東京まち歩きNo.02 - ダガヤサンドウ

本記事は、SmileLabel のスタッフが、東京で「気になるスポット」を散策した体験談のコラムです。プレゼント探しを兼ねた休日デートに、ぜひ参考にしてみてください。
第二弾の今回は、渋谷区の千駄ヶ谷から北参道までの、通称、ダガヤサンドウ(千駄ヶ谷~北参道)エリアを特集します。

ダガヤサンドウ

JR中央本線の千駄ヶ谷駅をスタートして、鳩みくじと将棋堂が有名な鳩森八幡神社を参拝、建設中の新国立競技場(2018年4月24日時点)を通り越して、おしゃれなショップやカフェを巡る、ダガヤサンドウの丁度いい半日お散歩コースをご紹介します。それでは、千駄ヶ谷駅からの散策を、順を追ってご説明していきます。

① 鳩森八幡神社(はとのもりはちまんじんじゃ)

JR千駄ヶ谷駅の改札を出て、東京体育館を左手に見ながら直進すると、まず見えてくるのが「鳩森八幡神社」。御祭神に応神天皇・神功皇后を祀り、千駄ヶ谷一帯の総鎮守として村民の崇敬を受けた神社です。

鳩森八幡神社

初宮詣(お宮参り)・七五三・合格祈願・成人式・結婚式・安産祈願だけでなく、棋力向上のお守りも。広い境内には能楽殿があり毎年元日に謡(うたい)が披露されたり春には薪能が公演されます。

鳩森八幡神社

都の有形民俗文化財指定の富士塚があり、樹木は区の保存林に指定されています。 山頂からの眺めは爽快です。棋力向上をお祈りする「将棋堂」などもあり、見どころ豊富な神社です。鳩が可愛い「鳩みくじ」で運試しをすると、なんと訪れたふたりともが大吉!小さな旅の良いスタートが切れました。

鳩森八幡神社

② 新国立競技場(しんこくりつきょうぎじょう)

鳩森八幡神社から坂を下った場所に位置するのが、2020年東京オリンピックのメイン会場となる「新国立競技場」です。元々は、1964年の東京オリンピックのスタジアムであった国立競技場が、新しい競技場に生まれ変わる様子は、日本人なら老若男女問わず気持ちが高ぶります。

新国立競技場

「工事中の現場を見て楽しいの?」と疑問に思われるかもしれませんが、眼前で行われるスケールの大きい建設作業や壮大な重機は大迫力。間近で見ると、おぉっと圧倒されることでしょう。建造中の競技場が2020年にどのように完成するのか、楽しみもできます。

③ ロンハーマン千駄ヶ谷店

ダガヤサンドウ散策でのランチは、人気の有名店「ロンハーマンカフェ」にしました。広く開放的な空間に、おしゃれな雑貨やグリーンの植物が飾られています。

ロンハーマン

店員さんのおすすめは、ローストチキンのメキシカンコブサラダ。たっぷりの野菜、キヌア、豆にローストチキン!男性でも満足できるボリュームです。

ロンハーマン

スイーツやドリンクも豊富なので、どの時間帯に訪れても快適に過ごせるお店でした。カフェ以外にもインテリア、美容、ファッション雑貨などのお買い物も楽しめます。

④ giraffe(ジラフ)

ロンハーマンから原宿方面に進み、千駄ヶ谷小学校の交差点にあるのが、ネクタイ専門店「giraffe(ジラフ)」。千駄ヶ谷店は、おしゃれなネクタイを製造・販売するブランドのgiraffeの旗艦店として「WORK TO SHOP Sendagaya」と銘打っています。

ジラフ

店内にずらりと並ぶネクタイは華やかそのもの。スタッフの方が相談に乗ってくれるので、ネクタイの知識のない方でも安心してお買い物ができます。カフスボタンやタイピンなどのアイテムもあり、男性へのとっておきの贈り物探しの心強い味方です。

ジラフ

このお店でおすすめの商品

⑤ THE DECK COFFEE&PIE(ザ・デックコーヒーアンドパイ)

ここで歩き疲れたら、THE DECK COFFEE&PIEでひと休憩してみてはいかがでしょうか。店名の通り、自家焙煎コーヒーやパイが名物のカフェです。

デックコーヒーアンドパイ

ショーケースには魅力的なパイが!アップルパイにチェリーパイ、ミートパイなど、男性にも嬉しいラインナップ。今回は満腹状態だったのでコーヒーのみでしたが、次回の訪問は小腹を空かせて来ようと決心しました。

デックコーヒーアンドパイ

店内は、コンクリートの打ちっぱなしの内装に、ウッディなテーブルが置かれた西海岸風の造り。平日の日中に伺いましたが、ビジネスパーソンも多く、男性も気兼ねなく入れる雰囲気でした。

デックコーヒーアンドパイ


ダガヤサンドウ散策の最後は、都営バスの停留所「千駄ヶ谷小学校前」にある POTASTA(ポタスタ)で、野菜たっぷりのサンドイッチを購入してお散歩終了です。都営バスで渋谷駅まで向かえますので、足が疲れたらバスをご利用ください。

ダガヤサンドウ

ダガヤサンドウは、美味しそうなお店や、面白そうな雑貨屋さんが紹介しきれないほど存在する旬なエリアでした。皆様も、あなただけのお散歩コースを歩いてみてくださいね。

この記事を書いた人

こうの ひろこ

ギフトコンシェルジュ兼webライター。看護師時代に培ったホスピタリティを活かし、贈り相手の「人となり」を想像したプレゼントの見立てを得意とする。子育てに奮闘しながらも、週に1回以上の東京まち歩きと、ショップ巡りをライフワークにしている。

関連記事

  1. 新築祝いはデリケート? マイホームを祝福する上で注意するポイント

  2. 聖なる夜を輝かせる、絶対に外さないクリスマスプレゼントのポイント

  3. 結婚式の受付を依頼されたら要チェック!当日の流れや受け答えマナー

  4. デリケートな期間でもおめでとうを伝えたい「妊娠祝い」のプレゼント

  5. 熨斗(のし)をギフトに付けるのはなぜ? その意味や活用例を解説

  6. イベント体験リポート - モノマチ(10th)in カチクラ

贈り物専門サイト「ギフト・ディノス」
  1. 物欲がない人に贈る、もらっても困らない「消えもの」ギフト

    2020.06.18

  2. 東京まち歩きNo.11 - 南青山

    2020.03.07

  3. 義理の母親の誕生日に、ふわふわぬくぬくのカーディガンを贈ってみた

    2019.11.15

  4. 生まれてから1歳までのお祝い行事に贈る!おすすめのベビーギフト

    2019.11.07

  5. 海島綿のハンカチーフ

    誕生日祝いをくれた友達に、ご縁を繋ぐハンカチのお返しを贈ってみた

    2019.09.16

  1. 5月のギフトイベント

    2017.07.19

  2. 両家顔合わせの挨拶シーンで役立つ、礼儀を尽くした手土産のマナー

    2020.02.25

  3. 突然の来客でも大丈夫!お茶出しでおもてなしの心を表現する方法

    2019.07.09

  4. 2月のギフトイベント

    2017.09.03

  5. 引退の花道を飾るおくりもの、退職祝いの金額相場と熨斗のマナー

    2019.09.13

都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
贈り物専門サイト「ギフト・ディノス」