東京まち歩きNo.06 - 人形町

本記事は、東京で「気になるスポット」を散策した体験談のコラムです。第6弾の今回は、中央区の日本橋人形町エリアをぐるっと一周散策したコースをご紹介します。プレゼント探しを兼ねた休日デートに、ぜひ参考にしてみてください。

日本橋人形町

東京メトロ日比谷線と都営浅草線が通る人形町の駅。かつて、江戸歌舞伎や人形浄瑠璃などの芝居見物で賑わい、人々の娯楽の街として栄えていました。その芝居見物の一連の流れとして、茶屋をはじめとする飲食店も多く立ち並びました。

日本橋人形町

現在は、オフィスビルがそびえ立つ一方で、神社が存在感を放ち、歴史ある飲食店が昔と変わらず活気をみせています。今回のまち歩きでは、伝統的な七福神(神社)巡りから、趣きある甘酒横丁の散策、おしゃれな専門店めぐりまで、魅力的なお散歩コースを見つけました。本格的な冬を迎える前に、ふらっと小さな旅に出掛けてみませんか?

① CLASSICS the Small Luxury のハンカチーフ

クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ

人形町駅のA5出口からスタートし、ファミリーマートを通り過ぎた一つ目の交差点を左に進むと、ほどなく見えてくるのがハンカチーフ専門店「CLASSICS the Small Luxury(クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ)」。こちらでは、色とりどりの素敵なハンカチーフをお買い物できます。

クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ

刺繍のオーダーもでき、イニシャルや可愛いモチーフを選ぶことも可能です。様々なデザインのハンカチーフがあり、どれにしようか迷ってしまうほど。自分へのご褒美や、誕生日の近い友達へのプレゼントなどに、とっておきの一枚を見つけてくださいね。


  • ショップ名

    CLASSICS the Small Luxury(クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ)

  • 住所

    〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-4-5

  • 営業時間

    11:00 ~ 18:30

  • 定休日

    日曜日・年末年始

  • ホームページ

    https://www.classics-the-small-luxury.com/


② 椙森神社/富塚碑〔恵比寿神〕

椙森すぎのもり神社じんじゃは、恵比寿えびすじんまつられています。平安時代には、たいらの将門まさかどの乱をちんていするために、藤原ふじわらの秀郷ひでさとが戦勝祈願をしたところといわれています。また、江戸時代には火災によって寺社が焼失し、その再建費用のためにとみ興行こうぎょうが行われたそうです。

椙森神社

当椙森神社は、遠く一千年の昔、未だ江戸が武蔵野の原と言はれた時代の創建です。江戸時代には、江戸三森の一つであり、又、江戸商人の発祥の地としても栄えて来ましたが、神社が街の中心にあるため、江戸三富の一つにも数えられるほど数多くの富籤が興行された事が記録に残されています。境内の案内看板より一部引用

とみくじとは、賭博の一種で現代の宝くじのようなもの。宝くじの元祖として、祈願しに訪れる方もいるようです。

  • 施設名

    椙森神社(すぎのもりじんじゃ)

  • 所在地

    〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-2

③ 末廣神社〔毘沙門天〕

次に向かった末廣すえひろ神社じんじゃは、毘沙門びしゃもんてんを祀る神社です。毘沙門様は勝負事にご利益があるとされ、崇められています。

末廣神社

このあたりには、1617年頃に遊女町が造られ、そのうじがみ様として信仰を集めていました。小さな境内ですが、柔らかな木漏れ日が差し込み、神聖さを感じる神社です。

  • 施設名

    末廣神社(すえひろじんじゃ)

  • 所在地

    〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-25-20

④ 人形町「花」で親子丼を堪能

末廣神社の付近で美味しそうなお店を発見しました。「人形町 花」です。惹かれたのは、親子丼!食べ歩きもいいなと考えていましたが、美味しそうなメニューを見つけてしまったからには、入らないわけにはいきません。11時過ぎでしたが、人形町は12時前からどこのお店も混雑しはじめるため、早めの昼食をとることに。

人形町花

注文したのは「鳥玉手箱(¥1,200)」です。もも肉、胸肉、せせり肉の3部位が入っており、濃厚そうな丹波の卵黄がぷっくりと乗っています。お米は、白米か特製の出汁と牛蒡で炊いた茶飯から選びます。ひつまぶしのように柚子胡椒、大葉、擦り胡麻の薬味で、味を変えながらいただきます。

人形町花

最後には、鳥出し汁をかけて、お茶漬けで〆ても。ぷりっとした鶏肉とトロトロの濃厚卵が茶飯と絡まり、とっても美味しかったです。食べ歩きをするつもりで「ご飯少な目」オーダーしましたが、とっても満たされました。さて、食べ歩きはできるのでしょうか?

  • ショップ名

    人形町 花(にんぎょうちょう はな)

  • 住所

    〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-24-6

  • 営業時間

    [平日]11:00 ~ 14:30(LO 14:00),17:00 ~ 23:00(LO 22:00)
    [土日祝]11:00 ~ 15:30(LO 15:00),17:00 ~ 22:00(LO 21:00)

  • 定休日

    月曜(祝日の場合は営業)

  • ホームページ

    http://www.ningyocho-hana.jp/


⑤ 笠間稲荷神社〔寿老神〕

笠間稲荷神社

お昼を食べた後は、笠間かさま稲荷いなり神社じんじゃに。1859年に藩主牧野まきの貞直さだなお公が、茨城県・笠間稲荷神社から分霊ぶんれいを江戸下屋敷に奉斎ほうさいしたのがはじまりです。

寿老神は長寿の神にしてお導きの神・幸運の神として人々の運命を開拓してくださる福徳長寿の守護神です。日本橋七福会「日本橋七福神めぐり」より一部引用
  • 施設名

    笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)東京別社

  • 所在地

    〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-11-6

東京洋菓子倶楽部のモンブランで休憩

浜町駅方面に少し足を延ばすと、「東京洋菓子倶楽部(とうきょうようがしくらぶ)」があります。こちらのお店は、洋菓子を販売しており、生菓子、焼き菓子、チョコレートなど魅力的なラインナップが揃います。

東京洋菓子倶楽部

こちらのお店で有名なのは、モンブラン(¥450)。ロールケーキの上に山型に絞られたクリームは、バニラビーンズをきかせたカスタードクリームと生クリームを併せたもの。そのクリームをしっとりとした栗ペーストが覆います。

東京洋菓子倶楽部

フォークがすっと入り、舌触りもなめらかな栗ペーストとクリームがとろけあって極上の幸せ。イートインで、ホットコーヒーと共に秋の味覚をゆっくりと堪能してください。

  • ショップ名

    東京洋菓子倶楽部(とうきょうようがしくらぶ)

  • 住所

    〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町1-1-12 プラザANSビル1F

  • 営業時間

    [平日]10:00 ~ 19:00(LO 18:00)
    [土日祝]10:00 ~ 18:00(LO 17:00)

  • 定休日

    第1・第3日曜日(12/31~1/3は休業)

  • ホームページ

    http://www.yougashi-club.com/


⑥ 弁慶の勧進帳

弁慶の勧進帳

浜町緑道中腹にある弁慶像。歌舞伎発祥の地ということで、人気演目だった「弁慶の勧進帳」の像を設置したそうです。

⑦ 紙のプロダクト、PAPIER TIGRE

パピエティグル

浜町緑道を突き抜け、2つ目の交差点を左に入り進んだところにあるのが「PAPIER TIGRE(パピエ ティグル)」。店内には、色とりどりの個性的なペーパーアイテムが並びます。ボールペンやクリップボード、扇などもあり、店内を見ているだけでも楽しい気持ちになります。

パピエティグル

主に紙を用いたプロダクトやステーショナリーのデザイン、制作、販売を行うブランド。2011年に活動を始め、デスクまわり、家の中、文章をやりとりするシーンなどで活躍する、楽しいアイテムを作り販売しています。PAPIER TIGREのHPより引用

パピエティグル

お店にはティーサロンが併設されており、お煎茶や抹茶ラテ、ほうじ茶ラテなどがいただけます。日本橋浜町とその周辺で人気の和菓子もメニューにあるので、休憩におすすめです。ドリンクはテイクアウトメニューもあるので、ドリンク片手にお散歩しても楽しいですね。

  • ショップ名

    PAPIER TIGRE(パピエ ティグル)

  • 住所

    〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-10-4

  • 営業時間

    11:00 ~ 20:00(4月 ~ 9月)
    11:00 ~ 19:00(10月 ~ 3月)

  • 定休日

    月/火曜(祝日の場合は営業)

  • ホームページ

    https://papiertigre.jp/


⑧ 水天宮/宝生弁財天〔弁財天〕

水天宮

安産・子授のお宮として有名なすいてんぐうは、平日にもかかわらず、多くの妊婦さんやご家族で賑わっていました。1818年、当時の藩主が久留米城下に鎮座していた水天宮の御分霊を、藩邸内に祀ったことからはじまりました。水天宮境内にあるのが、弁財天を祀る宝生弁財天です。芸事をはじめ、学業や金運のご利益があると信仰されています。

  • 施設名

    水天宮(すいてんぐう)

  • 所在地

    〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町2-4−1

  • ホームページ

    http://www.suitengu.or.jp/

⑨ 松島神社〔大国神〕

松島神社

水天宮からほど近くのビルに佇むのが、松島まつしま神社じんじゃです。松島神社には、14の御祭神が祀られていて、そのひとつが大国おおくに主神ぬしのかみです。大国主神は、国造りの神、農業・商業の神、医療の神、人との縁を結ぶ神として信仰を集めていて、「大国」が「ダイコク」とも読めることから同じ読みの大黒天と習合し、人々から崇められています。

  • 施設名

    松島神社(まつしまじんじゃ)

  • 所在地

    〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-15-2

⑩ 重盛永信堂の人形焼き

重盛永信堂

水天宮前交差点で、ひときわ目立つお店が「重盛永信堂(しげもりえいしんどう)」。中にこしあんが入った人形焼きと、こしあんが入ったつぼ焼きをいただきました。薄く焼かれたカステラ生地の中に、餡がぎっしりつまっています。べっこう飴のような、コクのある甘みが特徴に感じました。

重盛永信堂

  • ショップ名

    重盛永信堂(しげもりえいしんどう)

  • 住所

    〒103-0013 中央区日本橋人形町2-1-1

  • 営業時間

    9:00 ~ 20:00

  • 定休日

    日曜(戌の日・大安は営業、月曜日代休)

  • ホームページ

    http://www.shigemori-eishindo.co.jp/


⑪ 茶ノ木神社〔布袋尊〕

茶ノ木神社

茶ノ木ちゃのき神社じんじゃは、倉稲魂うかのみたまの大神おおかみを御祭神として祀るとともに、日本橋七福神のひとつとして布袋尊を祀っています。倉稲魂大神は農耕・五穀豊穣の神様、布袋ほていそんは笑門来福・夫婦円満・子宝の神様として、信仰を集めているそうです。

  • 施設名

    茶ノ木神社(ちゃのきじんじゃ)

  • 所在地

    〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-12-11

SUNNY COFFEE で足休め

サニーコーヒー

人形町には、ゆったりとくつろげるカフェも点在しています。オシャレな空間で休憩できるのも、お散歩には嬉しいですね。小網神社近くにあるコーヒーショップが「SUNNY COFFEE(サニーコーヒー)」。ランチやスイーツメニューが美味しそうでした。

  • ショップ名

    SUNNY COFFEE(サニーコーヒー)

  • 住所

    〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-9-4 荻野ビル1F

  • 営業時間

    [平日]8:00 ~ 18:00
    [土]8:00 ~ 17:00

  • 定休日

    日曜・祝日

  • Facebook

    https://www.facebook.com/SUNNYCOFFEE/


⑫ 小網神社〔福禄寿〕

小網神社

日本橋七福神で最後に訪れ、賑わいを見せていたのが小網こあみ神社じんじゃです。銭洗弁天があり、お金を清めることもできました。洗ったお金は、お財布に入れておくと種銭となりお金を呼び込んでくれるそうです。

小網神社

健康長寿の福禄寿と財運向上・学芸成就の弁財天は、神社と同じ境内地に合った万福寿寺におまつりされていました。~中略~ 社殿(昭和4年建立)が戦災を免れたり、同神社の御守を受け戦地に赴いた兵士全員が無事帰還したことなどから、近年「強運厄除の神」として信仰を集めています日本橋七福会「日本橋七福神めぐり」より一部引用

⑬ オーストリア陶器、GMUNDNER KERAMIC

グムンドナーケラミック

小網神社から日本橋小学校の裏手に回ると、大きなティーカップが目を引くお店を発見しました。「GMUNDNER KERAMIC(グムンドナーケラミック)」というオーストリアから来た陶器のお店です。

グムンドナー・ケラミックはヨーロッパ・オーストリアの由緒ある陶業地グムンデンに位置するオーストリアの500年の歴史持つグムンデン焼きの中で生まれ、今ではオーストリア最大の陶器メーカーです。GMUNDNER KERAMIC のHPより

グムンドナーケラミック

“グリュンゲフラムト”という緑色が伝統ある色。柄はすべて手書きで、可愛いトナカイの柄もありました。色鮮やかで温かみのある食器が、パーティーを飾ってくれそうです。大きさや形、柄などが異なる400~500点が揃うショップ。パーティーシーズンを迎える今、頼れるお店です。

  • ショップ名

    GMUNDNER KERAMIC(グムンドナーケラミック)

  • 住所

    〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1丁目6-2 安井ビル1階

  • 営業時間

    [平日]10:00 ~ 19:00
    [土曜]10:00 ~ 18:00

  • 定休日

    日曜日/祝日

  • ホームページ

    http://www.schuco.co.jp/


⑭ 地球儀専門店、GLOBE SHOP TOKYO

地球儀専門店

グムンデンのお店からほど近く、「地球儀」という看板が目を引く専門店を発見しました。学習用からインテリア用まで、様々な地球儀が並びます。驚いたのは、タッチペンで地球儀を触れると、人口や通貨などの特徴を教えてくれる地球儀。子供だけでなく、大人も勉強になりそうな地球儀でした。

  • ショップ名

    地球儀専門店 GLOBE SHOP TOKYO

  • 住所

    〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1丁目5番1号 日本サンライズビル1階

  • 営業時間

    10:00 ~ 17:00

  • 定休日

    水曜日

  • ホームページ

    http://www.globe-shop.net/


⑮ 人形町からくり櫓

人形町からくり櫓

人形町のシンボルと言っても過言ではないのが「人形町からくり櫓(やぐら)」。水天宮側に「江戸落語からくり櫓」、人形町交差点側に「町火消しからくり櫓」があります。毎日11時~19時の1時間おきに、約2~3分のからくりを見ることができます。歴史ある人形町の街が生んだ粋な演出ですね。

⑯ ほうじ茶専門店、森乃園で甘味をいただく

甘酒横丁

軍鶏鍋で有名な「玉ひで」のある交差点から、北東に伸びる道が「甘酒横丁」です。交差点入ってすぐの位置に、大正3年創業のほうじ茶専門店「森乃園(もりのえん)」があります。1階ではほうじ茶ソフトの購入ができ、ベンチも用意されています。2階が甘味処となっており、人気商品のほうじ茶パフェやほうじ茶ぜんざいを味わうことができます。

森乃園

スタッフは満腹状態が続くものの、ほうじ茶わらびもち(お茶付き¥980)をいただくことに。ひんやりしたわらびもちにほうじ茶の甘みと苦みがほどよく感じられ、身体が休まる一品です。別注のほうじ茶ラテ(¥650)は黒蜜の甘さが効いた飲みやすいラテでした。次回はほうじ茶パフェを食べたいところです。

森乃園

  • ショップ名

    森乃園(もりのえん)

  • 住所

    〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-4-9

  • 営業時間

    ≪1階 お茶・甘味販売≫
    [平日]9:00 ~ 19:00
    [土日祝]11:00 ~ 18:00
    ≪2階 甘味処≫
    [平日]12:00 ~ 18:00(LO 17:00)
    [土日祝]11:30 ~ 18:00(LO 17:00)

  • 定休日

    なし(年末年始をのぞく)

  • ホームページ

    http://morinoen.jp/


甘酒横丁をぶらり散策

甘酒横丁

甘酒横丁には、有名な鯛焼き屋さん「柳屋」もあります。その創業は大正5年!東京の鯛焼き御三家の一つです。平日の夕方でしたが行列ができており、その人気ぶりをうかがえます。

柳屋

いい香りが漂うお店は「人形町今半」のお総菜屋さん。コロッケ、メンチカツ、アジフライだけでなく、季節限定と思わしき、肉まんや豚まんがありました。近くには魚の味噌漬け専門店もあります。時刻は15時過ぎ、そろそろ夕飯を購入して帰りましょうか。

人形町今半

こうして約4時間半!のお散歩が終了しました。すき焼き、親子丼、蕎麦など美味しそうな飲食店が並び、魅力的な食べ歩きグルメも多く、1日では人形町を食べつくせませんでした。2回以上来て、ようやく楽しみ方をマスターできそうです。

日本橋人形町

人形町は、ビジネス街に老舗や神社が存在し、ビジネスマンが昼休憩中に参拝している姿も印象的でした。歴史と現代が入り混じる街に、お散歩を通じ「共栄」という言葉が浮かびました。神社巡り、満腹旅、あなたはどんな過ごし方をしますか?充実のお散歩をお楽しみください。

この記事を書いた人

こうの ひろこ

ギフトコンシェルジュ兼webライター。看護師時代に培ったホスピタリティを活かし、贈り相手の「人となり」を想像した、プレゼントの見立てを得意とする。週に1回以上、東京での街歩きと、ギフトショップ巡りを欠かさない。

関連記事

  1. 4月のギフトイベント

  2. お盆の帰省までに探したい、心をつかむ東京の手土産

  3. 海島綿のハンカチーフ

    誕生日祝いをくれた友達に、ご縁を繋ぐハンカチのお返しを贈ってみた

  4. お宅訪問で気をつけよう!玄関の上がり方やお茶のいただき方マナー

  5. ホワイトデーで女子が喜ぶポイントとは? とっておきのお返しギフト

  6. 7月のギフトイベント

  1. 海島綿のハンカチーフ

    誕生日祝いをくれた友達に、ご縁を繋ぐハンカチのお返しを贈ってみた

    2019.09.16

  2. 料理好きの人に贈りたい!手料理がグレードアップするキッチンギフト

    2019.08.30

  3. 1000円ギフトでささやかな心配り、程よいプチプレゼントのススメ

    2019.07.21

  4. 内定をもらった弟に、ビジネススーツに映える就職祝いを贈ってみた

    2019.06.25

  5. ワークショップで作ろう!世界でひとつのオリジナル革小物

    2019.06.20

  1. 3月のギフトイベント

    2017.08.20

  2. 11月のギフトイベント

    2017.06.08

  3. 結婚式の受付でご祝儀を渡すとき、スマートなあいさつとは?

    2018.04.23

  4. お年玉って何歳まで渡す? いくらが相場? 素朴なギモンにお答え

    2018.11.23

  5. 10月のギフトイベント

    2017.06.17

大人のための景品えらび「パリスマ」
都内のショップ巡り経験をもとにプレゼント提案します ギフト専門ライターが贈る人に合わせたプレゼント選びをサポート
大人のための景品えらび「パリスマ」