知っておくと恥をかかない、初めてでも安心のお中元マナー

日頃お世話になっている方や、いつも心にかけていながらご無沙汰をしている親戚・友人・知人に感謝の気持ちを込め、季節の挨拶を兼ねて贈り物を贈る日本独自の贈答習慣。もともとお中元は古代中国の道教の「三元思想」に由来すると言われています。ちょうど中元の時期は、祖先を供養する日本古来の習慣と一致しています。お中元が社会的に一般化したのは江戸時代からと言われています。

お中元

お中元を贈る時期

中国の道教の習わしである三元のひとつ、中元は旧暦7/15であり、これが仏教の盂蘭うら盆会ぼんえの時期と重なったことが、お中元の贈りもの文化の起源と言われています。7月の初めから7月の中旬(7/15)までにお中元の品を贈るのが一般的であり、近年では早々に6月下旬から贈ることもあるようです。また、関西地方ではお盆を8月に行うため、1か月遅れの7月下旬から8月中旬までにお中元を贈る習慣がありますが、近年では全国的に時期を合わせるようにもなってきています。

  • 一般的には、7/1~7/15までにお中元の品を贈ります。
  • 関西地方では、7月下旬から8月中旬にかけてお中元を贈る文化があります。

7/16~立秋(8/7頃)は暑中御見舞/暑中御伺とし、立秋を過ぎてから9月上旬までは残暑見舞/残暑御伺とします。

お中元を贈る相手

お中元を贈る相手に明確な決まりはなく、いつもお世話になっている方や普段会えない人に対して、感謝の気持ちを込めて贈るのが一般的です。自身が結婚して間もない場合には、結婚式のときに主賓としてお招きした方や、仲人の方に贈ることがあります。

  • 普段からお世話になっている知り合いや友人
  • 実家の両親や親戚
  • 会社の上司・取引先

特に利害関係が生じる場合、例えば政治家・公務員・学校教員に対しては、お中元などの品物の贈与は禁止されています。また、会社として禁止している場合もあるため、必要に応じて確認を取りましょう。

お中元の相場

お中元の品物の金額相場は、一般的に3,000円~5,000円程度と言われており、特にお世話になった方だとしても、相手の負担にならないように1万円までに抑えるようにしましょう。品物は、人によって好き嫌いが分かれるものを避け、日持ちのするような消耗品を贈るのが良いとされています。特に、絵画やインテリア、アクセサリーは相手の好みが特別分かっているものでない限り控えましょう。また、靴下・下着、はさみ・刃物、現金・金券は失礼に当たるため妥当ではありません。

  • お中元の金額相場は、3,000円~5,000円(多くて1万円以内)と言われています。
  • 人によって好みが分かれるものや保存のきかない品物は避けましょう。

おすすめするお中元ギフト

お中元の渡し方

包み方

手渡しの場合は、包装紙で品物を包んでから、そと熨斗のしを付けます。郵送の場合は、品物の箱にうち熨斗のしを付けて、その上から包装紙で包みます。近年では、簡易熨斗と呼ばれる短冊タイプの熨斗が多くなってきています。水引きは、紅白の蝶結びのものにします。

熨斗

熨斗は、アワビなどの生モノの代用品として付け始めた経緯があるため、魚介類を贈る場合は熨斗を付けず、水引きだけの掛け紙を付けるのがマナーです。

渡し方

手渡しで品物を持参する場合には、風呂敷で品物を包むのが正式なマナーです。渡すときに風呂敷包みを解き、相手が熨斗を正面から読めるように渡します。簡易的に紙袋で持参することもありますが、この場合も渡すときに必ず紙袋から品物を出しましょう。

お中元

手渡しの場合、原則的には訪問しても良い日時をあらかじめ相手に聞いておき、早朝や食事時を避けます。急な訪問になってしまった場合は、玄関先で品物を渡し、すぐに失礼するのがマナーです。相手が喪中でもお中元を贈ることに問題はありませんが、初七日が終わらないうちや、法要の日は避けましょう。

送り状

お中元の贈りものは、送り主が持参して挨拶を述べるのが本来の礼儀であるため、郵送の場合には送り状と呼ばれる手紙を添えます。送り状は、品物よりも2~3日前に相手に届くようにすることが望ましいですが、親しい間柄であれば事前にメールや電話で贈ることを伝えて、品物に簡易的なメッセージを同封することもあるようです。

手紙は信書に該当し、宅配業者は信書を扱うことはできないため、宅配便に手紙を送ることは郵便法で禁止されています。宅配便で商品を送る場合は、手紙を別に普通郵便で送る必要があります。

送り状

その他のお中元マナー

  • お中元とお歳暮は、必ず2つとも贈らなければいけないという決まりはありませんが、1回で済ませる場合にはお歳暮だけにしましょう。
  • お中元は、それ自体が普段のお礼という意味合いがあるため、お中元に対するお返しは基本的に必要ありません。電話かメールでのお礼にとどめます。付き合いの関係性でどうしても贈る場合、お中元の時期を過ぎてから、暑中御見舞や残暑御見舞の形をとることもあります。
  • 数年間にわたりお中元を贈っていてやめたい場合、お歳暮だけにしたり、品物の金額を抑えたり、年末の挨拶状だけにしていくなど、徐々に負担を軽くしていきましょう。

これからも、贈答マナーに関する、皆様の疑問を解決していきます。「これってどうすればいいの?」という疑問も大募集していますので、ご遠慮なくお問い合わせフォームからご連絡ください。

関連記事

  1. 10月のギフトイベント

  2. 【特集】世界にひとつだけの名入れ可能なプレゼント

  3. イベント体験レポート - togoshi八満マルシェ

  4. デキる社会人と思われる、上司に対する贈り物マナー

  5. 神前式(しんぜんしき)に参列するときの注意点

  6. まち歩きNo.01 - 谷根千(やねせん)

  1. 【特集】敬老の日に贈る、大好きな祖父母への思いやりギフト

    2018.09.01

  2. 【特集】産後のお母さんをねぎらう、”ご褒美”としての…

    2018.08.21

  3. 【特集】お盆の帰省までに探したい、心をつかむ東京の手土産

    2018.07.26

  4. 〚実例〛いつも気に掛けてくれる、親戚へのお中元ギフト

    2018.07.18

  5. 〚実例〛歴史好きなお父さんへ、猛暑を乗り切る誕生日プレゼント

    2018.07.12

  1. 11月のギフトイベント

    2016.12.04

  2. 1月のギフトイベント

    2016.10.16

  3. 知っておくと恥をかかない、初めてでも安心のお中元マナー

    2018.06.14

  4. 5月のギフトイベント

    2016.07.19

  5. 熨斗(のし)をギフトに付けるのはなぜ?起源と活用例を解説

    2018.07.21

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」