられています。デザインや革の知識がなくてもご安心ください。店内の革見本を参考に、スタッフと相談しながら世界でひとつだけの革ギフトを作りましょう。

カスタマイズオーダー

カスタマイズの真髄とは、細部にまでデザインをこだわったり、自由な素材・色(カラー)の組み合わせによって個性を表現できるとともに、パーソナルな使い勝手を追求したオリジナルのアイテムを生み出せることだといいます。

オリジナルのアイテム作り

同店では、ポケットの革質やステッチの色味など、一見しただけではわからないほどのこだわりにも対応してくれるため、自分や贈り相手だけに許された “遊び” を存分に楽しむことができます。また、「カードがたくさん入る小銭入れ」や「持ち手が太めのバッグ」など、使う人のライフスタイルや好みに合わせた機能変更であっても懇切丁寧に相談に応じてくれます。

ブティックスペースでのカスタマイズ制作の流れ

Livelty Tokyo(リベルティ東京)でのカスタマイズ制作は、ブティックスペースの対面カウンターで、画像シミュレーションを行ないながら進めていきます(動画参照)。完成イメージを横目に製品づくりを進めることができるため、圧倒的に仕上がりの想像がしやすいと評判を得ています。革の質感や色に迷うことがあっても、実物の革見本を参考にしながら、納得のいくまで理想形に近付けることができます。

そのファーストステップは、基本となるパーツや製品デザインを選択することから始まり、セミオーダーのごとく流れるように革やカラーを決めていきます。例えば、ロングウォレットならば「アウター(外側)」、「インナー(内側)」、そして「アクセント」。3か所それぞれの革素材とカラーを自由に選ぶことができます。

バッグ類

同店では、バッグや財布など商品ジャンルごとに価格設定がされているため、追加料金が発生することなく革素材や色のカスタマイズが可能。予算に合わせたギフト選びをしやすい点も嬉しいポイントです。(注:サイズ・形の変更は、1.5倍の料金。バッグのみ「持ち手」と「横幅サイズ」の変更は料金据え置き。)

ご相談はスタッフまで

細やかなこだわりを取り入れたい方は、ぜひスタッフに相談してみてください。細部に至るまで要相談でカスタマイズできる対応力は、他では類を見ない柔軟性を誇ります。「カードをたくさん持ち歩きたい彼に、カードポケットを限界まで増やしたコインケースを」「読書家の奥さんに、ちょっとしたメモが挟めるブックカバーを」など、アイデア次第で秀逸なパーソナルギフトが出来上がります。

名入れオプション

仕上げ工程では、オーダーメイド品に無料で入れられる刻印(名入れ)オプションをおすすめします。名入れは、特別なギフトシーンでの贈り物に欠かすことのできない “ワンポイントアップ” の加味。金もしくは銀の箔押し、さらに素押しの中から選択でき、おおむね好きな箇所に自由に刻印することが可能です。ローマ字で「イニシャル_ドット_名前(例:Hiroko.K)」など、相手の名前を入れるのが定番です。

ラッピング

ラッピングは、巾着にくるまれた上にネイビーで重厚感あるギフトボックスに入れてもらえます。希望に応じてプレゼント用のリボンを付けるサービスもあり、開封前から贈り相手の気持ちを高めてくれます。製造工程が完了した革小物は、後日郵送もしくは店舗での受け取りとなります。完成を待ちわびる時間も、心はずむ素敵な時間になることでしょう。

随所に散りばめられた、プロダクトへのこだわり

Livelty Tokyo(リベルティ東京)での革小物作りは、カスタマイズの柔軟性にとどまらず、確かな品質もおすすめできる所以です。デザイン・素材・色合い、そして特筆すべきは製作期間に至るまでのこだわりが、革小物ギフトをさらにもうひと押し、特別な逸品へとグレードアップしてくれます。

①ラグジュアリー&カジュアルデザイン

ラグジュアリー&カジュアルデザイン

デキるビジネスマンにとって外せない “機能性” はもちろんのこと、持つ人に品を感じさせる「ラグジュアリー&カジュアルデザイン」がコンセプト。例えば、外観は革らしくスマートに仕上げ、バッグの裏地にイタリアのシルク生地を貼ることで遊び心をチラリと魅せる逸品に仕上げることも可能です。要望があれば生地さえ自由に選べるというデザインの柔軟性も同店の魅力です。

②厳選された上質なレザーマテリアル

厳選された上質革

Livelty Tokyo(リベルティ東京)が取り扱う革素材は、ヨーロッパ原産の高級レザーです。イタリア、ドイツ、フランス、イギリスなどの高級カーフをはじめ、厳選された上質の革だけを用意しています。革ごとに質感が異なるため、同じデザインでも選ぶ革によって印象がガラッと変わります。華やか、クール、上品、ワイルド系など、使う人がどんな雰囲気なのか想い浮かべながら選んでください。

③種類豊富なカラーバリエーション

カラーバリエーション

店内に飾り吊るされているのは、「発色がとても美しく、カラーバリエーションも豊富」とオーナー太鼓判のヨーロピアンレザーの数々。「色で遊んでほしい」という願いから選ばれた豊かなバリエーションは、定番色からパッと目を引くブライトカラーまで多種多様を極めます。外側はベーシック色で、内側のパーツは鮮やかな色で個性をプラスする、なんて贅沢な色遊びを楽しめます。

④熟練された確かなオーダーメイド技術

オーダーメイド技術

カスタマイズでオーダーされたすべての製品が、国内の熟練革職人によって一つ一つ丁寧に製作されます。国内外の高級オートクチュールメゾンの商品も多数手がけていて、その確かな技術力が大切な人への贈り物を華美に仕上げていきます。オーダーメイド専門店と銘打つに相応しい、安心感のある品質を実現しています。

⑤一貫体制で実現するリードタイム

リードタイムの速さ

驚くべきは、注文から完成までのスピード感。一般には個人店であっても、完成までに3~4ヶ月程度かかるといわれる革小物のカスタムオーダー。Livelty Tokyo(リベルティ東京)は一貫体制を敷くこだわりから、スマホケースなら最短3日間で手元に届きます。オーダーしたての興奮冷めやらぬうちに、製品が手元に届けば感動もひとしお。間近に迫る大切な人のパーソナルイベントに、きっちり間に合わせたい人にとっても強い味方となりますね。

シチュエーションで選ぶ、おすすめの革小物ギフト

機能性がありながら、温もりさえも感じさせるカスタマイズ革小物は、様々なお祝いイベントでの活躍が見込まれます。ファッションにこだわりの強い人や、既に持っているレザーアイテムの新調時期を迎える人は、身近にいらっしゃいますか? 個性とセンスがきらめくオリジナル革小物で、大切な人をあっと驚かせてみましょう。

ビジネスシーンでも人目を惹くスマートな長財布

スマートな長財布

普段から持ち物の少ないミニマリストの男性に、スマートな長財布はいかがでしょう。仕事の合間やランチ時の持ち歩きに丁度よい、ビジネスシーンでのマストアイテムは、就職祝い・昇進祝い・転職祝いなどに喜ばれます。青・紫・黒などの寒色系を選ぶとよりクールな印象に。

ギフトイベントでモテウケするスマホケース

スマホケース

男女問わず、現代で定番のウケギフトはスマートフォンケースだといわれています。中目黒デートに Livelty Tokyo(リベルティ東京)のコースを組み入れ、彼女に選んでもらえば楽しい休日ショッピングになること間違いなし。「内ポケットは不要」、「ストラップを付けたい」などの要望もぜひ相談してみてください。こだわりをギュッと濃縮したスマートフォンケースは、長く付き合い続ける名パートナーになることでしょう。

夫婦のアニバーサリーにお揃いの名入れアイテム

名入れアイテム

夫婦やカップルで同店を訪れ、お互いがお互いをコーディネートしてみても楽しいかもしれません。同じ苗字のイニシャルとそれぞれの名前の刻印を入れたなら、夫婦仲良くペアアイテムの完成です。自宅の鍵を収納するキーケースなら、外出から一人で帰宅する際も、オーダー時の楽しい風景を思い出す素敵な贈り物に。バッグに入れておいても、なんとも心強い “御守り” のようなアイテムになります。

世界にひとつだけの、オリジナルギフトを贈ろう

オリジナルギフトを贈ろう

贈り相手のことをイメージしながら創作するカスタマイズ革小物は、世界にひとつだけのオリジナルギフト。上質な革によって人柄が表現された大人のアイテムは、個性を出しつつも更なるセンスアップの一助を担います。エイジングと呼ばれる経年変化も、年月を重ねるごとに味わい深いツヤ感を醸し出してくれます。

カスタマイズ革小物

誕生日祝いやクリスマスプレゼントにとどまらず、バレンタイン&ホワイトデー、父の日&母の日、節目の結婚記念日ギフトにも、オリジナルにカスタマイズされた革小物を贈ってみてはいかがでしょう。Livelty Tokyo(リベルティ東京)で仕立て上げられた特別なプレゼントで、人生の愉しみ方をコーディネートしてあげましょう。

取り扱い商品の詳しい情報

主なラインナップ
  • スマートビジネスバッグ N_SBB-02/¥98,000円(税抜)
  • クラッチバッグ/¥60,000円(税抜)
  • スマートラウンドウォレット C_SRW-01/¥23,000円(税抜)
  • 名刺入れ/¥18,000円(税抜)
  • スマホケース/¥14,300円(税抜)

※ すべてカスタムオーダー費用込みの値段です。

刻印(名入れ)
  • 文字:ローマ字のみ
  • 字数:「イニシャル.名前or氏名」程度(要相談)
  • 刻印場所:自由
  • 種類:金もしくは銀の箔押し、素押し
ギフトラッピング
  • 無料
  • 希望があればリボンラッピングも可

▸ をクリックすると、詳細な情報が表示されます。

この商品を売っているショップ

この記事を書いた人

こうの ひろこ

ギフトコンシェルジュ兼webライター。看護師時代に培ったホスピタリティを活かし、贈り相手の「人となり」を想像したプレゼントの見立てを得意とする。子育てに奮闘しながらも、週に1回以上の東京まち歩きと、ショップ巡りをライフワークにしている。

関連記事

  1. フルーティな香りと食味、縁起物としてのオリーブオイル

  2. 職人が創成する本物の革小物(レザーアイテム)

  3. 南国のヒーリングパワーが詰まったオーガニックソープ

  4. ロンドン生まれの本格フレグランスランプ

  5. 思わず口にしたくなる、甘いスイーツのようなナチュラル石鹸

  6. 一流ホテルも認める、素材にこだわった絶品グラノーラ

贈り物専門サイト「ギフト・ディノス」
  1. 季節の移ろいを感じる「秋の虫」にまつわる縁起物のおはなし

    2020.09.12

  2. スイーツや餃子になってもラッキー! 栗にまつわる縁起物のおはなし

    2020.09.09

  3. 物欲がない人に贈る、もらっても困らない「消えもの」ギフト

    2020.06.18

  4. 東京まち歩きコレクション No.11 - 南青山

    2020.03.07

  5. 義理の母親の誕生日に、ふわふわぬくぬくのカーディガンを贈ってみた

    2019.11.15

  1. お歳暮マナーは奥が深い?熨斗・お返し・喪中対応の要点をつかむ

    2018.10.19

  2. 結婚式の招待状の返信マナーを心得て、お祝いの気持ちをあらわそう

    2019.12.17

  3. 裏表のあるリボンの蝶結び

    2018.01.10

  4. 10月のギフトイベント

    2017.06.17

  5. 5月のギフトイベント

    2017.07.19

都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
贈り物専門サイト「ギフト・ディノス」