熨斗(のし)をギフトに付けるのはなぜ?起源と活用例を解説

ギフトを贈るときに迷うことの一つとして、熨斗のしを付けるかどうかという判断があります。そもそも熨斗とは何か、なぜギフトに付ける必要があるのか。熨斗の正しい知識を持っておくことで、社会的なマナーを身に付けられ、様々なシチュエーションで応用をきかせることができます。

熨斗の起源と活用例

本記事では、ギフトに付ける熨斗に関して、その起源と活用例を解説し、迷ったときに参考となる情報をご提供します。ギフトにおける包装は、外部の衝撃や傷から品物を保護するだけでなく、贈り物に込められた気持ちを表現する手段であり、あなたの温かい気持ちがより伝わるようなお手伝いができれば幸いです。

熨斗(のし)とは

お祝い事などの贈り物に添える、日本古来から受け継がれる飾りが「熨斗(のし)」です。品物や祝儀袋の右上に付ける六角形の飾り全体を熨斗といい、熨斗の中に入れる細く切った長方形の黄色い部分を「熨斗鮑(のしあわび)」といいます。

熨斗の起源と活用例

熨斗は、改まった贈り物を包む “飾り” という意味合いで使われますが、熨斗を添えることは「生もの以外の品物」が入っていることを示します。したがって、魚貝や肉類などの生鮮食品は品物自体が生ものであるため、熨斗を付けないことがしきたりで、生ものを供えてはいけない仏前への供え物にも熨斗は不要です。

熨斗の起源

もともと熨斗鮑は、アワビ貝を薄くして乾燥させた保存食でした。不老長寿の薬とも言えるアワビは、縁起物として神仏への供え物に捧げられたのが原点で、次第に簡略化されてアワビの代わりに黄色い紙が使われるようになりました。日本ではそもそも「贈り物 = 神仏への供え物」という思想があり、これが転じて贈り物にも熨斗を付けるようになったといわれています。

熨斗の起源と活用例

また、熨斗を贈り物に付けること自体は「生ものを添えました」という意味になります。これは、仏事では生鮮食品を贈答品にしない習慣があり、仏事ではない贈答品には縁起が悪いものではないことを示すために、生鮮食品の代表として熨斗を付けるようになったといわれています。

水引きについて

水引みずひきとは、熨斗と同様に贈り物の包みなどにかける、紅白や黒白、金銀などのおびひものことです。未開封であるという意味や、人同士を結び付けるという意味があり、その結びは引けば引くほど強く結ばれるものが殆どです。

熨斗の起源と活用例

水引きの起源は諸説あり、室町時代の日明貿易で品物を区別するために用いた紅白の縄を、贈答に使用する習慣だと日本側が誤解して広まった説や、宮廷への献上品に紅白の麻の紐で結ぶ習慣があったことから、次第に一般庶民の贈答品にも使用されるようになったという説などがあります。

熨斗紙(のしがみ)は 略式の贈答形式

熨斗のし水引みずひきが印刷された紙のことを熨斗のしがみといいます。熨斗紙は贈り物にかけることで、実際に熨斗や水引きを付けていなくとも、礼儀を尽くしていることを示す効果がありますが、手間と時間を省くための略式の贈答形式であるため、改まった贈り物の場合は失礼にあたることもあります。

熨斗の起源と活用例

熨斗紙の上段には「表書き」という贈り物の意味(お中元やお祝いなど)を記載し、下段には「名入れ」という贈る側の氏名や団体名を記載します。熨斗紙の文字は、筆・筆ペン・サインペンで書くことがマナーとされており、ボールペンは避けてください。また、名入れを連名にする場合、3人までは並びで氏名を書きますが、4人以上になると代表者の氏名とその左隣に「外一同」と書く必要があるので注意してください(贈る側の全員の氏名は別途用紙を用意して内封)。

熨斗紙の種類

熨斗のしがみは、お祝い事(慶事)やおくやみごと(弔事)によって水引きの色や種類、表書きの記載を使い分けます。地域によっても異なりますが、慶事・手土産・季節の贈り物には「紅白五本の蝶結び」、お見舞いや快気祝いには「紅白五本の結び切り」、結婚に関する贈り物には「紅白十本の結び切り」、弔事に関する贈り物には「黒白五本の結び切り」の水引きをよく使用します。

熨斗の起源と活用例

一般的には、何度も繰り返してよいという意味からお祝い・お礼・出産・出世などには「蝶結び(花結び)」、二度と繰り返すことがないように願いを込めて結婚・快気祝い・弔事などには「結び切り」、一般的な慶事と弔事の両方で「あわじ(あわび)結び」が用いられることがあります。

熨斗紙の活用例

水引きや表書きが印刷されている熨斗のしがみは、贈答イベントによって種類を使い分けることが必要です。しかし、その使い分けは地域差があるため、ここではあくまでも一般的な活用例を示します。

結婚に関するお祝い

熨斗の起源と活用例

結婚のお祝いには、紅白十本の結び切りを使うことが基本となります。ただし、ちょっとした品物や小さいサイズの品物の場合は、水引きばかりが目立たないように、七本の水引を使うこともあります。

水引き 紅白十本の結び切り
表書き 【 結婚のお祝い 】
 御結婚御祝・寿・御祝・祝御結婚など
【 結婚の内祝い 】
 結婚内祝・内祝など
【 結婚式の引き出物 】
 寿など

一般的なお祝い(慶事)

熨斗の起源と活用例

一般慶事では、何度でも繰り返してもよいお祝いの場合は蝶結び(花結び)、お見舞いや快気祝いなどの場合は結び切りの水引きを使います。本数が多いほど丁寧な意味になる水引きは、五本一組が主流ですが、九本は「苦」を連想させるため、奇数である三本・五本・七本の中から選びます。

水引き 紅白五本の蝶結び(花結び)
表書き 【 誕生日 】
 祝御誕生日・御誕生日御祝など
【 出産祝い 】
 御出産祝・祝御出産など
【 出産の内祝い 】
 出産内祝・内祝など
【 新築祝い 】
 新築御祝・御祝など
【 移転や送別 】
 御餞別・御御餞(はなむけ)・御祝など
【 退職祝い 】
 定年退職は御祝・御餞別、自己都合退職は御礼・御餞別など
【 開店や開業 】
 祝御開店(業)・御開店(業)御祝・祈御発展など
【 季節の挨拶 】
 御中元・御歳暮・暑中御見舞・残暑御見舞など

熨斗を購入できるおすすめショップ

榛原(はいばら)は、日本橋で二百年以上つづく和紙舗です。日本各地の良質な和紙や、榛原聚玉文庫に伝来する文様を用いて作った商品は、手仕事の美しさと、日本の生活文化を現代に伝えています。

熨斗の起源と活用例

榛原では、伝統の和紙技術が使われた和紙・雁皮紙・千代紙・和紙小物、日本古来より受け継がれる贈答文化を支える熨斗や水引きなどの贈答用品・金封・便箋・レターセットなど、和紙製品の多彩なラインアップが魅力です。

熨斗の起源と活用例

改まった贈り物や人生の節目での贈答に、本格的な和紙製品が揃う榛原に、是非ともお立ち寄りください。コレクションしたくなる、お気に入りの商品がきっと見つかるはずです。

ショップの情報

店名 榛原(はいばら)日本橋本店
住所 〒103-0027 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー
営業時間 [月~金] 10:00 ~ 18:30
[土・日] 10:00 ~ 17:30
定休日 祝日、年末年始、お盆
最寄駅 日本橋駅(東京メトロ銀座線・東西線、都営浅草線)B6出口直上
電話番号 03-3272-3801
ホームページ http://www.haibara.co.jp/
SNS

地図でお店を確認

これからも、贈答マナーに関する、皆様の疑問を解決していきます。「これってどうすればいいの?」という疑問も大募集していますので、ご遠慮なくお問い合わせフォームからご連絡ください。

関連記事

  1. まち歩きNo.02 - ダガヤサンドウ

  2. 帰省の前に読んでおきたい、義両親への手土産マナー

  3. イベント体験レポート - togoshi八満マルシェ

  4. 出産祝いの気になる金額相場と、贈るタイミングのマナー

  5. 【特集】春の訪れを感じる桜色のおすすめ手土産

  6. 〚実例〛いつも気に掛けてくれる、親戚へのお中元ギフト

  1. 【特集】お盆の帰省までに探したい、心をつかむ東京の手土産

    2018.07.26

  2. 〚実例〛いつも気に掛けてくれる、親戚へのお中元ギフト

    2018.07.18

  3. 〚実例〛歴史好きなお父さんへ、猛暑を乗り切る誕生日プレゼント

    2018.07.12

  4. イベント体験レポート - 赤坂蚤の市 in ARK HILLS

    2018.07.02

  5. 【特集】夏を快適に過ごせるお中元で、日頃の感謝を込めた御挨拶

    2018.06.25

  1. 2月のギフトイベント

    2016.09.03

  2. 3月のギフトイベント

    2016.08.20

  3. 12月のギフトイベント

    2016.11.28

  4. 帰省の前に読んでおきたい、義両親への手土産マナー

    2018.06.17

  5. 9月のギフトイベント

    2018.05.02

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」