イベント体験リポート - 猿楽祭2018代官山フェスティバル

本記事は、東京で「気になるスポット」を散策した体験談コラムの番外編、都内出店イベントの体験リポートです。今回は、2018年の10月7日(日)から 8日(月)にかけて、代官山ヒルサイドテラスで行われた「猿楽祭2018 代官山フェスティバル」の二日目に参加した様子をご紹介します。

猿楽祭

お祭りは好きでも、混雑は苦手な方はいらっしゃいますよね。これなら行けるかも!と感じていただけるように、短時間でも十分に満喫できる、代官山のお散歩リポートにまとめましたので是非ご覧ください。

イベントの概要

  • イベント名

    猿楽祭2018 代官山フェスティバル(第14回)

  • 開催日

    2018年10月7日(日)~ 10月8日(月・祝)

  • 開催時間

    10:00 ~ 18:00

  • 会場

    代官山ヒルサイドテラス全棟

  • 公式HP

    http://sarugakumatsuri.com/

代官山ヒルサイドテラスの場所

代官山駅から歩いて、いざ猿楽祭に

代官山駅

代官山駅に到着したのは昼14時前。駅付近はそれほど混雑しておらず、安全に歩ける程度です。私たちは、旧山手通りの蔦屋書店側を初台方面に進み、代官山ヒルサイドテラスに向かいました。

代官山ヒルサイドテラス

「猿楽祭(さるがくまつり)」は、代官山ヒルサイドテラスや近隣の住人、ショップ、オフィス、クリエーター、大使館、学校など、多彩な住人たちが盛り上げる、代官山の秋の風物詩です。

猿楽祭の様子

14回目を迎える今年のテーマは「マクリヒロゲル猿楽祭」。「マクリヒロゲル」とは、ヒルサイドテラスと縁の深いデザイナー粟津潔氏による造語で「すべての境界を取り除いて展開すること」を意味します。〔 猿楽祭公式HPより引用 〕

代官山ヒルサイドテラス

代官山ヒルサイドテラス全棟を主な会場として、旧朝倉邸(アネックス付近)からデンマーク大使館までのヒルサイドテラス界隈が地域に開かれています。マーケット、ワークショップ、パフォーマンス、コンサート、イベントなど多様なアクティビティが催されています。

ヒルサイドテラスF/G棟

ヒルサイドスクエア

代官山ヒルサイドテラスF棟(蔦屋書店側)の前にある広場のヒルサイドスクエアでは「猿楽の市」が開催されていました。野菜やオリーブオイル、ワイン、花、焼き菓子やパンなどがマルシェのように販売されています。どれも美味しそうで目移りしてしまいます。

マルシェ

ヒルサイドスクエアの奥から入れるF棟では、ワークショップなども開催されています。「死にそびれたバッハ一族のロンド」というタイトルのお化け屋敷は、気になったものの怖気づいて入れませんでした。

ワークショップ

天然酵母ベーカリー

代官山ヒルサイドテラスG棟の地下1階にある、天然酵母のパンが有名な「Hillside Pantry(ヒルサイドパントリー)」に寄り道。自家製パンと高級輸入食材を取り扱うお店です。

ヒルサイドパントリー

店内には、パンやデリが美しく並べられ、食料品コーナーもあるためホームパーティーの時にも頼りになりそうです。お店の外にはイートイン用の席もあるので、代官山散歩のランチや休憩にも利用できます。

  • ショップ名

    Hillside Pantry(ヒルサイドパントリー)

  • 住所

    〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町18-12 ヒルサイドテラスG棟B1

  • 営業時間

    10:00 ~ 19:00

  • 定休日

    水曜日

  • ホームページ

    http://hillsidepantry.jp/

期間限定で開放するデンマーク大使館

デンマーク大使館

ヒルサイドスクエアの反対側に渡ると、猿楽祭の期間中に「THE ART OF HYGGE」と題して、デンマーク大使館を開放するオープンデーが開催されていました。普段は大使館の中なんて入れないのでわくわくします!

デンマーク大使館

大使館内では、デンマークの伝統工芸や国の文化について、様々な展示がされています。子供向けに輪投げなどのイベントも催されていて、のどかな休日の雰囲気が広がります。

デンマーク大使館

敷地内には、日本庭園のような一角もあり、都心であることを忘れさせてくれます。デンマークの良さを伝えながら、日本の文化にも日常的に触れている、大使らの生活が窺えます。

デンマーク大使館

大使館の玄関口では、レゴで作ったオブジェも飾られていました。言わずもがな、レゴはデンマーク発祥の世界的な玩具メーカーです。

ヒルサイドテラスC/D/E棟

猿まわし公演

ヒルサイドテラスC棟の側、猿楽塚古墳の入り口付近では、日光さる軍団の伝統芸能「猿まわし公演」もやっていました!お猿さんが一芸を披露するたびに拍手喝采。笑いと感動のひと時でした。

子供向けのイベント

猿楽祭では、子供向けのイベントも数多く開催されています。ヒルサイドテラスD棟の裏手では、自転車を乗りまわす、ちびっ子たちの楽しそうなはしゃぎ声が響きます。

フード

ヒルサイドテラスD棟の横にある脇道では、会場となる場所では、おしゃれなフードや美味しそうなワインが目白押しです。代官山付近の飲食店が主催している出店なので、美味しいこと間違いなし。

いけばな雪舟流展

いけばな雪舟流展

ヒルサイドテラスE棟では、いけばなの展示「いけばな雪舟流展」が開催されていました。生命力を感じる、壮大で麗美ないけばなに心が癒されます。

いけばな雪舟流展

気軽に参加できる茶道体験もできました。たまの休日に、日本古来から続く伝統的な文化に触れる体験ができるのも、このイベントの良さのひとつですね。

クリスマスカンパニー

クリスマスカンパニー

ヒルサイドテラスC棟に、クリスマスの飾りでいっぱいのお店「Christmas Company(クリスマスカンパニー)」を見つけました。「364日がクリスマス・イブ」という夢に溢れるお店は、コンセプトの通り、クリスマスアイテムを年中販売しています。

  • ショップ名

    Christmas Company(クリスマスカンパニー)

  • 住所

    〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町29-10 ヒルサイドテラスC-13

  • ホームページ

    http://www.christmas-company.com/

ネクタイ専門店「giraffe」

ジラフ

ヒルサイドテラスD棟の奥には、ネクタイ専門店「giraffe(ジラフ)」もあります。秋色の重厚感あるネクタイが増え、季節の移り変わりを感じます。男性への贈り物や、結婚式用の蝶ネクタイをお探しの方は、是非覗いてみてください。

  • ショップ名

    giraffe(ジラフ)代官山ヒルサイドテラス店

  • 住所

    〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町29-9 ヒルサイドテラスD-5

  • 営業時間

    12:00 ~ 19:00

  • 定休日

    火曜日

  • ホームページ

    http://giraffe-tie.com/

旧朝倉家住宅もイベント限定で無料開放

旧朝倉邸

猿楽祭が開催されるこの日は、旧朝倉家住宅が無料開放(普段は一般観覧料100円)されていたので、少しばかりお邪魔しました。旧朝倉家住宅は、東京府議会議長や渋谷区議会議長を歴任した、朝倉虎治郎氏によって建てられた歴史的建造物(民家)で、重要文化財に指定されています。

旧朝倉邸

緑が生い茂る広い敷地の中に、趣のある家屋があります。靴を脱いで一歩踏み入れると、時代を感じる内装に大正時代のロマンを感じます。

旧朝倉邸

当時の家主は、美しい庭を眺めながら何を感じていたのでしょうか。都心にいるとは思えないほどに緑があふれ、喧騒が遠のく不思議な空間に浸ることができました。


短い時間でまわれる猿楽祭はいかがでしたでしょうか?出店数も多く、食べ歩きのし甲斐があるため、小銭や千円札を多めに持っていくとお買物もスムーズです。あと、ウェットティッシュはお忘れなく。

猿楽祭

人混みが苦手なスタッフでしたが、代官山周辺はギュウギュウで歩けないということはなく、ノンストレスで楽しめました。また、街に関わる方や住人が祭りを心の底から楽しんでいて、こちらまで幸せな気持ちになり、少し馴染みのある街になった気がします。

この記事を書いた人

こうの ひろこ

ギフトコンシェルジュ兼webライター。看護師時代に培ったホスピタリティを活かし、贈り相手の「人となり」を想像した、プレゼントの見立てを得意とする。週に1回以上、東京での街歩きと、ギフトショップ巡りを欠かさない。

関連記事

  1. お年玉って何歳まで渡す? いくらが相場? 素朴なギモンにお答え

  2. まだ間に合う!新社会人の意欲をかき立てる「就職祝い」ギフト

  3. 東京まち歩きNo.09 - 麻布十番

  4. 東京まち歩きNo.03 - 両国

  5. 重ねた年齢を祝い、福にあやかる機会「長寿祝い」の意味とその種類

  6. イベント体験リポート - 赤坂蚤の市 in ARK HILLS(第51回)

  1. 海島綿のハンカチーフ

    誕生日祝いをくれた友達に、ご縁を繋ぐハンカチのお返しを贈ってみた

    2019.09.16

  2. 料理好きの人に贈りたい!手料理がグレードアップするキッチンギフト

    2019.08.30

  3. 1000円ギフトでささやかな心配り、程よいプチプレゼントのススメ

    2019.07.21

  4. 内定をもらった弟に、ビジネススーツに映える就職祝いを贈ってみた

    2019.06.25

  5. ワークショップで作ろう!世界でひとつのオリジナル革小物

    2019.06.20

  1. 基本の蝶結び

    2018.01.09

  2. 帰省の前に読んでおきたい、義両親への手土産マナー

    2018.06.17

  3. 6月のギフトイベント

    2017.07.08

  4. 新築祝いはデリケート? マイホームを祝福する上で注意するポイント

    2018.11.25

  5. お歳暮マナーは奥が深い?熨斗・お返し・喪中対応の要点をつかむ

    2018.10.19

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」