出産祝いの気になる金額相場と、贈るタイミングのマナー

本記事は、贈答マナーに関する、皆様のちょっとした疑問を解決していくコーナーです。いざという時に困らないよう、ぜひご参考にしてみてください。

20代後半にかけて増えてくる、友達や家族への出産のお祝い。そのたびに「何を贈ったら喜ばれるのだろう?」と悩みますよね。今回は、出産祝いの一般的な相場や、注意点についてお話したいと思います。最低限のマナーを学んで、素敵な出産祝いをお贈りください。

出産祝いの相場とタイミング

出産祝いの一般的な金額相場

  • 友人: ¥5,000 ~ ¥10,000
  • 会社同僚・知人: ¥3,000 ~ ¥5,000
  • 兄弟姉妹・親戚: ¥10,000 ~ ¥30,000

現金の場合、「4」や「9」は「死」や「苦」などをイメージさせ、縁起が良くないので控えます。また、現金でお渡しする場合は、新札を入れるようにしましょう。

あまりに高価な品を贈ると、相手のお返しの負担を大きくさせてしまいます。出産や結婚祝いのお返しは、一般的に「半返し」と言われ、いただいた品の 1/3 ~ 1/2 程度の品をお返しするのがマナーとされており、高価なものほどお返しも高価にしなければならないので注意が必要です。

いずれにしても、大切なのは「お祝いの気持ち」です。贈られる相手もお祝いの気持ちがなによりも嬉しい筈ですよ。

友人・知人への出産祝い

友人への出産祝いについては、より親しい間柄の友達だと、1万円程度の品を贈る方もいるようです。また、数人で2,000円~3,000円ずつ出し合って、高価な贈り物をすることもあります。それほど親密でない方へは、無理して贈る必要はないので、贈る相手との関係性に応じて金額は変えていっても問題ありません。

兄弟姉妹・親戚への出産祝い

兄弟姉妹の出産祝いの相場金額は、1万円から3万円と言われていますが、年上の兄や姉の場合は5,000円程度でも問題ないでしょう。親戚へのお祝いの金額は、悩む方も多いのではないでしょうか。悩んだら、ご自身の両親に、「いくら分の品をお渡しすればいいかな?」と相談してみると解決するかもしれません。

出産祝いを贈るタイミング

出産後、退院してから1ヶ月以内に、出産祝いを郵送するようにしましょう。

無事に退院しても、予想外に体調を崩してしまったり忙しくしていることがあるので、贈る際は、必ずママや赤ちゃんが元気に過ごしていることを確認してから贈りましょう。退院をしたからといって、一方的にお祝いを贈らない配慮が必要です。

出産祝いの相場とタイミング

親しい間柄であれば、相手の状況を確認した上で、直接渡すこともあります。お宅に訪問する場合は、相手の負担にならない程度に、長居しないように気を付けましょう。

また、出産後の自宅には生まれたばかりの免疫の弱い赤ちゃんがおり、家族も細心の注意を払っています。自分の体調が優れない場合や、病み上がりの場合で咳や鼻水などが治まっていない場合は、家族を不安にさせないためにも、訪問日を変更しましょう。

喜んでもらえる出産祝いの品

商品券や現金の他に、ベビーアイテム(洋服、おくるみ、よだれかけ、スキンケアアイテム)や、頑張ったママへのご褒美(自分ではなかなか買えないボディケアアイテム、ルームウェア、スイーツやノンカフェイン飲料)を贈ると、喜ばれるかと思います。最近では、出産祝い向けのカタログギフトなどもあります。悩む場合は、相手に欲しいものを聞いてしまうのもアリですよ。

フランジュール

場所をとるサイズの大きなおもちゃは、生活空間を圧迫します。また、バギーやバウンスなどの大物や抱っこひもは、用意していたり、1人目のものがあったりと、既に持っているケースがあるかもしれません。したがって、大きなものや道具類は、相手に必要かどうか聞いてから贈るようにしましょう。

いくらお祝いの気持ちが大きくても、負担になるものを贈らない気遣いも持ちたいですね。

双子ちゃんの場合は、1人分の「1.5~2倍」程度の金額相場で、贈り物を探す方が多いようです。相手のお返しの負担も頭の隅に置きつつ、ケースに応じて金額を調節してください。

出産祝いにおすすめのギフト

祝福の気持ちと思いやりで気持ちの良い贈答を

出産祝いの相場とタイミング

色々なマナーがあると堅苦しく考えがちですが、一番大切なのはお祝いの気持ちです。最低限のマナーを守って、目一杯家族をお祝いしてあげたいですね。

これからも、贈答マナーに関する、皆様の疑問を解決していきます。「これってどうすればいいの?」という疑問も大募集していますので、ご遠慮なくお問い合わせフォームからご連絡ください。

関連記事

  1. 3月のギフトイベント

  2. 12月のギフトイベント

  3. 【特集】お盆の帰省までに探したい、心をつかむ東京の手土産

  4. まち歩きNo.04 - 日本橋

  5. 裏表のあるリボンの蝶結び

  6. 5月のギフトイベント

  1. 【特集】敬老の日に贈る、大好きな祖父母への思いやりギフト

    2018.09.01

  2. 【特集】産後のお母さんをねぎらう、”ご褒美”としての…

    2018.08.21

  3. 【特集】お盆の帰省までに探したい、心をつかむ東京の手土産

    2018.07.26

  4. 〚実例〛いつも気に掛けてくれる、親戚へのお中元ギフト

    2018.07.18

  5. 〚実例〛歴史好きなお父さんへ、猛暑を乗り切る誕生日プレゼント

    2018.07.12

  1. 11月のギフトイベント

    2016.12.04

  2. 4月のギフトイベント

    2016.08.19

  3. 10月のギフトイベント

    2018.05.02

  4. 神前式(しんぜんしき)に参列するときの注意点

    2018.05.13

  5. 裏表のあるリボンの蝶結び

    2017.03.09

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」