漆や貝殻で飾られた日本の伝統工芸品で、友人の結婚や引越しを祝う。

伝統を受け継ぐ職人仕込みの高級箸

日本人の食事に欠かすことのできないお箸。大切な人へのお祝いに、職人の手で作られた美しさと機能性をもつお箸を贈りませんか?手元を上品に演出してくれるお箸は、お食事を楽しくしてくれます。結婚祝いや引っ越し祝いなど、おめでたい場面にぴったりの贈り物です。

貰って嬉しい高級箸の贈り物

職人仕込みの高級箸

自分ではどこででも買えるようなお箸を購入しがち。だからこそ、お祝いの機会に上質なお箸をもらうと嬉しいもの。実際に使うと、使い心地やフィット感の違いに感動します。手軽に日本の伝統である「漆器」を生活に取り入れることのできるお箸は、海外の方への贈り物にも喜ばれますよ。

3000種類の中からお気に入りを選ぶ

職人仕込みの高級箸

店内のお箸は驚きの3,000種類近く!箸置きも1,000種類以上の品揃え!「日本の伝統を残していきたい」という店長が日本各地の職人をまわり、探したのだそう。これほど多くのお箸から選び出すのは大変、というときはお箸を知り尽くした店員さんが用途や希望を聞いて選び出してくれます。

シンプルなデザイン「津軽塗り」

職人仕込みの高級箸

人気の津軽塗り。「ばか塗り」という褒め言葉があるほど漆を重ねて塗っているので、ずっしりしておりとても丈夫。長く使うことができます。シンプルなデザインが好きな男性に喜ばれそう。父の日やおじいちゃんの誕生日にいかが?

塗り箸の元祖「若狭塗り」

職人仕込みの高級箸

若狭塗りは塗り箸の元祖。貝や卵の殻を使い、若狭湾の海底を表しているのだとか。お魚料理のお供にしたら、すてきな演出をしてくれそうですね。地域ごとに特色があるのも面白い。豆知識を知っていると食事中の会話が弾みます。敬老の日やお母さんのお誕生日に。

桐箱に入ったお箸のプレゼントを

職人仕込みの高級箸

お食い初めから骨ひろいまで、お箸は日本人の生活に根付いていて、日常的に当たり前に使う大切な道具。桐箱に入れ、風呂敷で包めば、立派な日本らしい贈り物になります。手間暇かけられた高級なお箸で、大切な人の記念をお祝いしてみてはいかがでしょう。

商品の詳細情報

お箸の種類
  • 輪島塗 蒔絵箸 桜(朱):¥9,500
  • 古代若狭塗箸 細夜光錦:¥10,000
  • 八雲塗箸 金箔鶴 (大):¥6,000
  • その他多数
名入れ
  • 一部のお箸に名前やメッセージを入れることができます。(期間は2週間ほど要します)
  • 箸、こども箸:ゴシック体(¥432-[税込])
    ※「珊瑚」のみ行書体(¥1,296-[税込])
  • こども和食器:ひらがな、赤色/青色/黒色/金色(¥540-[税込])
夫婦箸
  • 本塗り若狭 夫婦箸セット:¥40,000
  • 清水箸 麻の葉 夫婦セット:¥24,000
  • 新潟漆器箸 玉虫・銀蒔内洗朱 夫婦箸セット:¥7,200
箸供養
  • 折れてしまったり、使わなくなってしまったお箸を店舗に持っていくと、お会計にて合計金額の5%分を割引。
  • 夏野では、毎年8月4日(箸の日)に、お寺にてお焚き上げをしています。
ギフト包装
  • ギフトボックス:紙箱と桐箱が選べます。ご家族用として、5膳まで入る紙箱もあります。
  • 風呂敷包装:お箸用のギフトボックスを注文した方には、風呂敷でのラッピングも¥300-(税抜)で承ります。

▸ をクリックすると、詳細な情報が表示されます。

この商品を売っているお店

この記事を書いた人

こうの ひろこ

ギフトコンシェルジュ兼webライター。看護師時代に培ったホスピタリティを活かし、贈り相手の「人となり」を想像した、プレゼントの見立てを得意とする。週に1回以上、東京での街歩きと、ギフトショップ巡りを欠かさない。

関連記事

  1. 異国情緒を漂わせるヨーロピアンレターセット

  2. 大人の少女を飾るレトロモダンなジュエリー

  3. お母さんのために贈る、野菜たっぷりスープの出産祝い

  4. 天然素材で作られた安心安全の子供用漆器

  5. 一流ホテルも認める、素材にこだわった絶品グラノーラ

  6. 腕元でおしゃれに差をつけるメッセージ時計

  1. おすすめの手土産ギフト7選!10連休となる2019年のGW帰省に

    2019.04.07

  2. 東京まち歩きNo.09 - 麻布十番

    2019.03.20

  3. まだ間に合う!新社会人の意欲をかき立てる「就職祝い」ギフト

    2019.03.12

  4. 女子が喜ぶとっておきのお返しをセレクト、ホワイトデーギフト2019

    2019.03.01

  5. 東京まち歩きNo.08 - 白金台

    2019.02.23

  1. 郵送のギフトで差をつける、意外と知らない「送り状」のマナー

    2018.11.14

  2. 帰省の前に読んでおきたい、義両親への手土産マナー

    2018.06.17

  3. 7月のギフトイベント

    2017.06.30

  4. 基本の蝶結び

    2018.01.09

  5. デキる社会人と思われる、上司に対する贈り物マナー

    2018.06.28

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」