都会のオアシス、表参道のライフスタイルショップ「OTIUM(オティウム)」青山本店
驚きや喜び、楽しみなどの感動が連鎖する "Chain of Wow"
明るい日差しを取り込む、表参道に佇んだ隠れ家的ショップ
デザイン性と機能性、そのふたつを兼ね備える商品セレクト
地上と地下のツーフロア、リラックス感とワクワク感が共存
大人コーデを提案する、人気のアパレルブランドがルーツ

OTIUM(オティウム)

東京メトロの表参道駅(A1もしくはB2出口)から歩いて2分のところ。メインストリートから進み入れた路地裏に、ひっそりと佇む都会のオアシスがあります。こちらが、表参道のライフスタイルショップ「OTIUM(オティウム)」青山本店。真っ白な外壁がひときわ目を引き、ふいに店内へと誘われます。

オティウムの外観

otium(ōtium)とは、ラテン語で「余暇」や「娯楽」といった意味をもちます。都会にありながらも脱日常を感じて欲しいという想いが込められ、その店名に冠したといいます。表参道と青山通りに囲まれながらも、わずかに奥まったセクションにあるため、喧騒を離れて居心地よく過ごすことができます。

脱日常の空間、大人がくつろげる癒しのスポット

清潔感のある白を基調としつつも、豊かな自然や木目を意識した店内装飾。OTIUM(オティウム)に一歩足を踏み入れると、ぬくもりのある内装に心が安らぎます。

オティウムの内観

「ロケーション的には都会の真っ只中。しかしながら、隠れ家のように居心地よく過ごせるお店にしたいと思っています。年齢や性別を問わず、世界観に共感してくださる方がリラックスできる、真のライフスタイルショップでありたいですね」と話すのは店長の大崎氏。

観葉植物

OTIUM(オティウム)では、入口のスライドドア付近で、観葉植物などのグリーンを常に配置しているといいます。これは、春夏秋冬の季節感を初見で味わってもらいたいという、お客様に向けた心遣いから生まれた習慣。訪れる人の中には、居心地の良さからか1~2時間かけて店内を廻り、ゆったりと滞在するお客様もいるそうです。

コンセプトは、リラックス感とワクワク感の共存

OTIUM(オティウム)は、その店名にも反映されているように「多忙を極める日常から脱却してもらうべく、カフェテリアを思わせるリラックス感と、旅先におもむく心境にも似たワクワク感との共存」をコンセプトにしています。

リラックス感とワクワク感の共存

さらに、「Chain of Wow( “Wow” のつながり)」という副題に込められた想いもユニーク。お店を訪れてディスプレイを眺めるお客様が「驚き」や「喜び」、「楽しみ」を感じてもらい、ギフトシーンでその感動が他に共有され連鎖するように…、という心温まるメッセージが込められています。

デザイン性と機能性を兼ね備えた、商品セレクト

デザイン性と機能性

OTIUM(オティウム)で取り扱う商品のセレクト基準は、デザイン性と機能性、その二つを兼ね備えていることだといいます。使う人にとって最も大切な地盤があった上で、さらに「からだに優しい」とか「遊び心がある」、「異国の風を感じる」などのワンポイント要素を含んだアイテムを厳選しています。

人とのつながり(Chain)を生むギフトアイテム

並べられた雑貨は、ギフトに相応しい商品性を目指し、相手に気を遣わせない手軽な価格帯となることに配慮しています。ただし、眼識が優れていたり、豊かに歳を重ねている人にも喜んでもらえる本物志向の逸品や、作り手の想いが存分に込められた品々を用意するこだわりもあります。

キャンドル

自分で使い試してから他に勧めたいと思える商品ラインナップが大前提で、もらった人が思わず「これはどこで買ったの?」と会話が生まれるような、ショップコンセプトの通り「つながり(Chain)」が意識されています。

大人コーデを提案する、人気のアパレルブランド

OTIUM(オティウム)は、セレクトアイテムだけでなく、オリジナルのアパレルブランドを自社で抱える、総合力を秘めたライフスタイルショップ。ベーシックなコーディネートスタイルはありながらも、少しだけ挑戦をしてみたいと願う、粋な大人に向けたファッションアイテムが揃います。

ファッションアイテム

ファッション性の高いナチュラルウェア、バッグ、ストール、アクセサリーなど種類豊富な品揃えながらも、ストレスがなく、何通りもの使い方ができることを大切にしたデザインが特徴です。流行やトレンドを取り入れつつも、手持ちの洋服とマッチングしやすいラインナップが人気の秘訣のようです。

服飾素材、そして、デザインへのこだわり

OTIUM(オティウム)ブランドの特筆すべきは、デザイン性だけにとどまらず、機能性や着心地にまで心配りがされている点です。季節性やフィット感を考慮して選ばれた素材は、撥水性や冷感素材、シワになりにくいものなど多岐にわたります。時には遊び心を表現する目的で、イタリア製の生地をも使用するといいます。

デザインへのこだわり

マルチユースで、使い方はいろいろ

体型カバーを感じさせないフォルムで、実は二の腕や腰まわりなどがカバーされているという配慮も、女性にとっては嬉しいデザインとなります。また、ストール1枚を取ってみても、タペストリーやテーブルランナーとして楽しむことができるという、使い道の豊富さに驚かされます。

マルチユース

シンプルでかつ大人かわいいファッションアイテムは、アイデア次第で様々な楽しみ方ができます。ブランドのたゆまぬ努力とともに、お客様とのコミュニケーションの中からも感性を吸収し、今もなお成長を続ける注目ブランドです。

自然光が差し込む、温かみに癒されるツーフロア

オティウムのフロア紹介

OTIUM(オティウム)でのショッピングは、清爽なグリーンに引き込まれる1階エントランスから始まります。日差しを存分に取り込んだ大きな窓は、アートのように繊細な季節の移りゆきを捉えています。エントランス前方左手の階段で地下フロアに降り立つと、ファッションや美容アイテムのコーナーが広がっていて、より一層の隠れ家的な雰囲気が漂います。

フード・食器・植物コーナー(1階フロア)

ナチュラルテイストをポイントに据えた1階(地上階)は、フードとそれに関連するテーブル・キッチンまわりのアイテムが主に陳列されています。クッキーとフルーツティーが並ぶ一角、ティーカップに合わせたチャーミングな日本茶など、自然とギフトセットが生まれるような、プレゼント選びにぴったりのコーナーです。

フードコーナー

OTIUM(オティウム)の1階フロアにディスプレイされた食器類は、デザイン性にこだわったセレクトが特徴です。クールなディッシュから温かみのある器まで、自分や贈り相手が好きなデザインがきっと見つかるはず。

食器類

看板商品の高機能スポンジ「suuu(スウウ)」とお皿を合わせれば、キッチンまわりのギフトセットが完成します。新婚夫婦への結婚祝いや引越し祝いに、オリジナルセットをつくり贈ってみてはいかがでしょうか。

さらに1階フロアには、自然を身近に取り入れるインテリア雑貨が並びます。毎日のお世話すら楽しくなる観葉植物、ガラスチューブに封入されたお手入れ不要のドライフラワーなど、無機質なテーブルに自然の温か味をそっと添える、そんな品々が見つかります。

ドライフラワー

美容アイテム・アパレルゾーン(地下フロア)

地下1階フロアの美容コーナーには、せっけんやバスソルトなど香りの商品が並び、華やかな芳香がフワッと漂っています。セレクトアイテムの多くは、自然由来の成分でつくられていて、からだに優しいものばかり。色彩豊かなケアアイテムは、女性へのプレゼントで活躍します。ホワイトデーや母の日で悩んだとき、駆け込みたいスポットです。

美容コーナー

さらに、気になったファッションアイテムをからだに合わせながら、鏡の前でポーズを決めて遊べる、ゆったりとくつろげるアパレルゾーン。コーディネートを多様に試したくなるラインナップは、店内を行ったり来たり何往復もしてしまいます。旦那様も足休めできる椅子が置かれているため、夫婦で足を運んでみても良いかもしれません。

アパレルゾーン

スタッフが感じる、OTIUM(オティウム)の魅力

バイヤーとして店舗商品のセレクト業務にも携わっている店長の大崎氏に、OTIUM(オティウム)の魅力について伺いました。

「リラクゼーションと気分の高揚感を、両方とも感じることのできる雰囲気が魅力だと感じます。遊び心があるセレクトにもこだわっていて、喜びや驚き、楽しさなど、いずれかの琴線に響くアイテムを揃えていたいと思っています。」

オティウムの魅力

「遠出して旅に出掛けたいけれど時間ない。そんなとき、肩ひじ張らずフラッと利用してもらえるような店舗を目指しています。疲れがたまって癒しが欲しいとき、忙しい合間に息抜きしたいとき、自分だけの隠れ家的な空間に感じてもらえれば嬉しいです。」

組み合わせて選ぶ、オリジナルのギフトセット

ギフトセット

異なるジャンルの商品が一堂に会するため、思い思いに組み合わせてセットにできる利便性が OTIUM(オティウム)の強みでもあります。一例として、長く使えるアクセサリーと相手を気遣った美容アイテムを組み合わせたセットは、気張らずにギフト映えのするような、満足度の高いプレゼントになります。

ギフトラッピングで個性を出す楽しみ

OTIUM(オティウム)のラッピングサービスには、サイズ違いのギフトボックスが2種類あります(小サイズ:200円、大サイズ:300円)。その他に、無料の透明袋ラッピングや不織布を使用した包装も用意されているので、店頭でスタッフに相談してみてください。

ラッピング

OTIUM(オティウム)ではポストカードも商品の取り扱いがあるため、メッセージカードとしてギフトに添えても素敵な演出ができます。自由な発想でオリジナルセットを組み立てながら、ギフトを選んでいる時間すら楽しいひとときになります。

季節感あふれるワークショップを開催

OTIUM(オティウム)の青山本店では、定期的にワークショップを開催しています。春先にはミモザのリース、梅雨時にはアジサイのスワッグなど、季節感あふれる魅力的な体験教室です。ワークショップを楽しみながら、手づくりのギフトをつくりあげる、一石二鳥の機会になります。

ワークショップ講師は、OTIUM(オティウム)のオープン当初から店内装飾を手がける「緑の工房 グレナトレド」のグリーンコーディネーター 新井奈緒子氏。手先に自信がなかったり初めての方であっても、講師がイチから丁寧に教えてくれるので安心して参加できます。

ギフト選びなら、表参道の OTIUM(オティウム)

オティウムの内観

都会の路地裏にひっそり佇む、洗練された大人の空間とも称される「OTIUM(オティウム)」。爽やかな緑と可愛いものに包まれて幸せに満たされるような、癒しのセレクトショップです。素敵な商品との出逢いが待ち受ける隠れ家で、大切な人とのご縁を紡ぐ、心温まるプレゼントを探してみてはいかがでしょうか。

ショップの詳しい情報

店名 OTIUM(オティウム)青山本店
住所 〒107-0061
東京都港区北青山3-9-8
営業時間 11:00 ~ 20:00
定休日 営業カレンダー
最寄駅 東京メトロ表参道駅のA1もしくはB2出口から徒歩2分
お問い合わせ https://www.otium-chainofwow.com/contact-1
電話番号 03-3406-1181
ホームページ https://www.otium-chainofwow.com/
SNS

本記事は2019年8月21日時点の情報です。

地図で場所を確認

この記事を書いた人

こうの ひろこ

ギフトコンシェルジュ兼webライター。看護師時代に培ったホスピタリティを活かし、贈り相手の「人となり」を想像した、プレゼントの見立てを得意とする。週に1回以上、東京での街歩きと、ギフトショップ巡りを欠かさない。

関連記事

  1. NEWE(ニュー)

  2. PRO-MENER(プロムネ)

  3. CLASSICS the Small Luxury

  4. AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)

  5. solco(ソルコ)

  6. Waterfront(ウォーターフロント)

  1. 料理好きの人に贈りたい!手料理がグレードアップするキッチンギフト

    2019.08.30

  2. 1000円ギフトでささやかな心配り、程よいプチプレゼントのススメ

    2019.07.21

  3. 内定をもらった弟に、ビジネススーツに映える就職祝いを贈ってみた

    2019.06.25

  4. ワークショップで作ろう!世界でひとつのオリジナル革小物

    2019.06.20

  5. 松陰神社前

    東京まち歩きNo.10 - 松陰神社前

    2019.05.30

  1. 2月のギフトイベント

    2017.09.03

  2. 結婚式の受付を依頼されたら要チェック!当日の流れや受け答えマナー

    2018.12.06

  3. 重ねた年齢を祝い、福にあやかる機会「長寿祝い」の意味とその種類

    2019.03.28

  4. 6月のギフトイベント

    2017.07.08

  5. 神前式(しんぜんしき)に参列する上で知っておくべき注意点とは?

    2018.05.13

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」