神前式(しんぜんしき)に参列するときの注意点

本記事は、贈答やそれに関連するイベント時のマナーに関する、皆様のちょっとした疑問を解決していくコーナーです。いざという時に困らないよう、ぜひご参考にしてみてください。

和装での挙式の人気が高まり、神前式に参列することも増えたのではないでしょうか。基本的なマナーを守ればいいのだけど、詳しいことはわからない。という方へ、服装や注意点をご説明します。

ゲストの服装

ゲスト(参列者)の服装は、着物でも洋服でも問題ありません。親族であれば、着物の方が雰囲気に合っており、良いとされることもあります。また、友人でも着物姿での参列は会場を華やかにしてくれる、と親族に喜ばれることも多いそうです。

女性の着物

  • 未婚女性: 振袖、訪問着
  • 既婚女性: 色留袖、訪問着

振袖は、成人式で見かけるような華やかな着物で、結婚式では一般的に格式が高いとされる袖の長い大振袖を着るといわれています。色留袖は、振袖に比べて袖が短いフォーマルな着物のことで、最近では晩婚化が進んだことから、年齢相応の着物ということで未婚の女性が着ることもあります。また、黒留袖が既婚女性が着る一番の礼装とされますが、近親者のみが着る留袖とされています。

派手な色柄や花嫁と衣装の色がかぶりそうなものは避けましょう。(白は白無垢、黒や赤は打掛に多い色ですので要注意)

洋装で参列する場合は、肌の露出を控え目にしましょう。ノースリーブやキャミソールタイプのワンピースなら、ボレロやストールは必須です。また、神社の場合、控室がお座敷の場合もあるので、ミニスカートも避けるのが無難です。

神前式に参列するときの注意点

神社での神前式では、靴を脱いで控室や神殿に入ることが多いので、ストッキングは必須です。素足で神殿に上がることは、神様に対して失礼なこととされています(目上の方の自宅に、素足で上がる方はいませんよね。)きちんとマナーを守って、式に参列しましょう。

砂利の上を歩きにくいピンヒールも、避けるのが無難です。ファーや革(ヘビ、ワニなど)のアイテムも避けましょう。これは殺生をイメージさせ縁起が悪いから、と言われています。若い世代では気にする方が少なくても、親族には年配の方もいらっしゃり不快な思いをさせてしまう恐れがあります。皆が気持ちよく祝いの席を過ごすためにも、配慮を忘れないようにしましょう。

式での注意点

神前式に参列するときの注意点

遅刻厳禁

遅刻は絶対に厳禁です。基本的に途中入室はできないと思っておきましょう。

私語厳禁

教会式でも同様ですが、神聖な儀式なので、静かに参列しましょう。

写真は許可が出た場合のみ

花嫁の奇麗な白無垢姿を撮影したいと思ってしまいますが、無断で式の様子や神殿の写真を撮らないようにしましょう。「フラッシュ撮影禁止」「神殿にカメラを向けての撮影は禁止」「携帯電話での撮影禁止」など、神社によって決まりが違うので、あらかじめ招待状を確認したり、式前の指示を聞きましょう。

所作のタイミングについては、進行役の方が都度指示をしてくれるので、言われた通りにすればOKです。基本的に新郎新婦・親族以外は「起立」「礼」が式中の動作になります。親族は、親族固めの盃(両家の親族一同で盃に注いだお神酒をいただく)をします。


日本ならではの、結婚の儀式。マナーを守った大人の振る舞いで、友人やご家族の門出をお祝いくださいね。

これからも、贈答マナーに関する、皆様の疑問を解決していきます。「これってどうすればいいの?」という疑問も大募集していますので、ご遠慮なくお問い合わせフォームからご連絡ください。

関連記事

  1. 〚実例〛3人の友人に、結婚・退職・誕生日のお祝いケーキ

  2. 〚実例〛物欲がない、母親への誕生日プレゼント実例

  3. イベント体験レポート - 赤坂蚤の市 in ARK HILLS

  4. デキる社会人と思われる、上司に対する贈り物マナー

  5. 12月のギフトイベント

  6. まち歩きNo.02 - ダガヤサンドウ

  1. イベント体験レポート - 赤坂蚤の市 in ARK HILLS

    2018.07.02

  2. 【特集】夏を快適に過ごせるお中元で、日頃の感謝を込めた御挨拶

    2018.06.25

  3. まち歩きNo.05 - 神楽坂

    2018.06.11

  4. イベント体験レポート - togoshi八満マルシェ

    2018.06.05

  5. 〚実例〛職場の後輩に贈る “夫婦の木” で 結婚&引越し…

    2018.06.03

  1. 1月のギフトイベント

    2016.10.16

  2. 神前式(しんぜんしき)に参列するときの注意点

    2018.05.13

  3. 5月のギフトイベント

    2016.07.19

  4. 12月のギフトイベント

    2016.11.28

  5. 基本の蝶結び

    2017.07.10

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」