中秋の名月、2020年は10月1日。「月」にまつわる縁起物のお話

ふと見上げた空に浮かんでいると、何かいいことが起こりそうな予感をさせる月。その中でも、特に情緒を感じるのが満月ではないでしょうか。

月にまつわる縁起物のお話

旧暦の秋は7月~ 9月にあたり、それぞれ初秋・中秋・晩秋と呼ばれています。そこから、旧暦8月15日の晩の月を「中秋の名月」と呼び、1年のなかで最も美しい月とされていました。ちなみに、現在の暦でいうと2020年の中秋の名月は10月1日となっています。

お月見のお供え物といえば

お月見でお供えするお団子は、十五夜ということで15個を用意します。他にも、年間の満月の回数にちなんで12個とする風習もあるようです。ここで驚いたのが、満月の回数。調べてみると、満月は年間で12~ 13回しかないのです。

月にまつわる縁起物のお話

もっと頻繁に満月を眺めているつもりでしたが、数えてみるととても少なく、満月を貴重なイベントに感じます。今までは「あら、今日は満月だったか」程度の感動でしたが、次からは、「満月様~!!」と、ありがたく観賞させていただくことにします。

月にまつわる縁起物のお話

お月見には、収穫された里芋やサツマイモを供える習慣もあることから、収穫祭や豊作祈願の意味合いを感じさせます。芋をお供えすることから「芋名月」とも呼ばれています。

月にまつわる縁起物のお話

里芋は、きぬかづき(そのまま蒸して、皮を剥いて食べる秋の料理)にしてお供えしたそうです。お月見と言えば、お団子のイメージでしたが、里芋も丸くて満月のようですものね。

ススキは魔除けの象徴

お月見に欠かせないススキは、稲穂に見立てて飾られたとも言います。このススキも、神の「依り代(よりしろ)」とされ、魔除けにも使われたそうです。

月にまつわる縁起物のお話

依り代とは、この世の身体を持たない神様やご先祖様が宿るための場所のこと。笹の葉や鈴と同じように、音が鳴ることが魔除けとされた所以です。

月にまつわる縁起物のお話

涼しくなり空気が澄んで月の光がまっすぐに伸びている様は、心が浄化されるような気持になります。満月の日は、お財布を買ったり、お財布を満月の光に当てると良いと言われたりもします。

月にまつわる縁起物のお話

そんな「ムーンパワー」は、いつの時代も人々を魅了していたのでしょうか。そう考えると、月の力ってすごいですよね。

満月にお月見を楽しむ風流

まん丸の満月は、欠けることがない完全な姿であることから、めでたいものとしても考えられています。満月を背景にして描かれた富士山や鶴の絵画などは、めでたいもの尽くしだったのですね。

月にまつわる縁起物のお話

月と鶴が描かれたラベルのウイスキーは、私の贈りたいものリストにも入っています。お酒のエチケットデザインで贈り物を選んでも楽しいものです。

月にまつわる縁起物のお話

お団子やススキを買って、一人でお月見を楽しむひとときは、秋ならではの有意義な時間になりそうです。秋の花である、コスモスを飾っても素敵ですよね。

月のウサギに想いを馳せて

月の中にはウサギが住んでいるという話は、小さい頃にわくわくしながら聞いたものです。これは古くからの言い伝えで、昔からウサギは月の使者と考えられていたのだそうです。

月にまつわる縁起物のお話

ウサギは、平和・温順のお守りともいわれ、悪運から免れる力があるともされます。「免」という字は「兔」から生まれたのだから驚き。ぴょんぴょんと逃げ足が早そうな印象も関係しているのでしょうか?

月にまつわる縁起物のお話

月は、妊娠・出産とも深く関連すると考えられていたことから、ウサギは懐妊や安産のお守りとされることもあります。その例として、京都の岡崎神社の各所にはウサギが祀られています。狛犬ならぬ狛うさぎが、招き猫ならぬ招きうさぎが!

月にまつわる縁起物のお話

また、手水舎に黒御影石でできた子授けうさぎ像があり、水を掛けてお腹を擦り祈願すると、子宝に恵まれ安産になると信仰されています。なんともキュートな神社、ウサギ好きなら一度は足を運びたい神社ですね。

世界各国におけるウサギの言われ

所を変え、ヨーロッパやアメリカでは、うさぎの足が幸運のお守りとされています。芸事成就や立身出世のご利益があると考えられていました。

月にまつわる縁起物のお話

通常はキーホルダーやペンダントヘッドにしますが、かつて役者が化粧パフ代わりにしていた名残で化粧箱にいれることもあるそうです。これは、紀元前600年以前のヨーロッパでは、精霊が動物に宿ると信じられており、ウサギは地下に穴を掘り生活することから、地下の精霊と交流していると考えられていたことにはじまります。

月にまつわる縁起物のお話

また、多産であることも健康と豊穣のシンボルになった所以のようです。ウサギの足をお守りにするなんて…かわいそうな気もするし、かえってウサギに呪われそうな気もしますが、皆さんなら持ち歩きますか?

月にまつわる縁起物のお話

月の満ち欠けの具合で、クレーターが蟹に見える人もいるといいます。そんな蟹は、茹でると赤色になることから、縁起のいい食材とされてきました。古来より、赤は魔除けの力があるとされていたからでしょう。

月にまつわる縁起物のお話

また、中国の官僚試験の合格者を「一甲」「二甲」「三甲」と呼んでいたことから、学業成就や金運アップ(官僚になった先には裕福な暮らしが待っていたから)の縁起物ともされています。

ムーンパワーを取り入れたギフトを贈る

ウサギや蟹など、縁起のいいシンボルが宿る月は、やはり不思議な魅力を持っていますね。贈り物にするなら、月がデザインされたジュエリーや、月に見立てられた栗スイーツなどいかがでしょう。

月にまつわる縁起物のお話

平和、出産、学業成就…、次回の満月の夜には、月を眺めながら願い事を唱えてみてはいかがでしょう。自分だけの願掛けのようで、なんだかワクワクしますよ。

この記事を書いた人

こうの ひろこ

ギフトコンシェルジュ兼webライター。看護師時代に培ったホスピタリティを活かし、贈り相手の「人となり」を想像したプレゼントの見立てを得意とする。子育てに奮闘しながらも、週に1回以上の東京まち歩きと、ショップ巡りをライフワークにしている。

関連記事

  1. 7月のギフトイベント

  2. 春の訪れを感じる桜色のおすすめ手土産2018

  3. お盆の帰省までに探したい、心をつかむ東京の手土産

  4. 東京で探す厳選お歳暮ギフト!冬にぴったりな、人と被らない新定番

  5. 1月のギフトイベント

  6. 2月のギフトイベント

贈り物専門サイト「ギフト・ディノス」
  1. 11月は新嘗祭、「五穀豊穣」を祈る縁起物を贈ろう

    2020.11.01

  2. 友人の開店祝いに、シャンパンとお花のギフトボックスを贈ってみた

    2020.10.31

  3. 中秋の名月、2020年は10月1日。「月」にまつわる縁起物のお話

    2020.10.25

  4. 東京まち歩きコレクション No.12 - 清澄白河

    2020.10.01

  5. 季節の移ろいを感じる「秋の虫」にまつわる縁起物のおはなし

    2020.09.12

  1. 出産祝いのマナーを完全網羅!知っておくべき金額相場やタイミング

    2018.05.26

  2. 帰省の前に読んでおきたい、義両親への手土産マナー

    2018.06.17

  3. 9月のギフトイベント

    2017.06.18

  4. 神前式(しんぜんしき)に参列する上で知っておくべき注意点とは?

    2018.05.13

  5. 5月のギフトイベント

    2017.07.19

都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
贈り物専門サイト「ギフト・ディノス」