東京まち歩きNo.01 - 谷根千(やねせん)

本記事は、SmileLabel のスタッフが、東京で「気になるスポット」を散策した体験談のコラムです。プレゼント探しを兼ねた休日デートに、ぜひ参考にしてみてください。
第一弾の今回は、台東区の谷中から文京区の根津・千駄木までの、通称、谷根千[やねせん](谷中・根津・千駄木)エリアを特集します。

やねせん

JR日暮里駅をスタートして、人気店が軒を連ねる上野桜木を散策、春にはツツジが咲き乱れる根津神社、人々が賑わう谷中銀座商店街までを巡る、1日デートにぴったりな谷根千散歩コースをご紹介します。
随所にある、おすすめの雑貨店やカフェなども見逃せませんよ。それでは、日暮里駅からの散策を、順を追ってご説明していきます。

① OshiOlive(おしおりーぶ)

おしおりーぶ

「上野桜木あたり」という、ショップ&レンタルスペース&住居が、路地や庭でつながった、ユニークな複合施設に、塩とオリーブオイルの専門店『OshiOlive(おしおりーぶ)』があります。
こちらは、お塩・オリーブ・ビネガーを豊富に取り扱うお店です。店内の商品を自由にテイスティングでき、店員さんがおすすめの組み合わせを紹介してくれます。

おしおりーぶ

組み合せによっては、味わいが全く変わることに驚かされます。自分だけのオリジナルのドレッシング作りも楽しくなりそうですよね。お庭では、ドリンクメニューを楽しむこともでき、木陰が気持ち良い空間になっています。

このお店でおすすめの商品

② 嵯峨の家(さがのいえ)

さがのいえ

大正3年から開業している、おせんべい屋さん『嵯峨の家(さがのいえ)』。こちらでは、国産米を使って手焼きで作られた、味わい深いおせんべいを購入しました。

さがのいえ

購入したのは「お店で3番目に硬いおせんべい」で、しっかりとした噛みごたえ。「バリバリ」と「ガリガリ」の中間くらいの、丁度良いかたさがおせんべいの風味を引き立たせます。醤油味がいい塩梅で、昼ご飯前の小腹を程よく満たしてくれました。

③ カヤバ珈琲

カヤバ珈琲

谷中で絶大な人気を誇る、喫茶店の『カヤバ珈琲』で、ちょっとした休憩とランチを楽しみました。一度は閉店したものの、再開を望む方たちの力で復活を果たした伝説のお店です。ちょうどお昼時だったので行列ができていて、おせんべいを食べながら約20分順番を待ちました。

カヤバ珈琲

楽しみにしていた卵サンドは、まさに絶品(後ろに写っているのはハヤシライス)。小麦の旨みを感じる食パンに塗られたバター、ふわふわの卵が口内でとろけ合わさって、思わず頬が緩みます。香り高いコーヒーも一緒にいただき、幸せなランチタイムを過ごすことができました。

④ 下町てぬぐい処 賞(めでる)

下町てぬぐい処めでる

カヤバ珈琲の前の坂を下っていった中腹の右手にあるのが、下町てぬぐい処『賞(めでる)』。店内には、所狭しと色彩豊かな手拭いが並びます。

下町てぬぐい処めでる

ここでは、店員さんおすすめの「かや(蚊帳)のふきん」を購入。吸水性よし、速乾性よし、通気性よしの、使い心地バツグンの優秀なふきんです。葡萄の刺繍が可愛らしく、日常にちょっとした笑顔ポイントを与えてくれます。

⑤ 根津神社(ねづじんじゃ)

根津神社

今回のまち歩きの目玉、根津神社。4月末のこの日は、つつじが満開でした。2,000坪の広大な境内に、約100種3,000株のツツジがぎっしりと咲き、上から眺めるとまるで絨毯のようです。

根津神社

寄進料200円を払い、つつじ苑に入ることができます。平日14時頃でも人足は多いですが、待ち時間なく鑑賞することができました。5月初旬までつつじ祭りが開催されているので、ゴールデンウィークのお散歩にもおすすめです。

根津神社

境内にある千本鳥居も壮観。まるで異空間への入り口です。北から南に通り抜けると邪気が払われるといわれています。

⑥ 根津のたいやき

根津のたいやき

根津神社から大通りに出て、左手に少し歩くと見えるのが『根津のたいやき』。こちらは鯛焼き好きに天然物と呼ばれる、1匹のみを焼く型で作られています(一気に複数個焼ける型で作られたものを、養殖物と言うのだそうです)。
ただし、14時には早くも売り切れの文字が…。皮は薄くぱりぱりあんこはふっくら甘いという人気のたい焼き、皆様もお買い求めはお早めに。

⑦ Succession(サクセション)

サクセション

蛇道の一本上の道にあるのが、谷中ベイクショップ『Succession(サクセション)』。カウンターショーケースには、魅惑的なパンや焼き菓子が並びます。

サクセション

店内・テラスにはテーブルや椅子があり、ランチも提供しています。昼食や午後のティータイムにおすすめです。

サクセション

ここでは、いちじく・くるみ・アプリコット・レーズン・オレンジピールが入ったライ麦パンを購入。ドライフルーツを食べているかのような、具がずっしり入ったライ麦パンは、満足度十分でとっても美味しかったです。

⑧ クラシコ

クラシコ

Successionの並びにあるのが『クラシコ』。生活に関わる日用品や道具類、カジュアルウェアなどのセレクトショップです。
店内には、毎日を気持ちよく過ごせそうな洋服や生活道具が美しく整列されています。商品の魅力を丁寧に説明しているお店のブログも必見です。

⑨ いちふじ

ここで、日暮里駅にほど近い谷中銀座商店街まで戻ってきました。いつ見ても行列ができている、人気のお総菜屋さん『いちふじ』。こちらでは、夕方のおやつに焼き鳥を買いました。美味しそうな焼き鳥モモ一本50円は驚きの安さ。
お店の外観撮影はもちろんのこと、購入した商品をネットに上げることも禁止とのことで、写真は控えさせていただきます。

⑩ 夕やけだんだん

夕やけだんだん

谷根千散策の最後は、谷中銀座商店街の端にある有名な階段、『夕やけだんだん』を登ります。ちょっと低めの段差で作られた階段は、テンポよく登り切ることができて爽快感たっぷり。
小さい子供達が掛け上がっていく姿も微笑ましいです。上からみる景色は、昭和の懐かしい世界が広がります。夕やけ空を眺めると、ほっこり温かい気持ちになれる場所です。

やねせん

夕やけだんだんを登り、直進すれば日暮里駅の西口に到着します。谷中、根津、千駄ヶ谷の「谷根千(やねせん)」をぐるっと周った今回の散策ルート。
休憩を挟みながら約5時間、程々の疲労が心地良く感じます。皆様も、あなただけのお散歩コースを歩いてみてくださいね。

この記事を書いた人

こうの ひろこ

ギフトコンシェルジュ兼webライター。看護師時代に培ったホスピタリティを活かし、贈り相手の「人となり」を想像した、プレゼントの見立てを得意とする。週に1回以上、東京での街歩きと、ギフトショップ巡りを欠かさない。

関連記事

  1. 7月のギフトイベント

  2. デキる社会人と思われる、上司に対する贈り物マナー

  3. イベント体験リポート - 自由が丘女神まつり(第46回)

  4. 松陰神社前

    東京まち歩きNo.10 - 松陰神社前

  5. 仕事を頑張るお父さんを労う、とっておきの父の日プレゼント

  6. 就職&引越しのお祝いで、ルーキーの門出を応援

  1. 海島綿のハンカチーフ

    誕生日祝いをくれた友達に、ご縁を繋ぐハンカチのお返しを贈ってみた

    2019.09.16

  2. 料理好きの人に贈りたい!手料理がグレードアップするキッチンギフト

    2019.08.30

  3. 1000円ギフトでささやかな心配り、程よいプチプレゼントのススメ

    2019.07.21

  4. 内定をもらった弟に、ビジネススーツに映える就職祝いを贈ってみた

    2019.06.25

  5. ワークショップで作ろう!世界でひとつのオリジナル革小物

    2019.06.20

  1. 1月のギフトイベント

    2017.10.16

  2. 基本の蝶結び

    2018.01.09

  3. 突然の来客でも大丈夫!お茶出しでおもてなしの心を表現する方法

    2019.07.09

  4. 帰省の前に読んでおきたい、義両親への手土産マナー

    2018.06.17

  5. お年玉って何歳まで渡す? いくらが相場? 素朴なギモンにお答え

    2018.11.23

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」