大人かわいいパジャマ・ルームウェアブランドの「SLEEPY SLEEPY(スリーピー・スリーピー)」
眠りにこだわったコンセプトは「人生の3分の1から幸せに」
大人女子に寄り添った、甘くなり過ぎずも柔らかい雰囲気
感謝とともに気遣いが込められた、パジャマのプレゼント
白を基調とした店内、落着いたトーンのパジャマが映える
取り扱う雑貨や食品などは、すべてが眠りに紐づいている

SLEEPY SLEEPY(スリーピー・スリーピー)

“プランタン銀座本館” から改称された “マロニエゲート銀座2” の3階に、大人かわいいルームウェアブランドの「SLEEPY SLEEPY(スリーピー・スリーピー)」が店舗をかまえています。2017年3月に渋谷ヒカリエShinQs店、2018年9月にマロニエゲート銀座店を相次いでオープンさせ、大人女子がときめくパジャマの専門店として、開店以来から話題を集めているライフスタイルショップです。

スリーピースリーピー

スリーピースリーピーは、「人生の3分の1から幸せに」というコンセプトを掲げ、睡眠を大切にする生き方を提唱する次世代ブランド。人間は一日の中で “1/3” を睡眠に費やしていることから、眠りの時間にうるおいを与え、日々の生活を豊かにしてもらいたいという願いが込められています。

眠りにこだわり、癒しの空間が広がる販売フロア

マロニエゲート銀座2は、働く女性とおしゃれママ女性をメインターゲットに据えるショッピングスポット。そのテイストにずばりフィットするスリーピースリーピーのマロニエゲート銀座店は、大人の女性ならではの柔らかい雰囲気と、落ち着いた癒しの空間が広がっています。

スリーピースリーピー

眩いほどに真っ白な壁面と陳列カウンターは、スモーキーピンクや淡いネイビーカラーのルームウェアが映えるこだわりの内装。トーンをおさえて甘くなり過ぎないような、大人女子に寄り添った心配りがうかがえます。

ルームウェアブランドの立ち上げ経緯

スリーピースリーピーを運営する株式会社プロビジョンは、もとよりメンズインナーに特化したアパレルメーカー。そこでは、イヌや桜、雷門などのゴージャスな転写プリントの下着を中心に展開しており、個性が出しづらいスーツを日常的に着まわす男性に対して、隠れている部分だけでも自分を表現できる手段を提供したい、という理念がありました。

スリーピースリーピー

同社がスリーピースリーピーを立ち上げる際にも、メンズインナーと同様の理念が引き継がれました。パジャマなどの部屋着は、自宅の部屋というクローズドな空間で着用するものであり、部屋の中では好きなものを着れるようにと、ルームウェアに特化したブランドを創設したのです。

スリーピースリーピー

大人女子だけでなく男性用のルームウェアまでを取り扱うスリーピースリーピーは、バリバリ働いているキャリアウーマンや、普段からスーツをビシッと決めているビジネスマンを意識して、部屋での開放感を演出するテイストと、とにかくリラックスできる着心地にこだわっています。

ギフト需要の高さが特徴的

スリーピースリーピーに訪れる顧客筋は、自宅用とギフト用途で半々くらいの割合だといい、ルームウェアという分野では比較的珍しいとされる、ギフト需要の高さがうかがえます。パジャマを贈ることは、単なるプレゼントという意味合いだけでなく、相手の方に心からくつろいで欲しいという気遣いを込められることが理由の一つだといいます。

スリーピースリーピー

義理の両親や知人にパジャマを贈ることに対して、ハードルが高いと思う方であっても、カーディガンやガウンなどは選びやすく、冬場の寒い時期でも部屋の中で暖かく過ごしてほしいという “いたわり” の気持ちを伝えることができます。また、既に愛用していてリピート買いを続けている方も多く、自分で試して気に入ったパジャマを家族や友達にプレゼントする方もいるそうです。

スリーピースリーピーのおすすめ商品

スリーピースリーピーで取扱うパジャマの種類

スリーピースリーピーで取り扱うパジャマには、基本となる素材だけでサテンコットンシルクの3種類があります。また、それらの中でワンピースタイプ半袖半ズボン長袖長ズボンのパジャマをラインナップしていて、合計9種類のパジャマをスタンダードシリーズとして揃えています(それぞれの素材にメンズパジャマも用意されています)。

スリーピースリーピー

スリーピースリーピーでは、カーディガンやガウンについても、通年で着れるパウダーニットと秋冬向けのクラウドニットの2種類の素材を取り扱います。パウダーニットとは、夏の冷房対策でも使えるサラッと冷んやりしたさわり心地のニットで、クラウドニットはとにかく暖かく過ごせる肉厚のニットのことです。

眠りやすさを重視した「素材」へのこだわり

パジャマと最も相性が良いとされるシルクの素材は、シルク市場の全体需要で5%という、メゾンブランドが使うような “6A” ランクの最高級シルクを使うこだわりよう。シルクは、蚕が包まれている素材としても知られ、2週間ほど身をすくめる蚕を外気から守るという、眠りに関して理にかなう素材です。暑さに対しては適度に空気を逃がし、寒さに対しては保温効果をもつとともに、動物性タンパク質によって触れているだけで肌がスベスベになるという特性があります。

スリーピースリーピー

コットン製のパジャマでは、あえて綿比率を100%とせず、若干の割合で化学繊維を入れていることが特徴です。綿素材は肌触り通気性がよいことで知られていますが、単体では伸縮性に欠けるため、ストレッチ素材を含ませることで、就寝中の寝返りを打ちやすくする工夫がされています。また、肌に良くないという印象を持たれがちな化学繊維も、近年の研究成果によると天然素材と相違ないことが報告されており、肌荒れが気になる方でも安心してお使いいただけます。

スリーピースリーピー

着心地が追求された「デザイン」へのこだわり

スリーピースリーピーのパジャマは、素材へのこだわりもさる事ながら、デザインに関しても眠りやすさをとことんまで追求されています。寝ているときに違和感を与えないよう、できるだけ体にあたる部分にはボタンやスナップを付けない工夫はもちろんのこと、襟元も首にあたって痛くないように幅を細かく計算して作られています。

スリーピースリーピー

カーディガンやガウンなど羽織ものは、生活に寄り添って家事のしやすさにこだわられています。まず、皿洗いや洗濯のときに腕まくりしても袖が落ちてこないようリブを長めにつくり、丈も引きずってしまわないように丁度よい長さに調整されています。そして、ロングカーディガンや長めのガウンにはポケットが必ず付いていて、家事の最中も携帯電話やスマートフォンを入れておけて便利な仕様になっています。また、ボタンが付いていることも嬉しいポイントで、冬の寒い時期も前を閉めることができ、閉じておけばペラペラして家具に引っかかることもありません。

スリーピースリーピー

スリーピースリーピーでは、見た目のフォルムにも強いこだわりがあり、レディースパジャマは首元に余裕をもたせたり、肩幅をやや狭くすることで、女性らしいシルエットに仕上げているといいます。また、派手めなピンクが苦手な女性も抵抗なく着れるよう、スモーキーピンクや淡いネイビーなどのムーディーな色味を多くラインナップするとともに、眠りにつくときにスッピンでも馴染むよう、肌が綺麗に見える色を突きつめて考えられています。

スリーピースリーピー

メンズアイテムについても、女性のシャツパジャマよりパイピング(布端の飾り折り)の幅を広くしており、野暮ったく見え過ぎず、手足が長く見えるように、ワイドなシルエットを実現しています。男性用のガウンには、袖振りなどリブが通っていないため、女性であってもオーバーサイズで着用したい方が購入することもあるといいます。

スリーピースリーピー

ブランドプロモーターに聞く、お店の魅力

普段から商品に触れ、その着心地を体感しているというプロモーターの高橋氏に、スリーピースリーピーの魅力についてうかがいました。「とにかく眠りのことを一心に考えて、デザインされていることが魅力です。睡眠で疲れがとれないと一日を過ごすのがつらいはずで、当ブランドのパジャマで上質な眠りを提供できることに誇りを持っています」と自信を覗かせる高橋氏。

スリーピースリーピー

上質なパジャマやルームウェアを取り揃えているからこそ、是非とも店頭で試着して、着心地を体感していただきたいとも続けます。実際に、スリーピースリーピーの商品を購入する方は、色味や肌触りを着比べてチョイスするケースが多いといい、スタッフから専門的なアドバイスを受けられることも相まって評判を呼んでいます。

自分へのご褒美や心遣いのプレゼントにおすすめ

スリーピースリーピーのパジャマやルームウェアは、自宅用にもギフト用にも使い勝手のよい逸品アイテムです。普段から頑張っていて疲れが溜まっている自分へのご褒美に、また、大切な人に “いつもありがとう” という感謝の気持ちを伝える手段に最適です。眠りをプレゼントするという、心身ともにいたわった最上級の贈り物として、是非ともスリーピースリーピーを利用してみてはいかがでしょうか。

スリーピースリーピー

ショップの詳しい情報

店名 SLEEPY SLEEPY(スリーピー・スリーピー)マロニエゲート銀座店
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座3-2-1 マロニエゲート銀座2 3F
営業時間 11:00 ~ 21:00
定休日 不定休
最寄駅 銀座一丁目駅から徒歩2分、銀座駅から徒歩3分、有楽町駅から徒歩4分
電話番号 080-3551-3631
ホームページ https://sleepysleepy.jp/
SNS

本記事は2019年5月1日時点の情報です。

地図で場所を確認

この記事を書いた人

こうの ひろこ

ギフトコンシェルジュ兼webライター。看護師時代に培ったホスピタリティを活かし、贈り相手の「人となり」を想像した、プレゼントの見立てを得意とする。週に1回以上、東京での街歩きと、ギフトショップ巡りを欠かさない。

関連記事

  1. belle-de-savon(ベルデサボン)

  2. Giving Store(ギビングストア)

  3. giraffe WORK TO SHOP Sendagaya

  4. 銀座小夏(こなつ)

  5. LIGHT UP COFFEE(ライトアップコーヒー)

  6. NAKAMURA TEA LIFE STORE

  1. 義理の母親の誕生日に、ふわふわぬくぬくのカーディガンを贈ってみた

    2019.11.15

  2. 生まれてから1歳までのお祝い行事に贈る!おすすめのベビーギフト

    2019.11.07

  3. 海島綿のハンカチーフ

    誕生日祝いをくれた友達に、ご縁を繋ぐハンカチのお返しを贈ってみた

    2019.09.16

  4. 料理好きの人に贈りたい!手料理がグレードアップするキッチンギフト

    2019.08.30

  5. 1000円ギフトでささやかな心配り、程よいプチプレゼントのススメ

    2019.07.21

  1. お年玉って何歳まで渡す? いくらが相場? 素朴なギモンにお答え

    2018.11.23

  2. 基本の蝶結び

    2018.01.09

  3. 結婚式の受付を依頼されたら要チェック!当日の流れや受け答えマナー

    2018.12.06

  4. 引退の花道を飾るおくりもの、退職祝いの金額相場と熨斗のマナー

    2019.09.13

  5. 5月のギフトイベント

    2017.07.19

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」